DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

仰げば尊し(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・始動!

仰げば尊し(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・始動!

毎週日曜日夜9時放送のドラマ「仰げば尊し」の第2話が終了しました。

ついに樋熊の思いが安保に届きましたね。最近はなかった学園モノが仰げば尊しを見て、久々に感動している方は多かったのではないでしょうか?不良グループが徐々に吹奏楽部にはいってきましたね!ここから青島、木藤と続くのでしょうか、第3話観ていきましょう

2016年7月31日(日)の夜9時よりTBS系で放送される注目のドラマ「仰げば尊し」第3話あらすじと感想を書いていきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

【スポンサードリンク】

 

仰げば尊し(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想

青島裕人(あおしまひろと)(演:村上虹郎)と木藤良蓮(きとられん)(演:真剣佑)、安保圭太(あぼけいた)(演:北村匠海)、高杢金也(たかもくきんや)(演:太賀)、桑田勇治(くわたゆうじ)(演:佐野岳)5人グループのバンドを壊した上級生の陣内剛史(演:高畑裕太)達との抗争は激しさを増し、高杢と桑田が陣内達に拉致されてしまった。

安保が吹奏楽部に入ったことに5人のグループはバラバラに分裂してしまった形であったが、陣内より呼び出された青島と木藤は高杢と桑田を助けに向かったのだ。その後ろを見回りをしていた吹奏楽ぬ顧問の樋熊迎一(ひくまこういち)(演:寺尾聰)が割って入ったものの事態は警察沙汰になってしまった。

「仲間を助けようとした気持ちに希望を持ってほしい」と樋熊に対して、教頭の鮫島(演:升毅)は青島と木藤を退学にしようと校長の小田桐に進言するが、小田桐はこの件については「教育委員会へ報告しなければならないから私が預かる」といって事態を一旦収束させた。

そんな中、“音楽の甲子園”と呼ばれる全国大会を目指す美崎高校は課題曲は「エル・カミニート・デル・レイ(王の道)」に決まった。そして、吹奏学部員たちは、樋熊の提案により、各楽器のパートリーダーをオーディションで決めることになった。

パートリーダーになって青島たちに認めてもらおうと安保、高杢、桑田は練習に励む。時には副部長の井川宏達(演:健太郎)と衝突することもあったが、3人は励んでいた。

そんなある日、樋熊は新井(演:尾美としのり)と、木藤良が話しているのをたまたま聞いていた。なんと木藤は年内にアメリカに音楽留学をするつもりだったのだ。しかし、木藤は「あなたがうちの学校に来なければ行くつもりでした」と樋熊に言う。しかし、樋熊は

「人のせいにするな。お前、自分が一番やりたいことがわからなくなってるんじゃないのか。だとしたら、お前たちは前から壊れてたんだ」

と言う。そして、桑田達が青島と木藤が吹奏楽部に入れるように一生懸命練習していることを伝える。

その日の夜、樋熊と渚と樋熊奈津紀(ひぐまなつき)(演:多部未華子)が3人でお店でご飯食べようと思ったところ、そこには青島がいて、4人で食べることになっった。樋熊は奈津紀に教育実習で美咲高校にくるように頼むがヤンキーが嫌いと言う。その時、初めて登校した時に青島という生徒に殴られた話をする。青島がいるのにも関わらず。

そして、話が青島達がバンドの話になった時に、青島が口を開く。解散した理由は乱闘事件を起こし、青島が怪我をしたからだと。それに対して、奈津紀は「他の楽器をやればよかったじゃん。つまり挫折したってことでしょ」とそこにいるの青島本人とは知らず言ってしまう。そして、青島は立ち去ってしまったのだ・・・。

青島達はもう一度バンドをやろうとしたが、青島が思うようにギターを弾けず、ステージを降りてしまった話を渚はしたのだ。

青島は昔、みんなで練習をした倉庫に行くと、そこには安保、桑田、高杢が吹奏楽部の練習をしていたのだ。最後のライブのチラシを見ていた3人はまた、5人でできる!という決意のもと練習をしていたのだ。

次の日、木藤は安保、桑田、高杢3人がパートリーダになるなら協力するといった。それと同時に青島と木藤の処分が決まり、退学は避けられたのだ。樋熊は直接伝えるために、倉庫に向かった。

先に。木藤、安保、桑田、高杢の4人が倉庫に行くと、めちゃくちゃにされていた。青島がそこに駆けつけ、樋熊と、渚も駆けつけた。先輩の陣内による嫌がらせであったのだ。切れた青島だったが樋熊、安保、桑田、高杢がなんとか止めた。そして、青島は

「俺たちの大事な場所なんだよ。俺たちが作ってきたもんが全部詰まってんだよ!」

と言った。しかし、木藤が倉庫のものを壊し初めて、

「こんなものが残ってるから、裕人は前を向けないんだよ。あの頃の裕人に頼ってたから、裕人は変われないんだよ。僕らは、とっくのまに壊れてたんだよ。」

と言うのであった。そして、みんな裕人になんも言えなくなったと続けると、青島は「俺のせいだよ」と言う。それに対して樋熊は

「青島、お前も頼ればいいんじゃないか。こんなに自分のことを想ってくれる仲間はそう、できるもんじゃない。頼ればいいんだよ。それが仲間だよ。」

そして、後1年でバラバラになるからこそ、お前らをつなぐ音楽があるじゃないかと言って、樋熊は立ち去った。

次の日、青島は陣内のもとへ向かった。そして、これ以上関わるのを辞めてくれと土下座をする。他の4人はやりたいことを見つけたから関わらないでくれと。そして、「気が済むまで、俺を殴っていいんで」と言う。

この言葉に対して、陣内は樋熊と同じことを言われたと言う。じつは樋熊は昨日の夜に陣内に1人で会いにいき、青島と同じように関わらないでくれとお願いしていたのだ・・。

これを聞いた青島は笑うことしかできなかった。それを見た陣内は手を引いたのであった・・。

その頃、吹奏楽部のパートリーダーのオーディションをやっていた。奈津紀と校長先生はその様子を眺めていた。最終的なパートリーダの発表が始まった。安保、桑田、高杢3人はパートリーダーに選ばれなかった。落胆していると、青島と木藤が音楽室に入ってきた。青島が言う。

「勝手に陣内のところいって、怪我すんなよ樋熊。」

「俺たちのために、殴られてもいいなんていうんじゃねぇ!」

「俺たちが見せてやるよ。ステージに上がる夢!俺たちが見せてやるよ!」

こうして、青島が入部した。そして、木藤もアメリカ留学を辞めて、入部した。そして、2人は樋熊と握手する。青島はトランペット、木藤はサックスを選ぶのであった。

この姿を見ていた奈津紀は教育実習を美咲高校に決めるのであった。・・・。

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

第3話の感想はサイト下部に書かれていますので、ぜひ、ご覧下さい。

ついに吹奏楽部として、不良グループが部員として動き始めましたね。今回は安保、高杢、桑田の3人が入部しましたが、次は青島と木藤ですね。青島はとても仲間思いな良い人なんだなと第3話のあらすじからもわかります。

おそらく、青島と木藤の停学処分についてはきっと樋熊先生の熱いガッツでなんとかしてくれると思います。

そして、予想ですが最後の新井の情報は木藤はサックスで相当な腕前があるということではないのでしょうか?昔、有名だったりとか?悪い情報ではなく良い情報なのかと思います。そして、一番の驚きでもある青島は昔トランペットをやったことがあるということだったので、第4話くらいに入ってもこの2人は相当な腕前なのではないでしょうか?

第3話もこんな熱い先生がいたら嬉しいと思う樋熊先生に活躍してもらいたいです!

感想

ドラマ「仰げば尊し」第3話の感想を書きます。

ついに、青島と木藤が吹奏楽部の一員になりました。やっと先輩の陣内から美咲高校は解放されましたよね。きっと青島は自分が陣内に「自分のことを殴れ」と言ったことと同様に樋熊が同じことを言ったのを知っておそらく、自分もこの人と同じことを考えていると共感ができたのかな?と思います。

喧嘩編が終わり一見落着でした。

しかし、やはり木藤はアメリカに音楽留学を考えるくらいの腕前があり、ずっと練習をしてました。本当はアメリカ行くつもりでしたが、青島が気になって結局行けなかったんですね。最終的には樋熊に木藤も惹かれたんだと思いました。

第4話からはついに吹奏楽部編が始まりますので、後半はひたすら吹奏楽部の話になりますが、どのような物語の展開になるかとても楽しみです!

第3話の視聴率・ロケ地は以下記事にまとめましたのでご覧ください。

ドラマ仰げば尊しとHOPEの視聴率(第3話)は双方急降下!?

仰げば尊し(ドラマ)の第3話のロケ地も横須賀がメイン?

 

関連記事

仰げば尊し(ドラマ)第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・いざ合宿!

仰げば尊し(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想!・VS卒業生

仰げば尊し(ドラマ)の実話は中澤先生と野庭高校をモデルにした奇跡の物語

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top