DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

ドラマ『黒革の手帖』の2話のあらすじと感想・元同僚波子がホステスになるも…。

ドラマ『黒革の手帖』2話のあらすじと感想を一挙公開

ドラマ『黒川の手帖』の1話のあらすじが終わりましたね。

まさかの派遣社員から急に銀座のホストのママになりましたね。やり方がすごかったですが、今後の展開が気になるドラマですね。

2017年7月27日(木)夜9時00分放送のドラマ『黒革の手帖』2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』2話のあらすじ(ネタバレ)

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせた原口元子(演:武井咲)

若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(演:仲里依紗)と再会する。元カレのために使ったカードの支払いのために必死に働く波子に、元子は「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。

『カルネ』開店から1カ月が経とうとする頃、元子を訪ねて、安島富夫(演:江口洋介)が店にやってくる。お世話になった大臣と、その妻のために次の選挙への出馬は見送る、と話す安島に、元子は「戦うべきだと思う」と進言。元子の言葉に力づけられる安島だったが…?

ほどなくして、波子が元子の店で働くことに。入店早々、楢林謙治(演:奥田瑛二)に見初められるが、次第に親密になっていくふたりに元子は一抹の不安を感じる。

さらに波子は、ほかのホステスの客に手を出したという話が広まり『カルネ』の中で孤立。「あんな女とは一緒に働けない」とホステスたちが次々と辞めてしまう!

やがて元子の不安が的中。なんと波子が思いもよらぬ行動に出る!

『銀座の掟』を無視するかのような行動を繰り返す波子に制裁を加えるため、元子は波子、楢林、そして楢林クリニックの看護師長・中岡市子(演:高畑淳子)にある仕掛けを…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』2話の感想(予想)

『黒革の手帖』の1話と感想と2話の予想を書きます。

1話の感想。元子は銀行からお金を奪い取る。

元々頭が切れる元子は、東林銀行から偽装口座を派遣社員ながら突き止めて、これを裏手に取りましたね。

偽造口座から約1億8千万円の現金を盗みました。しかし、このお金は世の中に出ないお金のため、支店長達は元子からお金を奪い返すことはできませんでした。

このお金を準備資金にし、元子は新たなクラブを立ち上げます。2話以降も黒革の手帖に書かれたターゲットからどんどんお金をとっていきます。

2話の予想。次なる標的は美容クリニックの院長。

元子が次なる標的を決めましたね。その相手は、1話の最後に恋人にしてほしいと冗談を言った楢林ですね。楢林の偽造口座には約2億円入っています。そのため、これを全て奪い取るのかなと思います。

キーマンは看護師長・中岡市子

中岡は第1話から偽造口座にお金を運んでいた張本人でした。そのため、この中岡が再び登場しますね。そして、再び元子と再会してどのような展開になるか注目していきましょう!

元同僚・波子がホステスに

仲里依紗演じる波子が、再び元子と再会し、『カルネ」で働くことになりそうですね。しかし、波子は銀座の掟を知らないため、他のお客に手を出します。

これにより、元子は波子にも罰を与えないといけません。どのような罰を与えるのでしょうか?元同僚だと複雑ですよね…。

ドラマ『黒革の手帖』のキャスト。元子のライバル・山田波子を仲里依紗が演じる

3話のあらすじについて以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『黒革の手帖』の3話のあらすじと感想・波子&村井が仕返しに!?

ドラマ『黒革の手帖』の過去のあらすじ

ドラマ『黒革の手帖』の1話のあらすじと感想・全てはひとつの手帖から始まった

ドラマ『黒革の手帖』の関連記事

ドラマの豪華キャスト陣については以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『黒革の手帖』のキャストやあらすじ。主演は武井咲で江口洋介や仲里依紗も共演!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top