DramaWaves

Menu

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

「奪い愛、冬」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・ドロドロ恋愛ドラマがここに

「奪い愛、冬」(新ドラマ)1話のあらすじと感想・ドロドロ恋愛ドラマがここに

豪華キャスト陣によるどろどろ金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』1話

2016年冬の注目ドラマの一つに金曜日放送『奪い愛、冬』があります。

出演者に三浦翔平さん、倉科カナさんという豪華な2人に加えて、大谷亮平さんと水野美紀さんです。大谷亮平さんは前クールの「逃げ恥」でネクストブレイク俳優としても活躍しています。

この4人で愛を奪い合うドロドロの金曜夜になりそうで、楽しみですね。それでは、

2017年1月20日(金)夜11時15分スタートの新ドラマ「奪い愛、冬」1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」1話のあらすじ(ネタバレ)

デザイン会社で働く池内光(演:倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(演:三浦翔平)からプロポーズをうける。

ちょっと頼りないけれど、とても優しく、何よりも光を全身で愛してくれる康太。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていたのだった・・・。

そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになる。意気込むあまり緊張する光を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。

だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した光は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(演:大谷亮平)・・旧姓・尾田。

彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男であった。

康太の存在に癒され、とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。

しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(演:榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻である蘭(演:水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせ…!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「奪い愛、冬」1話の感想(予想)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

新ドラマ「奪い愛、冬」の1話の予想を書きます。

豪華出演陣によるどろどろのラブストーリー

今回のメインキャストは三浦翔平さんと倉科カナさん。この2人の名前を聞いた瞬間に面白いに違いないと思った方は多い方と思います。

2人の純愛?と思いきや大谷亮平さんと水野美紀さんを含めた4人でドロドロのドラマとなりました。

康太と光と森山の三角関係

あらすじを観る限りは、倉科カナさん演じる“光”は大谷亮平さん演じる“森山”に対して過去の恋が再熱。

しかし、光は三浦翔平さん演じる“康太”にプロポーズされたばっかりです。あらすじ動画を観る光ると森山はベッドシーンがあります。ここで、光をめぐる三角関係に。

森山の妻である蘭も参戦

森山は結婚しており、その相手は水野美紀さん演じる“蘭”です。蘭は森山のことを監視しており、光のことを見つけます。ここでも光VS蘭という新たな構図が生まれました。

4人の思いがそれぞれ交差するすごい組み合わせが生まれました・・・。

光は康太の母である美佐との関係が・・・

光は榊原郁恵さん演じる“美佐”に嫌われてしまいます。おそらく美佐は、康太のことを大事にしていたため、美佐に疑いの目を向けるからでしょう。

そして、嫌がらせを受ける光は康太のことに対しても嫌気がさしてしまい、どんどん森山にハマっていくのかなと思います。ドロドロな関係があるドラマになってきましたね。

最後はどうくっつくのか?光と康太の運命はいかに、注目の第1話をみていきましょう!

『奪い愛、冬』豪華キャスト陣一挙公開

今回登場するキャスト陣は金曜ないとドラマとは思えない方ばかりです。ぜひ、以下記事を参照してみてくださいね。

「奪い愛、冬」(新ドラマ)のキャスト、相関図を大公開。ドロドロの恋物語がここに

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top