DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

「奪い愛、冬」(ドラマ)6話のあらすじと感想・ついに2人は駆け落ち…。

「奪い愛、冬」(ドラマ)6話のあらすじと感想・ついに2人は駆け落ち…。

豪華キャスト陣によるどろどろ金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』6話

いろいろな思いが重なったドラマ『奪い愛、冬』の5話が終了しました。

ついに光と信が駆け落ちしてしまいましたね。しかし、信は病気です・・・。このまま2人はどうなってしまうのでしょうか。

2017年2月24日(金)夜11時15分スタートの新ドラマ「奪い愛、冬」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」6話のあらすじ(ネタバレ)

光(演:倉科カナ)はすべてを振り切り、元カレ・信(演:大谷亮平)のもとへ。愛を確かめ合った2人は「ずっと一緒にいよう」と誓う。

一方、結婚目前で愛する光を奪われた康太(演:三浦翔平)は自暴自棄に…。信の妻・蘭(水野美紀)もまた、夫への未練と光への恨みで、ますます取り乱していく。

そんな中、蘭は康太に接触。ところが何を思ったか、康太が不意を突く行動に…! 蘭に何やら重大な秘密があると感づいた康太は、その秘密を暴こうと暗躍し始める。

その頃、信は医師から、自分の命が残りわずかだと宣告されてしまう。今度こそ光を幸せにしようとした矢先の、残酷すぎる運命…。

考え抜いた挙句、“ある決心”をした信は、何も知らない光をかつて初デートで訪れたスケート場へ誘う。だが、そこで光も信も予想だにしなかった出来事が起こり…!

一方、信の子どもが欲しい一心で体外受精をしていた蘭は病院へ。医師の話を聞いた直後、真意の計り知れない不気味な笑みを浮かべ…!? それぞれの愛を、それぞれのやり方で貫こうとする光と信、康太と蘭。そんな中、信が突如、姿を消してしまう――。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」6話の感想(予想)

新ドラマ「奪い愛、冬」の6話の予想を書きます。

最後の戦いが始まる

信は病院で検査を受けたところ、末期の膵臓がんであることが第7話で判明します。これによって、光も長くいられないことがわかってしまいます。このままバットエンドを迎えるでしょうか?

康太は蘭について調べ初めましたね。あのお金のやりとりなどはなんでしょうか?階段から押した時に、足はついていたので、実は歩けるのかもしれませんね。真相に迫ります。

 

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。大谷亮平が森山信を演じる。韓国で人気の秘密も公開

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。倉科カナが康太の妻の池内光を演じる。

『奪い愛、冬』豪華キャスト陣一挙公開

今回登場するキャスト陣は金曜ナイトドラマとは思えない方ばかりです。ぜひ、以下記事を参照してみてくださいね。

「奪い愛、冬」(新ドラマ)のキャスト、相関図を大公開。ドロドロの恋物語がここに

『奪い愛、冬』過去のあらすじを公開

「奪い愛、冬」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・ドロドロ恋愛ドラマがここに

「奪い愛、冬」(ドラマ)2話のあらすじと感想・光と信が2人でホテルに・・・。

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top