DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)6話のあらすじと感想・旅人と雪路の過去が明らかに

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)6話のあらすじと感想・旅人と雪路の過去が明らかに

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」6話のあらすじを一挙公開

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」の5話が終了しましたね。

刑事部の白石がついに昔、日暮との関係が見えましたね。ここから粛々と復讐が始まりますね。どうなっていくのでしょうか。

2017年2月26日(日)夜10時30分スタートのドラマ「視覚探偵・日暮旅人」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」6話のあらすじ(ネタバレ)

20年前に両親を殺害し、5歳だった自分を「ロスト」と呼ばれるドラッグの実験台にした犯人を突き止めるため、旅人(演:松坂桃李)は当時事件に加担した一人である刑事の白石(演:吹越満)を脅迫する。

しかし、帰りがけに探し物探偵事務所の一階に入っているキャバクラ「全治3か月」の新人ホステス・ハルカ(演:ともさかりえ)の顔を偶然視た途端、旅人はなぜか意識を失ってしまうのだった。

一方、雪路(演:濱田岳)は、ドラッグの密売ルートを探る刑事・増子(演:シシド・カフカ)から、旅人が幼少期に誘拐・監禁されたこと、旅人の父・日暮英一が雪路の父で政治家の雪路照之(演:伊武雅刀)の秘書をしていたことを聞かされ、今まで旅人が正体を隠したまま自分に近づいていたことにショックを受けていた。

その頃、気を失っていた旅人が運び込まれたキャバクラ「全治3か月」で目を覚ますと、店の縄張りを巡って鳥羽組のヤクザ・今林(演:池田鉄洋)と客として来店していた権藤会の間で抗争が起き、店内は騒然としていた。

権藤会の会長・権藤博(演:永島敏行)が発砲し、皆が散り散りに隠れる中、ハルカと同じ物陰に隠れた旅人は店内の状況を気にしつつも、なぜかイライラと貧乏ゆすりをするハルカの様子を注意して窺っていた……。

そんな中、たまたま来店していた増子の相棒・土井刑事(演:和田聰宏)が入り口に立ち塞がり、対立するヤクザ2組と警察の間で複雑な状況に。

時を同じくして雪路と増子は、生前旅人の父とも親交の深かったジャーナリスト・山田快正の娘である一恵の元を訪ねる。

政財界のあらゆる巨悪を暴く情報が書いてあるという通称「山田手帳」の在り処を探ろうとする増子だったが、一恵の話から旅人が2年半も前に雪路の兄・勝彦(演:眞島秀和)の弟を装って一恵の元を訪ねていたことを知る。

2年半前といえば旅人と雪路がまだ出会ってもいない頃……。旅人の過去が明らかになるにつれ、それまで固く結ばれたと思っていた旅人と雪路の絆は大きく揺らぎ始める……!

そして、謎の女・ハルカの正体、追い込まれた白石の不穏な動き……旅人の計画を巡り、事態はさらに大きく動きだす!!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」6話の感想(予想)

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」6話の予想を書きます。

旅人が雪路に近づいた本当の理由が明らかに

今までに雪路と旅人は硬い絆があるように見えましたが、実は雪路に近づくために旅人が仕組んだものでした。

その事実が6話でついに明らかになり、雪路は旅人のことを信頼できなくなってしまいます・・・。

 

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」のキャスト陣を紹介

亀吉を演じる上田竜也さんについては以下記事を参照してください。

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)のキャスト。KAT-TUNの上田竜也が鶴田亀吉を演じる。

灯衣(てい)ちゃんを演じる住田萌乃ちゃんについては以下記事を参照してくださいね。

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)のキャスト。子役・住田萌乃が百代灯衣(てい)役を演じる。

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」過去のあらすじを公開

ドラマ「視覚探偵・日暮旅人」のあらすじは以下記事を参照してくださいね。

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)3話のあらすじと感想・雪路の兄を探す?

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)4話のあらすじと感想・雪路の父が旅人の父を?

視覚探偵・日暮旅人(ドラマ)5話のあらすじと感想・白石が犯人の一人?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top