DramaWaves

Menu

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

死幣(ドラマ)第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想・財津

死幣(ドラマ)第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想・財津

2016年夏ドラマでTBS系毎週水曜24:10より放送しているドラマ「死弊〜Death Cash」の第5話が終了しました。

財津ゼミの灰谷の「おなかすいた」が怖すぎましたね・・・。死因がパスタによる窒息死なんて・・・。そして、ついに財津教授の裏の顔がでました。ゼミの残りは2人ですがどうなるでしょうか?

2016年8月16日放送のドラマ「死弊〜Death Cash」の第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想は放送終了後順次更新していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

死幣(ドラマ)第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想

灰谷(はいたに)(演:葉山奨之)は死弊を電子マネーに変えたが、使用したことにより。死んでしまった。ゼミのメンバーは南由夏(みなみゆか)(演:松井珠理奈)と真理(演:中村ゆりか)の2人になった。

これ以上の犠牲者を増やしたくない由夏は、唯一の仲間である真理の家を訪ねる。そこには大手建設会社の社長と再婚した母・千尋(演:田中美奈子)の反対を押し切り、社長令嬢にも関わらずアルバイトをしながら質素に一人暮らしをしている真理がいた。

お金を持つと人は醜くなると言う真理は、「あなたのことが嫌い」と由夏を部屋から追い出してしまうのだ。

一方、財津(演:筧利夫)教授はなんと死弊について事前に調べており、自分のゼミの生徒達の死因などを記録し、死弊についてまとめていたのだ。

そのため、若本(演:戸次重幸)は財津教授の行方を必死で追っていた。しかし。そんな若本の前に、若本の過去を知る監察官の伊織(演:柚希礼音)が現れる。伊織は若本とは旧知の仲で、このままでは過去に起こった事件の二の舞になると“死幣”の捜査をやめさせようとする。

伊織が現れたことで捜査をすることが難しくなったことと、真理の生い立ちを伝えるため由夏と小夢(演;清原果耶)の家を訪ねる若本。小夢の計らいで3人は夕飯を一緒に食べることに。そこで由夏は若本の妹の存在を知る・・・。

翌日、若本はついに財津の居場所をつかんだ。隠れ家に乗り込んで目にしたものは・・・!?

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

ドラマ「死幣」第6話の予想を書きます。

第5話では灰谷が電子マネーに変えたものの、そのお金で食事を購入してしまったが上に死んでしまいました。あと、財津ゼミに残るのは由夏と真里だけになってしまいましたね。真里は大金持ちのため、まさか死弊を使うとは思いませんでしたが、第6話で1人暮らしをしていることがわかります。

これはおそらく、お金が足りなくなり、死弊を使用してしまいますね・・。

そして、次回はついに財津へ踏み込みます。確かに財津教授は授業中もお金についてすごい発言したことや、灰谷に助言をしたりと奇妙な行動をしました。合宿所に死弊をおいたのもきっと財津では?と考えられます。

物語はついに後半を迎えますので、期待していきましょう!

関連記事

死幣(ドラマ)第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想・財津の罠

死幣(ドラマ)第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想・電子マネー?

死幣(ドラマ)第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・死弊の歴史

死幣(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・生活費がピンチ!

死弊(ドラマ)のキャストと相関図を紹介!主演は松井珠理奈!

死弊(ドラマ)の最終回の結末(ネタバレ)を予想!最後は死弊を?

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top