DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

「奪い愛、冬」(ドラマ)3話のあらすじと感想・蘭の復讐が始まる!

「奪い愛、冬」(ドラマ)3話のあらすじと感想・蘭の復讐が始まる!

豪華キャスト陣によるどろどろ金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』3話

いろいろな思いが重なったドラマ『奪い愛、冬』の2話が終了しました。

どんどんドロドロになってきましたね。誰が誰を信じればいいのでしょか?それぞれの関係に日々が入っていきます・・・。

2017年2月3日(金)夜11時15分スタートの新ドラマ「奪い愛、冬」3話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」3話のあらすじ(ネタバレ)

光(演:倉科カナ)は婚約者の康太(演:三浦翔平)と2人きりで、一泊で熱海へ温泉旅行に出かけることに。光は完全にぬぐい去ることのできない元彼・信(演:大谷亮平)の存在を必死にかき消しながら、康太との時間を楽しもうとする。

かたや、康太の胸の奥にも、どうしてもぬぐい去れない感情が渦巻いていた。同僚・秀子(演:秋元才加)のいらぬ入れ知恵のせいで、光が今も信の誕生日をスマホの暗証番号にしているのではないか…と疑っていたのだ。

そんな2人の前に突如、結婚に猛反対する康太の母・美佐(演:榊原郁恵)が出現! “猛烈パンチ”を、立て続けに浴びせ…!?

その頃、光と夫が再接近していることを嗅ぎ付けた信の妻・蘭(演:水野美紀)は、“背筋も凍るような攻撃の数々”を虎視眈々と企んでいた。その手始めとして、なんと信を伴って光の会社へと踏み込んでいくことに!

それを機に起こった“ある騒動”が起爆剤となり、光と康太の心にはさらに大きなうねりが生じ…!

そんな中、光は康太に断り、信のもとを訪れる。目的は信の忘れ物を届けること――ところが、この行為がとんだ命取りとなってしまう!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」3話の感想(予想)

新ドラマ「奪い愛、冬」の3話の予想を書きます。

嫁・蘭による復讐が始まる

蘭は光が信に近づいたことを知りました。これにより、光は復讐をします。まず、手始めに光の会社に行き、信のことになど話します。

そして、信の忘れ物を届けにきた光に対して、「あなたが信のこと騙してるでしょう」と言います。そこから追い詰めますね・・・。

あらすじ動画の水野美紀さん演じる蘭の「違わないよ〜!!」っていうのが来週見れるかと思うととても怖い展開になりそうですね・・。このままどうなってしまうのでしょうか?

「奪い愛、冬」(ドラマ)のキャスト。水野美紀が大谷亮平の妻・森山蘭を演じる。

そして、光は美佐のいびりをうける

光と康太は温泉旅行に行き、二人でゆっくり子作りでもしようかと思った時に、康太の母親でもある美佐が、温泉宿にまで邪魔しにきます。この人もどんどん二人の関係を邪魔しにきますね・・・。

このままどうなってしまうのでしょうか?

ドラマ『奪い愛、冬』のキャスト。榊原郁恵が康太の母親・奥川美佐を演じる。

『奪い愛、冬』豪華キャスト陣一挙公開

今回登場するキャスト陣は金曜ナイトドラマとは思えない方ばかりです。ぜひ、以下記事を参照してみてくださいね。

「奪い愛、冬」(新ドラマ)のキャスト、相関図を大公開。ドロドロの恋物語がここに

『奪い愛、冬』過去のあらすじを公開

「奪い愛、冬」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・ドロドロ恋愛ドラマがここに

「奪い愛、冬」(ドラマ)2話のあらすじと感想・光と信が2人でホテルに・・・。

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top