DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

そして、誰もいなくなった第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想・爆破計画始動

そして、誰もいなくなった第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想・爆破計画始動

毎週日曜日夜10時30分、日本テレビ系で放送のドラマ「そして、誰もいなくなった」の第6話が終了しました。

第6話であった万紀子の部屋の変声期は第5話ん最後に指示を出した人おの声ですよね・・・。まさき、万紀子が黒幕なのでしょうか?

そして、小山内と馬場は生きているのでしょうか?衝撃の第7話です。

2016年8月28日(日)夜10時30分放送のドラマ「そして、誰もいなくなった」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

そして、誰もいなくなった第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想

藤堂新一(とうどうしんいち)(演:藤原竜也) 達はついに爆破計画を始めるのであった。

小山内保(おさないたもつ)(演:玉山鉄二)馬場(演:小市慢太郎)に襲撃されてしまい、車のトランクに閉じ込められていた。

その後、トランクに閉じ込められたまま海に落ちた小山内。しかし。奇跡的に命を取り留めたのだった。小山内が病院で目を覚ますと公安刑事の鬼塚(演:神保悟志)が、目の前にやってきた。

小山内が閉じ込められたたトランクの中に「西野弥生」と書かれた名札あったと言い、それを見せる。新一と同時期に行方不明になっている西野弥生(にしのやよい)(演:おのののか)が何か事件に巻き込まれたのではないかと小山内の中に不安がよぎる。

新一は日下(演:伊野尾慧)、砂央里(演:桜井日奈子)と、馬場の帰りを待っていた。翌日に控えた計画実行のためには、馬場がいなくてはならない。だが馬場は戻ってこなかった。新一が「ギリギリまで待とう」と言うが、砂央里には嫌な予感がしていた。

小山内は早苗(演:二階堂ふみ)に身元を引き受けてもらい退院することができた。すると万紀子(演;黒木瞳)から「ある場所に急ぎで行ってほしい」と頼まれたことを打ち明けられる。

姿を消した新一の何か手がかりになるのでは?と考えた二人は万紀子に指示された住所に向かう。インターフォンを鳴らすと「今、立て込んでいる」と女の声が。その声は二人の聞き覚えのある声だった・・。

いなくなった新一の手がかりがあるのではないかと考えた二人は、万紀子から聞いたその住所を目指す。そこには一軒のログハウスが建っており、インターフォンを鳴らすと、女性の声が。「今、立て込んでいる」と答えたその声は二人が聞き覚えのある声で・・。

一方、日下と砂央里は計画実行を前に、ビルの屋上を偵察していた。計画の失敗を恐れる砂央里は、今まで隠していた日下への想いを不意に打ち明ける。予想もしていなかった砂央里の告白に動揺する日下。そして、二人の距離が近づいていき・・。

そして結局、馬場は戻ってこなかった。新一が密かに進めていたドローンを使った計画は3人だけで遂行することになってしまった。

それぞれの担当を割り振られた屋上に、ドローンを設置していく3人。砂央里が最後のドローンを置いたそのとき、弁護士の西条(演;鶴見辰吾)が現れ、ある提案を持ちかける。それを聞いた砂央里の決断は・・?

 

【スポンサードリンク】

 

感想

ドラマ「そして、誰もいなくなった」の第7話の感想を書きます。

第7話はついにXデーである「9月1日」がやってきましたね。停電爆弾で一時的に政府のサーバーの電源を落とし、そこでパーソナルナンバーを消すという作戦でした。

しかし、当日になってもガキの使いこと馬場が帰ってきませんでしたね・・。車で海に突っ込んで遺体などが出てきた情報はありませんでした。おそらく、どこかにうまく逃げれたのかなと思います。

謎が多い新一の母親の万紀子です。小山内と早苗に来て欲しいと言った別荘には、弥生の声の機械と斎藤の冷蔵死体。ただ、冷蔵していただけではなさそうですね。この別荘で斎藤の何かしらが調べられていたのかな?と思います。

万紀子が怪しすぎです・・。

そして、砂央里と西条は相打ちという形で亡くなってしまいました。砂央里は馬場の優しさに包まれており、最後は人間らしい一面があったのかなと思います。

第7話の最後に瑛治が兄さんと言っていたので、新一と兄弟なのでしょうか?万紀子の産みの親が万紀子で新一とは義理の兄弟との可能性がありますね。最終章に来て、まだまだわからないことが多いです・・・。川野瀬もいますし・・。

第8話でドローン爆弾はどうなることでしょうか?注目していきましょう!

感想(予想)

ドラマ「そして、誰もいなくなった」の第7話の予想を書きます。

第6話の最後に爆発する計画を打ち出した新一ですが、おそらく、ドローンを使い、政府のサーバーなどの重要な機械などを壊すことが狙いなのかなと思います。サーバーを落とすことで、その後に、新一が何かしらの手を使って情報を書き換えたりするかもしれません。「ミス・イレイズ」が気になります。

そして、馬場はどうなってしまったのでしょうか?警察に追われている時に誰かと電話をしていたのですが、これは万紀子なんでしょうか?万紀子の部屋にあった変声期がなんだか、それを物語っていますよね・・・。

奇跡的に小山内と早苗が向かったログハウスにはきっと、弥生がいたのかなと思います。弥生は第5話の最後に「川野瀬猛が偽藤堂新一」であることを知っていました。それ以降消えたので、おそらくなにかあったのかな?と思います。

動画のあらすじにあった、早苗がトランクの中を開けた時におそらく入っていたのは死体だと思いますが、馬場の死体かと思いました。しかし、第5話で斎藤の死体がなくなっているので、その可能性もあります。

そして、新一の作戦はうまくいくのでしょうか?立ちはだかる西条を相手に砂央里はどうするのか・・。注目です。

関連記事

そして、誰もいなくなった第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想・緊急事態発生!

そして、誰もいなくなった第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想・復讐

そして、誰もいなくなった第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想・迷宮へ!

そして、誰もいなくなった第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・衝突!

そして、誰もいなくなった第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・複雑な思い

そして、誰もいなくなった(ドラマ)キャストと相関図を紹介!藤原竜也が活躍?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top