DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

東京タラレバ娘 (新ドラマ)1話のあらすじと感想・いい年した女は自分で立ち上がれ!

東京タラレバ娘 (新ドラマ)1話のあらすじと感想・いい年した女は自分で立ち上がれ!

ドラマ『東京タラレバ娘』1話一挙公開!

2017年冬の中もうドラマの一つに『東京タラレバ娘』があります。

冬シーズンのドラマが様々ある中で注目されていう理由は、豪華なキャスト陣です。今回の主人公は、女子会大好きの3人の女性ですが、その3人に吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんという一人が主演をはっても充分なメンツです。

この3人の女性が、世の中のタラレバ話で盛り上がっていたところ、ある男性に言われた一言に変わっていこうとする物語です。

2017年1月18日(水)夜10時スタートの新ドラマ「東京タラレバ娘」1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「東京タラレバ娘」1話のあらすじ(ネタバレ)

倫子(演:吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(演:榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(演:大島優子)と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(演:鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」とあおり、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(演:坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「東京タラレバ娘」1話の感想(予想)

新ドラマ「東京タラレバ娘」の1話の予想を書きます。

3人のタラレバ娘による物語〜女性に共感を生む物語〜

今回のドラマは30歳を迎えた女性3人組は「ああしたら、なになにできれば」という妄想話をしているところで、金髪の男であるKEYとぶつかったことにより始まる物語。

3人はこういったタラレバ話で盛り上がっているものの、実際に自分が30代になったということを、金髪の男に言われた一言「そうやって、タラレバつまみに一生飯食ってろよ」で一蹴されます。ここから3人は自分の現実を突きつけられ、幸せ目指してもがき続けます。

30代の独身の女性ならではの悩みなどを、ドラマを通して伝わるため、共感できる女性だけでなく、身近に30代女性がいる男性もちょっと観てみたい内容ですよね笑。全部が全部とは言いませんが、女子会の雰囲気なども楽しめそうですよね。

倫子は昔振った男に再度アプローチをかけられる

吉高由里子さん演じる倫子は1話のタラレバ話でもでてくる、鈴木亮平さん演じる早坂に「大事な話があると」再度ご飯を誘われます。

おそらく、女子会でも話をしている「告白されタラ?」「プロポーズされタラ?」など様々な妄想を膨らまして、ついに決戦当日。実際に二人でご飯を食べ、いい雰囲気になるも。。。、

実は早坂は倫子ではなく、倫子のアシスタントである、石川恋さん演じる芝田マミに告白しようと考えていたのです。それを倫子との相談だったのです・・・。

いいところで食事にきて、結局告白ではないのは女性にとって大ダメージですね。この時の吉高由里子さんのリアクションが気になりますね笑

想像を膨らましていた倫子は、ショックを受け、再びタラレバ娘3人で飲むことが見えますね。この3人はそれぞれの恋愛が成就するのか今後を期待していきましょう!

ドラマ『東京タラレバ』の豪華キャスト陣紹介

吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さん以外の豪華出演陣も一挙に紹介しています!

東京タラレバ娘(新ドラマ)のキャストと相関図。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が主演

 

 

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top