DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

HOPE(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・新規配属!

HOPE(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・新規配属!

毎週日曜日夜9時よりフジテレビ系列で放送されるドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第2話が終了しました。歩の最後のプレゼンに感動しましたね〜。

ここの修羅場をくぐり抜けた歩がついに新人社員としてスタートします。それぞれの新入社員の葛藤!楽しみです。

毎週日曜日夜9時から放送の「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第3話(7月31日放送)のあらすじと感想を紹介したいと思います。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想

一ノ瀬歩(いちのせあゆむ)(演:中島裕翔)人見将吾(ひとみしょうご)(演:桐山照史)、桐明真司(きりあけしんじ)(演:瀬戸康史)、香月あかね(演;山本美月)の4人はインターン試験をとっぱし、与一物産に採用される。人見は繊維1課、桐明は鉄鋼2課、あかねは資源2課、そして歩はインターンの時同様に織田勇仁(おだいさひと)(演:遠藤憲一)と安芸公介(あきこうすけ)(演:山内圭哉)がいる営業3課に配属される。しかし、歩だけは1年契約の採用だった。

配属から、2週間後。それぞれの新入社員は苦悩の日々を送っていた。人見は自分よりも容量が良い主任鳴海亮太(なるみりょうた)(演:マギー)を攻略できず戸惑いを隠せない。桐明は上司の結城雅治(演:丸山智己)とかみ合わず、毎回書類を赤ペンでチェックされ、うんざりしていた。そして、あかねは同期の中で一番優秀であったが、ただの雑用係のような扱いに耐え続けていた。

そんな中、資源2課長の寺崎京介(てらさききょうすけ)(演:矢柴俊博)が、営業3課から引き継いだ石油会社の契約書の件で灯油の追加購入分の契約書がないことに、資源2課の主任の桧山誠(ひやままこと)(演:松田賢二)に確認するがわからないと言う。

そこで、寺崎は3課の織田課長に文句を言いに来る。安芸はその契約書はもうまとめて渡しているはずだと伝えると言う。しかし、寺崎は安芸の話を聞き入れないばかりか、織田が営業1課時代にミスを契約社員に押し付けた話を持ち出し、また、責任を押し付けるつもりか、と言い放つ。

その契約社員は辞めた後に死んでいたのだ・・・。そして寺崎は続けて「みんな思ってる。織田課長が殺したも同然だってな。」と言う。この言葉に安芸が怒り、寺崎を突き飛ばしてしまう。その行為を上層部に言うと寺崎は言って去っていた。

資源2課の桧山はあかねのことがあまり好きではないことを桐明は聞くのであった。

歩と安芸が契約書を探してる最中に織田の過去について聞く。昔、織田の部下にいた契約社員が責任をとって会社を辞めた。その指示を出したのは当時の直属の上司の高野専務である。そして、その契約社員は会社辞めた後に亡くなった。それ以降、織田と高野専務の確執は続いていたのだ。

次の日、営業部長がやってきて、織田に始末書を書くことを指示する。しかし、織田はこれを拒否する。その後、歩は資源2課に契約書がないか忍び込もうとするが失敗。その後、あかねが資料を取り出そうと、資源2課のキャビネを開けると桧山が探していた契約書があったのだ。

桐明は結城が抱えている新規事業の提案書を作成するも、余計なことをするなと言われる。桐明は「僕は事務作業しかやってない、いつになったら事務作業以外をやらせていただけるのですか。」と聞くと、結城は「勘違いするな。君はまだ事務作業すらできていない。」と言う。

そして、安芸は懲罰委員会にかけられることになったのだ。これを人見から聞いた歩はおかしいと思い、行動を起こすのだ。あかねと桐明から何かいい作はないかと聞いたが、何もいい情報を得られな方。桐明は歩があかねを利用しようとしているのでは?と思い、よく思ってなかった。あかねは何も言えずにいた・・・。

悩んでいたあかねは食品2課の白石とばったりある。白石は営業で唯一の管理職である。そんなあかねは白石に自分がどのように立ち振る舞えばいいのか聞く。それに対して、白石は「自分が正しいと思ったことはやり通した方がいいと思う」とあかねに伝えた。あかねは決心するのであった。

業務後、あかねは歩に契約書のあるキャビネットの番号と在り処を教えた。同じ時をして、織田は高野専務に安芸について、自分が始末書を書くからどうにかしてくれとお願いするのであった。それを見ていた安芸は織田に「俺もいつか、課長みたいに部下を守るような上司になります」と言う。そこで織田はカバンを取りに社内に戻るのであった。

歩は資源2課に忍び込み、あかねの言われたキャビネットを開け、ついに契約書を見つけたのだ。しかし、その場に資源2課の寺崎と冷が戻ってきて、歩は見つかるのであった。そこに織田が合流し、桧山から契約書を奪う。そして、織田は寺崎と2人で話し、寺崎が始末書を書くことで事態は収束したのであった。安芸は懲罰委員会にかけられずに済んだのだ。

しかし、次の日寺崎と桧山はこの件について、あかねがやったと推測し、あかねはさらに資源2課にいずらくなってしまったのだ。

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

ドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第3話の予想を書きます。

ついにインターンが終わり、新規配属が決定しました。インターンと違い、配属された時には一人の社員として見られてしまいます。それが新人であってもです。そのため、それぞれのプレゼンを抜けた仲間達はそれぞれの葛藤があると思います。

桐明は仕事ができるが上に、雑務ばかりではなく、早く実践的な業務に挑みたい。人見は「部下は上司のために働くのは当たり前だろ」と言われて、苛立ちを隠せない。あかねは何を聞いたらいいのかわからない状況・男女差別など、新人ではあるあるな状況の陥ってしまいます。

だからこそ同期4人で飲むシーンがありましたが、お互いに辛い時期を乗り越えて、結束が強くなっていくことが忠実に表現されていますね。

また、歩の課では安芸が懲罰委員会にかけられるかもしれないといった出来事が起きそうです。見る限りでは安芸は悪くないのに、かけられているみたいです。おそらく会社は何か起きたら、誰かが責任をとらないといけないため、それを安芸が被っているのかなと思います。あるあるですよね・・・

安芸が最後に「俺も課長みたいに部下を守れるような上司になります」といっていますので、織田が専務に頭を下げてなんとか事件を収束したのかなと思います。今の時代に部下のために本気で頭を下げれる人がいるのか?ということを考えさせられます。織田課長の元で働く社員は厳しいけどすごい優しい、頼り甲斐のある上司に学ぶことができて幸せだと思いました。

第3話では新たなキャストも登場するみたいので期待していきましょう!

 

感想

ドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第3話の感想を書きます。

今回は予想した通りの展開になりましたね。しかし、歩は高卒であるため受かるのが奇跡なため、1年契約というのもすごいですよね。確かに、大卒のトップしかこれない総合商社に高卒が入るのはほとんどないですよね。そんな歩が他の3人と比べて一番楽しそうに仕事をしてると思うと、本当に同じ目線で描かれているドラマだと思いました。ミスの押し付けはあるあるです。

しかし、安芸さんのために他の課に忍び込むのはやりすぎですが、最後にスカッとしたのはとてもいい気分でした。これの影響であかねがこれからも厳しい立場となるのは少し嫌ですが・・。

第4話は交換研修として他の課にいきますので、楽しみにしていきましょう!

第3話の視聴率は以下記事にまとめましたのでご覧ください。

ドラマ仰げば尊しとHOPEの視聴率(第3話)は双方急降下!?

関連記事

HOPE(ドラマ)第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・OJT研修

HOPE(ドラマ)で話題の「岡目八目(おかめはちもく)」とは?運命のプレゼン

HOPE(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想〜運命のプレゼン!

HOPE(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想〜中島裕翔主演!

HOPE(ドラマ)の主題歌はスピッツの「コメット」で決定!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top