DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

神の舌を持つ男第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・毛増村!

神の舌を持つ男第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・毛増村!

2016年夏ドラマ注目作の「神の舌を持つ男」の第3話が終了しました。光の衣装が独特ですしたね笑

第3話の天空温泉の殺害方法がとても斬新でしたね。あと、女将と光の最後の格闘がとりあえず長〜かったですよね笑 回を増すことにクセがすごくなるほりますね。第4話ではどのようなクセの強い演技がみれるのでしょうか。
2016年7月29日(金)の夜10時よりTBSで第4放送されるあらすじと感想を書いていきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

【スポンサードリンク】

 

神の舌を持つ男第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想

天空温泉で事件を解決した3人は次なる目的地、毛増村(けましむら)に向かう。毛増村へと続く山道を走っている最中、朝永蘭丸(ともなが らんまる)(演:向井理)その道を歩く、芸者:雅(ミヤビ)を見つけるのであった。ようやく見つけて、喜ぶッランマルだったが、ミヤビは蘭丸から避けるように走り去ってしまう。

それに加えて、突然落雷が・・。またしても、見失ってしまう。

その落雷の影響により土砂崩れに巻き込まれそうになった町子(演:臼田あさ美)宮沢寛治(みやざわ かんじ)(演:佐藤二朗)が間一髪のところで助ける。命拾いしたと喜んでいるのも束の間、土砂の中に数体のの白骨死体を見つけた甕館墓光(かめかんぼ ひかる)(演:木村文乃)が気絶する。町子の案内で蘭丸と寛治は光を運びながら村へ向かうことになった。

村へ向かう途中、いろいろなところで、村人が野菜や肉を手でちぎっている姿が見えた。毛増村には、古くからの言い伝えで、この時期になると村の刃物を全て「雷神の祠」に封印し、刃物は使えなくなってしまうのであった。

町子は村長の赤池(演;きたろう)が営む「波外ノ湯」へ三人を案内する。赤池の妻で、この温泉の女将でもある栄子(演;真飛聖)は、3人を歓迎する。しかし、話題が白骨死体について話すと態度を一変させる。

そんな中、殺人事件が発生する。村の駐在警官・木村(演;野添義弘)が胸に刀を刺され死んでいるのが発見される。しかし、今、村人は刃物を禁止にしているため、刃物はないはず。なんとその胸に刺さっていたのは光の骨董品の刀であった・・。

「雷神寺」の住職・神村(演:石橋蓮司)は刀を村に持ち込んだ蘭丸達のせいで祟りがきたと言い、三人を監禁しようとする。そのあとも村では不可解な殺人事件が連続しておこり、蘭丸達はついに監禁されてしまうのであった。。。

毛増村に隠された秘密とは!?今度は光るが横溝系2サスワールドを展開する!

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

第4話の感想はサイト下部に書かれていますので、ぜひ、ご覧下さい。

ドラマ「神の舌を持つ男」の第4話の感想(予想)を書きます。

次なる舞台は毛増村ということで、髪の毛に関係しているのでしょうか?温泉に入ると全体の毛が伸びるなどとあるのかもしれません笑

また、予告動画を見る限りでは、毛増村の歴史が関係しており、蘭丸がそれを時事件を解決するはずです。今の所、一番怪しいのは、女将でもある栄子ですね。白骨死体の話をしたくないとのことなので、ここの歴史で何かあるのかもしれません。

結局、ミヤビにもまだまだ会えそうもない旅ですが、第4話も楽しんでいきましょう!

次の光の服装はスカートにカーディガンと普通にかわいい格好です笑

 

感想

ドラマ「神の舌を持つ男」の第4話の感想を書きます。

ついに雅が誰が演じているかわかりましたね!な、なんと広末涼子さんでした。ネット上では唇から広末涼子さんが演じていると予想されていましたが、唇でわかるとは強者が多いですね。しかし、ちょっと出てくるのが早かったのかな?と思います。今回のような毛増村の話では雅(みやび)は全くともって関係ないので、ちょっと制作側で変更があったのかな?と思いました。

そして、毛増村の話の2部構成のうちの1つにしかすぎませんが、少しアクションが多かったなと言う印象です。これも堤ワールドですが、もっともっと深い内容まで突っ込んで欲しいというのが個人的な感想です。

第5話では助けた町子と無事に村民から逃げることができるのでしょうか?期待していきましょう!

関連記事

神の舌を持つ男第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想・決着!毛増村

神の舌を持つ男第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・天空温泉!

神の舌を持つ男の原作は?試写会の様子を公開!

神の舌を持つ男のキャストは向井理・木村文乃で決定!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top