DramaWaves

DramaWaves

奪い愛、冬

「奪い愛、冬」(ドラマ)4話のあらすじと感想・信と蘭、光と康太のWデート旅行

「奪い愛、冬」(ドラマ)4話のあらすじと感想・信と蘭、光と康太のWデート旅行

豪華キャスト陣によるどろどろ金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』4話

いろいろな思いが重なったドラマ『奪い愛、冬』の3話が終了しました。

3話の最後についに信と光が禁断の愛に足を踏み入れてしまいましたね。これにより、一層蘭の監視が強くなり、康太は自分を見失ってしまいます。

このまま誰も幸せにならないまま、物語は進んでいくのでしょうか。4話はどうなるのでしょうか?

2017年2月10日(金)夜11時15分スタートの新ドラマ「奪い愛、冬」4話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」4話のあらすじ(ネタバレ)

元彼である信(演:大谷亮平)とキスしたところを、その妻である蘭(演:水野美紀)に見られてしまった光(演:倉科カナ)。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。

そんな折、光の婚約者である康太(演:三浦翔平)を狙う同僚の秀子(演:秋元才加)が、蘭と接触。女同士が結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。

一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母の美佐(演:榊原郁恵)は、態度を軟化。

光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る!

そんな中、光と康太は“ある目的”を果たすため、信と蘭の家を訪問。そんな2人を、蘭は何を考えているのか、冬の海へと旅行に誘う。今彼と元彼、その妻との4人旅行…。

その先に待つのは地獄か、天国か…!? 絡み、もつれ、奪い合う! 一寸先は闇の四つ巴旅行が始まる・・。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」4話の感想(予想)

新ドラマ「奪い愛、冬」の4話の予想を書きます。

光は蘭の復讐に耐えきれない状況に

3話の最後に信とキスをしたことにより、蘭に復讐をされることになった光。4話ではその復讐が始まります。まずはSNSに信との写真をのせ、これに対して光へ精神的なダメージを与えます。

そして、康太の母親が急に優しくなった美佐は恐らく秀子と組んだ可能性があります。あらすじ動画を見る限り、美佐が優しくなったが、家に信と光のキス画像の拡大版が贈られてきました。これにより、光を罵倒する流れに。恐らく、これが美佐の本当の狙いだったんですね。

これにより、康太は再び暴れだします。そして、ダレノガレ明美演じる尾上礼香とキスをします。これは康太なりの光に対しての復讐かもしれません。これにより光のこころはグロッキー状態に・・。

尾上礼香演じるダレノガレ明美さんについては以下記事を参照してくださいね。

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。ダレノガレ明美が尾上礼香を演じる。

そして、謎のWデート旅行へ

あらすじを観る限り、光と康太はあることを確かめるために、Wデート旅行を信と蘭とします。これはなぜでしょうか。蘭の何か秘密を掴むためかなと思います。

しかし、やはり惹かれ合ってしまう光と信。これによって康太と蘭の嫉妬は激化。新たな災難が光に訪れます…。

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。大谷亮平が森山信を演じる。韓国で人気の秘密も公開

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。倉科カナが康太の妻の池内光を演じる。

『奪い愛、冬』豪華キャスト陣一挙公開

今回登場するキャスト陣は金曜ナイトドラマとは思えない方ばかりです。ぜひ、以下記事を参照してみてくださいね。

「奪い愛、冬」(新ドラマ)のキャスト、相関図を大公開。ドロドロの恋物語がここに

『奪い愛、冬』過去のあらすじを公開

「奪い愛、冬」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・ドロドロ恋愛ドラマがここに

「奪い愛、冬」(ドラマ)2話のあらすじと感想・光と信が2人でホテルに・・・。

「奪い愛、冬」(ドラマ)3話のあらすじと感想・蘭の復讐が始まる!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top