DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

仰げば尊し(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想!・VS卒業生

仰げば尊し(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想!・VS卒業生

毎週日曜日夜9時放送のドラマ「仰げば尊し」の第1話が終了しました。

いや〜まるでドラマの「ROOKIES」みたいな感じでしたね!しかし、寺尾聰さん演じる教師:樋熊が熱いですよね!あんな熱い先生いたら感動しますよね。次回はもともと青島が手を怪我させられた先輩との接触がありますね。

また、喧嘩のシーンが多いと思いですが、早く吹奏楽に集中してもらいたいです笑

2016年7月24日(日)の夜9時よりTBS系で放送される注目のドラマ「仰げば尊し」第2話あらすじと感想を書いていきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

【スポンサードリンク】

 

仰げば尊し(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

美咲高校吹奏楽部は青島裕人(あおしまひろと)(演:村上虹郎)と木藤良蓮(きとられん)(演:真剣佑)、安保圭太(あんぽけんた)(演:北村匠海)、高杢金也(たかもくきんや)(演:太賀)、桑田勇治(くわたゆうじ)(演:佐野岳)の嫌がらせにより、発表会に出場できなかった。

せっかくの発表会の場に出れず気まずそうな生徒達を前に「初舞台をどうするかと考えないと」という顧問の樋熊迎一(ひくまこういち)(演:寺尾聰)。そこへ副部長の井川宏達(演:健太郎)吹奏楽部の甲子園と呼ばれている”全国吹奏楽部コンクール”を目指そうと提案。

その言葉を聞いた樋熊は「大きな目標を持てば今をくいのないものにできるはず」と言う。部長の有馬渚(ありまなぎさ)(石井杏奈)は「やります!」と強く返事した。

また、青島達不良グループ5人が音楽室で暴れたことを問題視した教師の新井(演:尾美としのり)と教頭の鮫島(演:升毅)は、退学を検討しようとしていた。しかし、樋熊が仲に入る。今度問題が起きたら退学にすると騒ぐが、樋熊は責任を持って吹奏楽部で面倒を見ると言い切る。樋熊は”全国吹奏楽部コンクール”の規定人数に足りないため、全校生徒から募集を行うのであった。

その頃、かつて青島達5人のライブをめちゃくちゃにし、青島の手に深い傷を負わせた卒業生である陣内剛史(演:高畑裕太)と、横須賀の街角で偶然にも再開する5人。陣内の挑発に一触即発であったが、陣内が仕事中であったため、その場は収まった。

しかし、その翌日、陣内は仲間を呼び、美咲高校に何人か不良グループを送ってきた。陣内が「青島でてこい!」と呼び出す。青島ら5人は陣内の誘いにのり、校舎からでてきた。そこに樋熊が仲裁に入る。陣内が吹奏楽をバカにしたところ、樋熊が「吹奏楽を、私の生徒をバカにするな!」と言う。しかし、陣内に殴られる。

青島が外に行こうとするが、樋熊が再び止める。再び陣内のパンチが樋熊にはいる。樋熊が「陣内君、頼むよ」と言って、もう一度殴られる。陣内が鉄パイプで樋熊を殴ろうとしたところ、他の先生の助けもあり、なんとか樋熊は命は助かった。例も言わず帰る5人であったが、安保は樋熊の行動に心を惹かれていた。

保健室で治療をしている樋熊に不良生徒を切り捨てるべきだという教頭の鮫島。そのために、鮫島は夜に徘徊をして、自校の生徒がいないか見回りをしているとつげられ、樋熊も参加することにする。

安保、高杢、桑田はゲームセンターにいたところ、タバコを吸っているところを警察に見つかる。警察に追いかけられる3人。そんな中夜の見回りをしていた樋熊がそれを見つける。3方向に分かれた3人であったが、安保が警察に捕まる。そこにおいついた樋熊が安保に向かって「私の息子です」と安保を息子扱いし、その場を去ろうとするが警察に止められる。安保を不良扱いされた樋熊は怒り、警察官の胸ぐらを掴み派出所に連行されるのであった。

樋熊の娘である、樋熊奈津紀(ひぐまなつき)(演:多部未華子)に派出所に迎えにきてもらい、一時的に収まったのだ。安保は徐々に樋熊に心を開き、トロンボーンをやりたいと興味をしめし、昔のバンド時代を思い出す。

1年生でバンドを作った時、安保はキーボードを担当していたが、他の4人に比べ下手なため、足を引っ張るから辞めるわと言った。それに対して青島が「諦めんなよ。できるまで、やるぞ。この5人じゃなきゃバンドやらねーぞ」と言われたのであった。

 

次の日、徐々に吹奏楽部員が集まってきた。吹奏楽部の副部長の井川は青島達を誘わなくていいのでは?というが、樋熊は揺るがない。安保は青島達にまた、5人で音楽をやりたいと言うが、青島達は乗り気ではなく、徐々に安保は離れる。

樋熊は教頭の鮫島に呼び出され、昨日の警察に一緒に補導された生徒は誰かと問うが、樋熊は答えない。そこに安保を除く不良グループ4人が外からその様子を覗いていた。樋熊は鮫島に言う。

樋熊「1人の生徒が閉じこもっているところから、今、扉を開こうとしているんです。チャンスをあげてもいいじゃないですか。」

これを聞き、青島らは昨日安保が樋熊と一緒に補導されていたことを初めて知る。樋熊は外にいた木藤に

樋熊「木藤、お前達が作った音楽を聴かせてくれないか?」

木藤「わかってないね。僕らの作ってきたものをあなたはぶち壊そうとしてるんだよ」

と言い返されてしまう。その頃安保は樋熊の言葉に響き、トロンボーンをやることを決めたのだ。

 

次の日、屋上で高杢、桑田に安保は5人で音楽をやりたいことを伝えるが、桑田に俺らバラバラになるぞと言われて少し動揺する。勝手にやれよ、という桑田。高杢、桑田に対して、本当にやりたいことを仲間に言えないのは本当の優しさじゃないだろと言う。

そこに青島と木藤が現れる。安保は青島に「みんなで吹奏楽やってみないか?」と誘う。青島は「俺はやんねえよ」と言う。安保は「もう一度、みんなで音楽をやりたい」と言い、青島に言われた「諦めんなよ。できるまで、やるぞ。この5人じゃなきゃバンドやらねーぞ」がすごく嬉しくて、つまんない学校が楽しく感じたと言った。その言葉に高杢、桑田も共感する。

青島は安保を殴る。安保は「自分に嘘をつきたくないんだ。俺は青島とまた一緒に音楽をやりたい」と言う。青島は樋熊の「チャンスをあげてもいいじゃないですか」という言葉を脳裏に宿り、安保をもう一発殴る。それに、桑田と高杢も止めに入った。青島は3人に言う。

「オメェラ、俺がいないと楽器1つできないのか。へなちょこかよ。」

これに桑田が青島を怒り殴る。青島が、桑田と止めに入った高杢を殴る。そこへ樋熊が現れる。青島は樋熊の胸ぐらを掴み、突き飛ばす。

そして、青島は「解散だ。俺たちは解散だよ。」と言い、屋上から出て行く。青島を止めに行く樋熊を木藤が「言った通りになったでしょ。あなたが全部壊すって。」と言い。木藤は青島を追いかけて行くのだった。

そして、青島と心でぶつかった安保と桑田、高杢は吹奏楽部入部を決めた。

その頃、青島と木藤は海にいた。木藤に青島は、まだトランペット吹いてるなら、吹奏楽部に入ればいいじゃんと言うが、木藤はまだ自分は殴られてないと言う。木藤は青島が3人を殴ったのはあそこまでしないと3人が吹奏楽部に入らないかと知っていたからだと言う。

高杢と桑田は帰り道に陣内ら不良グループに囲まれて拉致されてしまう。そして、青島と木藤が新世界で麻雀をしていると、陣内から電話があった。拉致されたことを知った青島はすぐに向かう。それを見つけた樋熊は追うのであった・・・。

 

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

※感想は下記にありますので、よろしければご覧ください

次回はついに青島裕人ら不良グループを怪我をさせた先輩の不良との対決になりますね。この流れは恐らく樋熊も他の不良に殴られてしまうのではないかと思います・・・。樋熊演じる寺尾さんはあまり若くないため、正直大丈夫かな?と感じます。

予想にはなりますが、次回の一件の後に徐々に不良生徒が樋熊に対して心を開いていくのかと思います。

青島裕人って誰?と思った方も多いと思いますので、以下の記事を参照ください。

仰げば尊し(ドラマ)不良の青島裕人役の村上虹郎って誰!?

 

感想

ドラマ「仰げば尊し」の第2話の感想を書きます。

今回の話はとても見応えのある回でした。ついに不良グループの1人の安保の心が樋熊によって動きました。樋熊が生徒のために警察まで一緒に補導されるなんてやりすぎなくらいハートが熱い先生だと思いました。おそらく視聴者の方もここまでされたらと感動した方も多いかと思います。

また、5人組が最後に屋上で殴りあうシーンも青春でした。今までは青島に気を使って言えなかったことを本気で言い、拳で殴り合いました。これにより、5人はバラバラになりましたが、初めてぶつかりあったのでこれからまた、もっと強くなると思いました。視聴者の方も久々の学園モノにすごい感動をしているのでは?と思います。

陣内がまた、出てきますが、きっと解決できると信じたいです!早く第3話を見たくなった筆者でした。

第2話のロケ地は以下記事にまとめました。

仰げば尊し(ドラマ)の第2話の海のロケ地は横須賀がメイン?

関連記事

仰げば尊し(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・始動!

仰げば尊し(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想!舞台は横浜!

仰げば尊し(ドラマ)のキャストや楽器紹介!本当に演奏するの?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top