DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

死幣(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・生活費がピンチ!

死幣(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・生活費がピンチ!

2016年夏ドラマでTBS系毎週水曜24:10より放送しているドラマ「死弊〜Death Cash」の第2話が終了しました。ついに由夏が若本に本当のことを打ち明けましたね。ここから二人で協力してどんどん死弊に直面していくでしょう。

しかし、毎回、ピタゴラスイッチのように殺害が起きるのが、少し怖いですよね。一つの小さなものから大きなものになるという流れが今後も続くのでしょうか?

2016年7月27日放送のドラマ「死弊〜Death Cash」の第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想は放送終了後順次更新していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

死幣(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想

ゼミの先輩である川辺雄大(かわべゆうだい)(演:白州迅)が陸上の強化合宿中によって亡くなってしまった。川辺は死弊を使用してしまったからだ。

すでに同じ財津ゼミである郁美、三浦、川辺が死亡した。この三人の死は全員”死弊”の呪いだと訴える南由夏(みなみゆか)(演:松井珠理奈)と刑事の若本猛(わかもとたけし)(演:戸次重幸)であったが、残りのゼミのメンバーは全く耳を傾けない。その時、夏のゼミ合宿のときの写真が由夏の目に止まる。由夏は合宿の時に土に埋もれ、焼け焦げた一万円札を拾ったことを思い出す。

その頃、由夏の高校からの親友である萩森一恵(はぎもりかずえ)(演:吉岡里帆)は自分と家族を養うために、必死でアルバイトをする生活を送っていた。しかし、トラブルを起こし、アルバイトをクビになり、お金も底をついてしまった。意気消沈して、歩く一恵のもとに由夏が現れ、”死弊”について忠告するが、一恵は気が動転してその場から走り去ってしまうのであった。

そんな中、一恵は残りすくないお金をATMから取り出して帰ろうとすると、取引を終えたはずのATMから数枚の一万円札が出てくる。一恵はお金をATMから出し、たくさんの高額の化粧品や食材を買い、夕食を豪勢に振る舞うのである。そんな一恵のカバンの中にはATMから取り出した際の封筒にお金がたくさん増え、福沢諭吉が黒くなっていくのである。

その頃由夏は妹の南小夢(みなみこゆめ)(演:清原華那)と一番最初に亡くなった橘郁美(たちばないくみ)(演:西田麻衣)について話していると、あることに気づく。死弊を使ったものはそれで亡くなってしまうとの共通点を見つけ、若本に伝えるのであった。

次の日、一恵はお金を悪魔のように使い、高額な洋服などを購入していた。一恵が家に帰ると、介護している母親が暴れており、これに疲れた一恵は施設に入れることを決めた。450~500万する施設だ。

次の日、由夏は一恵が高級な買い物をしていることを知って、すぐに向かう。一恵は車椅子の母親を介護施設の迎えの車を待っている状態であった。一恵にこのことを問うと「お金使って何が悪いの?」と怒ったのだ。自分は奨学金も母も弟も養うのを一生やるのかと・・。

由夏は一恵にとって大切なのはお金か問う。弟や母親ではないかと。一恵は何も答えられず、死弊を使ったことだけを告げた。由夏が何に使ったか聞いている最中に母親の車椅子のブレーキが外れ坂を下っていく。目の前には電柱が・・。間一髪のところで若本の助けが入り、助かった。一恵と母親は一緒に泣いている。そこで母親は一恵がプレゼントした口紅を道路に落とし、一恵がこれを拾いにいく。

その瞬間、一恵は車にひかれて亡くなるのであった・・。

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

ドラマ「死幣」第3話の感想(予想)を書きます。

どんどん財津ゼミの中の人が亡くなっていきますが、次は一恵が被害者になりますね。おそらく、生活費のためなら”死弊”を使用しても構わないと思い、使ってしまうと思います。

気になるのは夏のゼミ合宿の時に”死幣”が落ちていたことについてです。この時すでに郁美がお金を求めていたのなら、目の前に現れますが、なぜ、財津ゼミなのか?というのが気になりますね。財津教授と何か関係があるのでしょうか?

第3話注目してみいきましょう。

感想

ドラマ「死幣」第3話の感想を書きます。

今回のターゲットは一恵でした。一恵は家族のために一生懸命働いているのにもかかわらず、死弊を使用したことで亡くなってしまい、少し悲しかったです。今までの3人はどちらかというと、私生活+なにか、でしたが、一恵は根底に私生活がありました。

そんな中、関係なく死弊の犠牲になってしまったのは少し悲しくなってしまいました・・・。しかし、お金を持った後の使い方は異常でしたね。いままで我慢してきたからということで、爆買いしましたね。財津教授が「お金を使うことの魅力に取り付かれると、まるで麻薬中毒になったかのように、消費を抑えることができなくなります。」まさしく、この通りで使うことに喜びを感じた結果だと思いました。

財津教授の言葉は深いと感じました。

第4話ではついに死弊の歴史に入りますので、注目していきましょう。

関連記事

死幣(ドラマ)第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想・電子マネー?

死幣(ドラマ)第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・死弊の歴史

死幣(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

死弊(ドラマ)のキャストと相関図を紹介!主演は松井珠理奈!

死弊(ドラマ)の最終回の結末(ネタバレ)を予想!最後は死弊を?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top