DramaWaves

DramaWaves

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

就活家族(ドラマ)8話のあらすじと感想・洋輔社長就任も、溝は埋まらず・・

就活家族(ドラマ)8話のあらすじと感想・洋輔社長就任も、溝は埋まらず・・

ドラマ『就活家族〜きっと、うまくいく〜』8話を一挙公開!

ドラマ『就活家族』7話が終了しました。

洋輔がまさかの新日鉄の子会社の社長に選ばれようとしています。まさかの展開ですが、どのようになっていくのでしょうか。

2017年3月2日(木)夜9時のドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」8話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」8話のあらすじ(ネタバレ)

日本鉄鋼金属がインドに新会社を設立するにあたり、その会社の社長就任を打診された富川洋輔(演:三浦友和)

一度は会社を辞めた自分に高待遇を用意してくれるという社長の的場(演:中丸新将)に感謝の気持ちを抱き、前向きに考えつつも、その場に川村優子(木村多江)が同席していたことを不審に思う。「これは私に出来る最後の償いです」と話す優子だったが…?

その頃、水希(演:黒木瞳)は生花店の正社員になり、新しい生活に充実感を覚えていた。上司のみどり(演:宮地雅子)に、洋輔と離婚して社員用のアパートに移り住むことを考えていることを告白した水希はいよいよ後戻りできないところまで来ていることを実感。

洋輔に「マンションを売り、財産を処分してふたりでお金を分けたい」と申し出る。

水希の決意に栞(演:前田敦子)光(演:工藤阿須加)も動揺。これを機に真壁雄斗(演:渡辺大)との結婚を進めたい栞は、真壁に「一緒に住もう」と言ってみるが…?

一方、光は国原耕太(演:新井浩文)が立ち上げた福祉事業を一緒にやらないか、と誘われる。住む家まであてがってくれようとする国原に光が理由を問うと、意外な答えが返ってくるのだった。

ある日、水希の前で天谷五郎(演:段田安則)が倒れ、付き添った病院で洋輔と再会する。そこでインドの新会社社長就任を打診されたことを打ち明けられるが、水希が洋輔に返した言葉は冷たいものだった。

マンションの売却も迫る中、なんとか両親にやり直して欲しいと考える栞と光は、ふたりの思い出の店で食事会を開こうと提案する。水希へのプレゼントと手紙を用意し、店に向かう洋輔だったが、その直前に思いがけない出来事が起こり…?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」8話の感想(予想)

ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の8話の予想を書きます。

二人は離婚してしまうのでしょうか

洋輔はついに社長という肩書にもなり、前回よりも高待遇で生活ができるかもしれませんが、水希との間の溝は埋まらないままですね…。

給料も戻ったのに二人の関係はこのまま終わってしまうのでしょうか?

光と栞がなんとか二人のよりを戻そうとしますが、ここで思いもしない出来事とはなんでしょうか?注目していきましょう!

ドラマ『就活家族〜きっと、うまくいく〜』過去の話のあらすじ

就活家族(新ドラマ)1話のあらすじと感想・4人の家族がそれぞれの問題と向き合う物語

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top