DramaWaves

Menu

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

好きな人がいること第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

好きな人がいること第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

2016年7月11日にフジテレビの月曜9時からついにスタートする「好きな人がいること」ですが、注目の若手俳優陣を固めた布陣はどのような結果になるのでしょうか?

今クールの注目恋愛物ドラマである「好きな人がいること」の第1話(7月11日放送)のあらすじと感想を紹介したいと思います。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

ドラマ「好きな人がいること」第1話あらすじと感想(ネタバレ)

主人公の櫻井美咲(演:桐谷美玲)はパティシエとして仕事に打ち込んでおり、いつの日か独立をしてお店を持つことを考えていたが、お店のベーカリーの一本化の方向性にある日クビになってしまう。

転職活動中に超一流ホテル:ヴィッツ・チャンストンホテルに自分の腕前を魅せるために、ウエディングケーキを作成し、持ち込んだが採用されなかった。

その後レストランで後輩の石川若葉(演:阿部純子)に愚痴るも、若葉より採用されない理由の一つに作成したケーキの上に、キスをする男女の人形の唇がとんがりすぎだと指摘された。パティシエ一本で修行してきた美咲は4年間もキスをしていない。そのため、自分の唇のケアもしておらず、まるで梅干しのようだと若葉に言われる。

若葉は美咲に転職のために作成したウエディングケーキはいらないからお店に渡そうと提案し、食事をしているレストランの店員にあげる。後輩の若葉はデートのため、先に店を出てしまう。取り残された美咲はトイレの個室で心を落ち着かせようとしたが、なんとドアが開かなくなり出れなくなってしまった。

このまま出れないかと思っていたが、レストランの店員が美咲を探しに来た店員が、ドアをこじ開けた。

そのドアをこじ開けた店員がなんと美咲の初恋の柴崎千秋(演:三浦翔平)であり、元々バイト先が一緒の先輩であった。

千秋に近況を聞かれた美咲は自分が超一流のホテル:ヴィッツ・チャンストンホテルのパティシエであるが、今は店舗改装中でお休み期間であると、嘘をつく。

それを聞いた千秋は休みの間だけでいいから、千秋がオーナの湘南のレストランで住み込みで働かないかと提案する。じつは千秋は美咲のウェディングケーキを食べ、美咲に確かな腕があると確信していた。これを機会に美咲は湘南に行き、物語が始まった。

湘南についた美咲は新しく作成したSNSの記念に海の砂浜で写真を撮ってもらおうと、相手を探していたところに一人のサーファー(演:山﨑賢人)に出会う。サーファーに無理やりスマホを渡し、ジャンプしている瞬間に写真を撮ってもらおうとしたが、ジャンプの着地に失敗し倒れてしまった。

倒れた後に波がタイミングよく美咲の全身を濡らしてしまい、その姿をサーファーが写真を撮影され、美咲はカチンとくる。しかし、サーファーは無愛想にそこから去っていく。

住み込みで働くので、柴崎千秋が住んでいる柴崎家に到着する美咲であったが、急に後ろから抱きしめられた。美咲は千秋かな?と期待する。しかし、全くの別人がそこにいた・・

その抱きついたのは千秋の弟の三男柴崎冬真(演:野村周平)で、ここから同居生活をすることを告げられる。どうやら冬真も人を間違えたようだ。さらにそこには因縁のサーファーの男が・・これまた千秋の弟で次男の柴崎夏向(しばさきかなた)(演:山﨑賢人)であり、レストラン「Sea Sons」でシェフであることにびっくりする。

美咲千秋、冬真、夏向の柴崎三兄弟と同居生活を始めるのであった。

 

【スポンサードリンク】

 

美咲は初めに働くことになるレストラン「Sea Sons」について紹介される。お客さんのほとんどが常連客であり、食材は地元の物を使用している。厨房は夏向が担当しているが、夏向は美咲に厨房に入るなといい、認めていない。

その日の夜に、美咲がSNSに湘南の海の写真をあげると、後輩の若葉より「キスをする迄帰ってきちゃダメです」とコメントされる。そのままお風呂に入り、お風呂から上がり着替えた後に、夏向が入ってくる。びっくりする美咲であるが、夏向にパジャマにタグがついているのと、アイラインがにじんでいるのを指摘される。引き続き、下心丸出しで、中途半端な仕事しかしない奴は一番嫌いと言う。これに美咲が見返してやると奮起する。

 

そのまま徹夜して、ケーキを作り次の日の朝、冬真に食べてもらう。冬真は「東京のケーキみたいで、美味しい」と言う。美咲はこの言葉にレストラン「Sea Sons」は地元の常連客がほとんどであるということを思い出し、これではダメだと落ち込む。そして、地元のこと夏向のことを知ろうと思い、夏向と一緒に出勤するも煙たがられる。

レストランで掃除をしていると、千秋よりレストラン「Sea Sons」について説明される。看板料理はオムバーグであること。元々は父親がやっていたお店で遺言が三人でレストランを守ること。三男の冬真は調理師専門学校に通っており、将来は夏向と一緒にシェフになること。美咲は感心する。そんなところに飲食業界のカリスマ東村了(演:吉田鋼太郎)が現れ、千秋に東村の経営するチェーンに入らないかと提案する。千秋はこれを断るが、また来ると言われる。

その日の夜に、美咲は看板メニューである「オムバーグ」に合うデザート作成に取り組む。
同じ時刻に冬真にSNSを特定され、夏向に昨日の投稿「キスをする迄帰ってきちゃダメです」を見て、恋目的できたことを確信する。夏向は美咲に対して、再度苛立ちがこみ上がってきた。

夏向がレストラン「Sea Sons」に戻ると厨房で美咲がケーキを作っていた。美咲は夏向に抹茶のケーキを作ったから食べて欲しいと言うが、夏向はこれを拒否。再度お願いする美咲であったが、振り払った夏向によりケーキが地面に落ちてしまう。美咲は怒りを隠せないで再度ケーキを作成しようとする。「食べてもらわないと気がすまない」という美咲であったが、夏向は再度拒否。

怒る美咲が夏向に対して「この店のシェフなら食べなさいよ」と言われ、夏向も怒り、美咲の頬を掴むようにし、キスをする。「何、今の?」と美咲が言う。「キスがしたかったんだろ。満足したら、さっさと出てけ」と夏向が言う。美咲が夏むの頬をひっぱたき、レストランを出て行く。

その後、美咲と連絡が取れなくなって心配した千秋がレストランに訪れる。美咲のノートを見た千秋は夏向に対して「何もわかってないな」と言う。そのまま美咲を探しにいく。

少し時間が経ち、夏向が厨房に置いてある美咲のノートを見るとレストラン「Sea Sons」についてたくさん書かれている。ケーキは何度も作り直して「オムバーグ」に合うように作ってあることを知る。そして、落ちたケーキを食べた夏向は急いでレストランを出て、美咲を探しに行く。

一方、美咲は駅のベンチで座っているところに、千秋に発見される。千秋に夏向は悪くないということと、自分が一流のホテルで働いているという嘘を全部話す。千秋は美咲の手を掴み、駅の外へ連れ出し「俺はわかってるから。桜井の仕事に情熱とプライドをもっていることとか・・・・・ちゃんとわかってるから。そんな桜井だからいて、欲しいんだよ」と言い、千秋は美咲をバイクの後ろに乗せて家へ帰った。

家で美咲が部屋にいると、夏向が夜食におにぎりを作る。美咲のケーキを認め、「Sea Sons」の鍵を渡す。美咲は喜ぶも4年ぶりのキスは夏向であることを再確認する。

次の日の朝、「Sea Sons」に行くと、夏向に買い出しに行くように頼まる。買い出しの最中に千秋が女性と歩いてることを発見する。二人はそのまま結婚会場に入ってい行くのであった・・

 

【スポンサードリンク】

感想

前回の月9はあまり視聴率が良くなかったので、今回もどうかな?と思ってみましたが、個人的な感想ではとても面白かったです。

千秋にベタベタの恋愛行くのかな?と思いましたが、これは夏向に行く可能性が十分にありえますね。観ていた女性陣は夏向を演じる山﨑賢人さんにメロメロだったのではないでしょうか?

不器用でぶっきらぼうですが、どこか優しさがある一面が垣間見えたりとツンツン好きには堪らないかと思います。やはり、山﨑賢人さんというイケメンだからできることかもしれません。。

逆に千秋の優しさにキュンキュンする方も多かったと思います。最後の「そんな桜井だからいて、欲しいんだよ」という一言に落ちた女性も何人もいるのではないでしょうか。しかし、美咲の4年ぶりのキスを奪ったのは夏向だったため、千秋にも頑張ってもらいたいです。

まだ関わりは少ないですが、次回以降三男の冬真ともどう関わっていくか注目ですね。個人的な感想では今期の月9は当たりだったと思いますので、ぜひ、次回以降も積極的に更新していきたいと思います。

関連記事

好きな人がいること第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

好きな人がいることの主題歌は元KARAの知衛(JY)!?

好きな人がいることのロケ地は江ノ島・稲村ヶ崎(月9)

好きな人がいることの出演者と相関図を紹介

好きな人がいることの原作や結末は!?月9ドラマ

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top