DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

東京タラレバ娘 (ドラマ)2話のあらすじと感想・タラレバ女の名付け親のKEYとは

東京タラレバ娘 (ドラマ)2話のあらすじと感想・タラレバ女の名付け親のKEYとは

ドラマ『東京タラレバ娘』2話一挙公開!

吉高由里子さんが主演の注目ドラマ『東京タラレバ娘』の1話が終了しました。

1話がとてもおもしろかったですね。今の30代の女性はこころに響いたかたも多かったのではないでしょうか。

居酒屋であったとあるイケメンにこの「タラレバ女!!」と言われたことから始まったこの物語はどの方向にいくのでしょうか。そもそもあの金髪男は誰なのでしょうか?

ちなみに、金髪のモデルを演じていたいのは坂口健太郎さんです。坂口健太郎さんについては以下記事で紹介しています。

ドラマ『東京タラレバ娘』キャスト。金髪モデル・KEY(キー)を坂口健太郎が演じる

2017年1月25日(水)夜10時放送のドラマ「東京タラレバ娘」2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「東京タラレバ娘」2話のあらすじ(ネタバレ)

早坂(演:鈴木亮平)マミ(演:石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子(演:吉高由里子)。 さらに、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男・KEY (演:坂口健太郎)が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける。

ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(演:榮倉奈々)小雪(演:大島優子)と一緒に行くことに。

ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人。そんな中、香はギタリストに見覚えが……。それはなんと、元カレ・涼(演:平岡祐太)だった!!

運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。

一方、「恋がダメでも仕事だけは」と脚本執筆に精を出す倫子だったが、突然、新ドラマの仕事から降ろされてしまう。

代わりに脚本を担当することになったのは若い女性脚本家・笹崎まりか(演:筧美和子)。マミから「女を使って仕事を取ったのかも」と聞かされた倫子は、真相を確かめようと彼女を尾行するが・・・
そして、街中で花束を手にしたKEYを見かけた小雪は、KEYの意外な一面を目撃する……!?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「東京タラレバ娘」2話の感想(予想)

出典:http://www.ntv.co.jp/tarareba/

新ドラマ「東京タラレバ娘」の2話の予想を書きます。

今度の恋は香が元カレに再会?

1話では倫子と早坂の恋でしたが、2話では榮倉奈々さん演じる香の恋になります。元カレの涼と付き合っていた時は売れないバンドマンでした。

しかし、今では新ドラマの主題歌を歌う程に出世しました。そんな姿を見た香はとても高揚感に浸ります。そんな期待もつかの間涼は彼女がいたのです・・。

ここからは漫画のあらすじになりますが、実はこの後、香は涼と何度か合う関係になり男と女の関係になってしまいます。しかし、彼女はいたまま‥。

香もまた、ズルズルの恋愛をしてしまうのです・・。

そして、倫子は仕事が降板してやけ酒・・・

倫子は仕事の方も一生懸命頑張るぞ!と気合いをいれた矢先に、自分の脚本を降板させられます。そして、若い女とプロデューサーが枕営業したと思い、二人をつけるとなんとそこは旅館になります。

倫子は二人が枕営業したという確固たる証拠を掴むものの、このままでは何も変わらない・・と感じやけ酒をします。そこにKEYがやってきて二人はある秘密を共有するのです・・。

 

注目の芝田マミを演じているのは石川恋さんです。石川恋さんについては以下記事を参照してくださいね。

『東京タラレバ娘』キャスト。AD・芝田マミ役の石川恋とは誰?ビリギャルとの関係?

ドラマ『東京タラレバ』の豪華キャスト陣紹介

吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さん以外の豪華出演陣も一挙に紹介しています!

東京タラレバ娘(新ドラマ)のキャストと相関図。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が主演

プロデューサーの早坂哲朗を演じる鈴木亮平さんについては以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『東京タラレバ娘』キャスト。プロデューサー・早坂哲朗を鈴木亮平が演じる

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top