DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

「大貧乏」(ドラマ)3話のあらすじと感想・ゆず子が倒れて緊急事態!?

「大貧乏」(ドラマ)3話のあらすじと感想・ゆず子が倒れて緊急事態!?

“お金”と“愛”がテーマのドラマ『大貧乏』の3話

2017年冬クールで注目のドラマ『大貧乏』の2話が終了しました。

まだまだ、奥が深いDOHの不正経理問題。どんどん、問題の奥に行く中でゆず子が倒れてしまいます・・・。

2017年1月22日(日)夜9時スタートの新ドラマ「大貧乏」3話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「大貧乏」3話のあらすじ(ネタバレ)

柿原法律事務所で、七草ゆず子(演:小雪)柿原新一(演:伊藤淳史)が珍しく口論。ゆず子が1人で浅岡礼司(演:滝藤賢一)に30億円の裏金を取り返すと宣言した無謀な行動を、彼女の身を案じた柿原が諌めようとしたことから始まった。

いつの間にか、高校時代のことに話がずれる2人を加瀬春木(演:成田凌)が冷静にさばく。この日、ゆず子が来たのは、柿原を正式な代理人として契約し、DOHの不正を追及するためだった。

痕跡を残さず30億もの大金を消すためには、現金のまま国外に出す方法しか考えられない、と柿原。「30億が国外に出てしまった時点でゲームオーバーだ」タイムリミットは迫っていた。

大人たちが真剣に話し合う中、暇を持て余す、ゆず子の子供たち。翔太(演:今井暖大)実結(演:野澤しおり)がぐずりだす。

すると加瀬が、子供たちは、いつもゆず子について来るのか? と、冷たい言葉を投げる。一方、柿原は自分がどれだけ子供たちのことを想っているか、むしろ家族になりたいという想いをアピール。

だが、柿原は友人で、今は友人以上の存在を作るつもりはないと、ゆず子にハッキリ言われてしまうのだった。

柿原は加瀬とともに、天満利章(演:奥田瑛二)のもとへ。裏金の事実、そしてDOHに損害賠償請求すると告げる柿原に、天満は信頼していた浅岡の隠れた行動に耳を疑いながらも、他の社員が救われるならと真摯な態度で受け止める。

そんな折、ゆず子が倒れ緊急入院! 柿原は病院へ急ぐ。一方で心細くゆず子の帰りを待つ子供たちの前に現れたのは加瀬で…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「大貧乏」3話の感想(予想)

新ドラマ「大貧乏」の3話の予想を書きます。

ゆず子が倒れてしまいピンチに?

一家の大黒柱のゆず子が倒れてしまいました。これによって、子どもたちはピンチになってしまいます。家では子どもたちが一生懸命に家事をやりますがなかなか・・。そんな風景を見ていた春木はゆず子のことどうおもうのでしょうか。

これに対して、柿原はどのように対応するのでしょうか?会社のことだけでなく、ゆず子に近づくチャンスですね。引き続き、会社の不正経理をあばけるのでしょうか?

ドラマ「大貧乏」1話と2話のあらすじと感想

ドラマ『大貧乏』の1話と2話のあらすじを公開します。

「大貧乏」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・貯金残高312円の女の物語

「大貧乏」(ドラマ)2話のあらすじと感想・黒幕は滝藤演じる浅岡??

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top