DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

嘘の戦争(ドラマ)6話のあらすじと感想・ついに二科興三と直接対決!

嘘の戦争(ドラマ)6話のあらすじと感想・ついに二科興三と直接対決!

2017年冬ドラマ「嘘の戦争」6話のあらすじを一挙公開

草彅剛さん主演のドラマ『嘘の戦争』5話が終了しました。

銀行員である九島をついに追い詰めて、最終的な黒幕が二科家であることに気が付きましたね。これからは隆への復讐

2017年2月14日(火)夜9時スタートの新ドラマ「嘘の戦争」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」6話のあらすじ(ネタバレ)

9歳の時、一家心中に見せかけて家族を殺された浩一(演:草彅剛)は、やがて天才詐欺師となり、30年の時を経て当時の事件関係者に次々と復讐を果たしてきた。

最大の敵・興三(演:市村正親)に復讐を果たすため、浩一は結婚詐欺師のように正体を隠し、長女・楓(演:山本美月)とウソの交際。近々家族にあいさつをしたいからと楓をさとし、浩一はついに興三と直接会うチャンスを得る。

二科家に招かれた浩一は、さっそく興三と隆(演:藤木直人)から過去について詮索される。緊張感あふれる昼食会が開かれるが、話は意外な方向に進んでいき…。

その頃、ハルカ(演:水原希子)は何者かに尾行される気配を感じ、二科家が本格的に動き出したことに焦りを覚える。

一方、隆は何者かが30年前の事件の復讐に動いていると推測し、事件の生き残りである“千葉陽一”を疑っていた。

楓と交際して急速に二科家に近づいてきた浩一に対しても警戒を強め、隆は再び児童養護施設の守(大杉漣)を訪ねる。「千葉陽一さんについて確認したいことがある」――隆の再三の申し出に守は…?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」6話の感想(予想)

新ドラマ「嘘の戦争」の6話の予想を書きます。

ついに二科興三と直接対決!

晃が浩一の過去をついに知ってしまいましたね…。今度は晃を追い込むことになりましたね。6話では浩一がついに隆の包囲網を突破し、最後の仇である興三に会いますね。

どのように追い込むのでしょうか。興三を倒したところでまだ、晃がいますからね・・・。まだまだ話が続きますね。

ドラマ『嘘の戦争』のキャスト

嘘の戦争(新ドラマ)のキャスト、相関図を紹介。天才詐欺師を演じるは草なぎ剛

ドラマ「嘘の戦争」過去のあらすじ

嘘の戦争(ドラマ)3話のあらすじと感想・次なる復讐は三輪刑事(六平直政)

嘘の戦争(ドラマ)4話のあらすじと感想・次なる敵は代議士の四条!

嘘の戦争(ドラマ)5話のあらすじと感想・次なる的は九島、そして興三に近づく

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top