DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

新ドラマ「嘘の戦争」1話のあらすじと感想・浩一による復讐の始まり

新ドラマ「嘘の戦争」1話のあらすじと感想・浩一による復讐の始まり

2017年冬ドラマ「嘘の戦争」1話

2016年冬の新ドラマで注目されている「嘘の戦争」。

2015年放送されたドラマ「銭の戦争」と、同様に復讐系のドラマということもあり、頭をたくさん使う場面が多いのかなと思います。

今回も主は草なぎ剛さん演じるため、どのようにして因縁の相手を追い詰めていくのかというのに注目が集まっています。キレキレの詐欺師・浩一に目が離せません!

2017年1月10日(火)夜9時スタートの新ドラマ「嘘の戦争」1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。初回2時間スペシャル

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」1話のあらすじ(ネタバレ)

犯人の顔を見てしまった9歳の主人公である浩一(演:草なぎ剛)は、警察に「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえることはなかった。

それどころか“うそつき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られることに・・・。

やがて浩一は呼び名の通り、巧みなうそつきに成長。タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて、たぐいまれなる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“傷のある男”と再会。

30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり、復讐することを誓い、ついに日本へリターンする。そうして事件当夜について調べていると、事件関係者たちが次々に浮上していく。

30年の時を経て、その事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、その事件関係者たちに巧妙な罠を仕掛けていく。

さらに浩一は、事件関係者たちのスキャンダルや犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする、しかしそれを阻もうとする大企業の会長・二科興三(演:市村正親)や次男である隆(演:藤木直人)、長男である晃(演:安田顕)との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく・・・。

こうして浩一の壮絶な復讐劇が始まっていくが、最終的に浩一は復讐を果たすことができるのか――!?

その一方で、相棒的な女性詐欺師であるハルカ(演:水原希子)、さらに、二科家の長女の女医である楓(演:山本美月)が登場。浩一をめぐる三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こるのであった・・。

鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で魅了する痛快エンターテインメント。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「嘘の戦争」1話の感想

新ドラマ「嘘の戦争」の1話の感想を書きます。

緻密な計画と巧妙な手口による詐欺が始まり

まず、最初に見た感想としてはとてもおもしろかったです。あらゆる手を使いあっという間にニシナコーポレーションの会長興三が30年前の主犯格とつかみました。ドラマと言えばドラマですが浩一の頭の回転の速さは驚きを隠せませんでした。

今回は30年前の事件の復讐するためにタイから日本に帰国した浩一は当時犯人グループの一人だった、五十嵐を追い込みました。そこから五十嵐を破滅への道をして終わりかと思ったら、最後に使ったのが頭が良いと思います。

1話の最後になんとかして、ニシナコーポレーションの会長の興三と会えた浩一。しかし、興三をナイフで刺そうとした五十嵐に刺されてしまいます。実はこれは浩一の罠でハルカを使ったものですね。ここで信頼を獲得しようと思った策だったのです。あらゆる手を使ったな・・という感想です。

隆の疑いは今後も続き、天敵となる。

さて、1話でも何度も浩一を疑い、化けの皮を剥がそうと試みた隆ですが、おそらく今後もこのような攻防になっていくのかなと思います。ハーバード大学の在籍確認や、ニューヨーク支社に電話などそんなに疑うんだとくらいやりましたね。

おそらく、1話でも兄と妹に「なんでこんなふうになってしまったんだ」と言われた隆ですが、隆にも過去になにかあったのかなと思います。社長になるということはそれだけの重い何かを感じました。ここも注目していきたいポイントですね

浩一と楓の関係はどうなる?

1話でも浩一の作戦通り、楓とも親しくなりました。そして、楓はどんどん浩一に吸い込まれるように惹かれていきます。

おそらく、ここで楓は浩一のことを好きになるのですが、浩一はどうなのでしょうか?息を吐くように嘘をついていくのでしょうか注目したいところですね。

以上が1話の感想です。2話の予想はあらすじと一緒に以下記事に書きましたので、ぜひ、観てくださいね!

嘘の戦争(ドラマ)2話のあらすじと感想・次なる相手は弁護士の六反田

ドラマ「嘘の戦争」1話の感想(予想)

出典:http://www.ktv.jp/uso/

新ドラマ「嘘の戦争」の1話の予想を書きます。

主人公は天才詐欺師である浩一(こういち)。30年前の復讐劇が今始まる。

1話のあらすじをみただけでも、これから始まる「嘘の戦争」が面白くなることが期待できますね。

今回の主人公である浩一は30年前の事件を追うということで年齢が39歳と草なぎさんの、年齢に上手に合っていますね。30年前に犯人の顔を見たということで今回の敵は明らかに大企業の会長である市村正親さん演じる二科興三。

その息子である隆や晃とも対決する形になりますが、この2人はおそらく、浩一と同年代。当時の浩一の父親を殺害するには明らかに若すぎます。そのため、浩一は興三をハメるためにタイから返ってくることになりそうですね。

女詐欺師ハルカ(演:水原希子)と二科家の長女の楓(演:山本美月)にも注目

今回、詐欺師である浩一の相棒としてハルカと、敵である二科家の長女である楓が浩一のことを好きになるという、新たな物語があります。

ハルカは同じ詐欺師として、浩一のことが好きになるのはわかりますが・・。楓はもしかしたら浩一の敵であるのにもかかわらず、好きになってしまうというのがポイントですね。

もしかしたら、浩一はこの好きという気持ちを利用して、二科家に攻めるということも充分に考えられます。詐欺師なら充分にアリえますね・・・。

ハルカと楓の恋の勝負も注目していきましょう。

新ドラマ「嘘の戦争」1話をお見逃しなく!

豪華キャスト陣を紹介

今回のドラマには草なぎ剛さんを初めとした豪華キャスト陣が登場します。合わせて以下記事も参照してくださいね。

嘘の戦争(新ドラマ)のキャスト、相関図を紹介。天才詐欺師を演じるは草なぎ剛

 

 

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top