DramaWaves

DramaWaves

嘘の戦争

嘘の戦争(ドラマ)9話のあらすじと感想・恩人の三瓶を罠にはめる

嘘の戦争(ドラマ)9話のあらすじと感想・恩人の三瓶を罠にはめる

2017年冬ドラマ「嘘の戦争」9話のあらすじを一挙公開

草彅剛さん主演のドラマ『嘘の戦争』8話が終了しました。

六車を罠にかけることを成功しましたが、そのままになってしまいましたね。9話ではまさかの展開に、恩人でもある三瓶のことを許すかと思いきやハメることにしました。どのようにしてハメるのでしょうか。

2017年3月7日(火)夜9時スタートのドラマ「嘘の戦争」9話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」9話のあらすじ(ネタバレ)

30年前の一家殺害事件に関わる人物を次々とワナにはめ、ついに最大の標的である興三(演:市村正親)に復讐するチャンスをつかんだ浩一(演:草彅剛)だったが、30年前に生き残った“千葉陽一”と同一人物だとバレてしまう。

浩一は事件の証拠となる録音テープをネットでばらまき、ニシナコーポレーションの粉飾決算をバラすと脅し、会長に謝罪を要求。

その一方で興三の手下である六車(演:神保悟志)と激しい攻防戦を繰り広げる。そんななか、浩一は亡き父が一家殺害の元凶となったOL殺害事件の証拠を守(演:大杉漣)に託していたことを知り、がくぜん。

守にも復讐しようと、離婚して以来疎遠になっている娘・七沢由美子(演:国仲涼子)に接触をはかる。恩人にも決して容赦はしない――復讐の鬼と化した浩一を心配するハルカ(演:水原希子)は・・?

一方、浩一の策略で30年前の事件が晃(演:安田顕)楓(演:山本美月)の知るところとなり、さらに会社の粉飾決算の事実も浩一に知られてしまった二科家は、窮地に陥る。

そして家族と会社を守りたい一心の隆(演:藤木直人)は、晃のミスに見せかけ,浩一が2000万円を強奪した詐欺の証拠を握り、警察に突き出そうとする。

さらには百田(演:マギー)に接触し、浩一に反撃しようと動き出す―。

正体がバレ、恩師への復讐も果たそうとする浩一は、この最大のピンチをどう切り抜けるのか!?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」9話の感想(予想)

新ドラマ「嘘の戦争」の9話の予想を書きます。

恩人・三瓶をハメる

ついに父親が託した証拠をもっていた三瓶にたどり着き、復讐をすることを決めましたね。しかし、幼少期を一生懸命面倒をみてくれた父親のような存在である三瓶に対しても復讐をするのは本気で恨んでいるということになりますね。

このままでは復讐の鬼となってしまい、ただの復讐しかしない鬼になってしまいました。このまま結末はどうなってしまうのでしょうか。

百田が二科家側につき、激戦に

そんな中、Barのマスターでもあり、浩一の詐欺師の師匠でもある百田が晃側につきましたね。恐らくこれは取引をするためですね。

百田は浩一は既に復讐にしか脳がないため、今持っている交渉材料で、二科家からお金を貰いこのまま浩一に罠をかけるのかもしれません。師弟対決も楽しみにしていきましょう。

ドラマ「嘘の戦争」過去のあらすじ

嘘の戦争(ドラマ)5話のあらすじと感想・次なる的は九島、そして興三に近づく

嘘の戦争(ドラマ)6話のあらすじと感想・ついに二科興三と直接対決!

嘘の戦争(ドラマ)7話のあらすじと感想・最後の標的晃を狙い撃つ

嘘の戦争(ドラマ)8話のあらすじと感想・実行犯六車を破滅へ追い込む

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top