DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

ドラマ『黒革の手帖』の1話のあらすじと感想・全てはひとつの手帖から始まった

ドラマ『黒革の手帖』の1話のあらすじと感想・全てはひとつの手帖から始まった

ドラマ『黒革の手帖』1話のあらすじと感想を一挙公開

2016年夏の注目ドラマが始まります。毎週木曜9時よりスタートするドラマ『黒革の手帖』です。

松本清張さんの不朽の名作と言われたドラマが主演の武井咲さんによって帰ってきます。
とある女性の欲望のままの物語です。

2017年6月2日(土)夜11時40分放送のドラマ『黒革の手帖』1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』1話のあらすじ(ネタバレ)

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(演:武井咲)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。

そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。

容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(演:奥田瑛二)の目に止まる。

ある日、『燭台』のママ・叡子(演:真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(演:高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(演:江口洋介)と出会う。

まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』1話の感想(予想)

ドラマ『黒革の手帖』1話の予想を書きます。

元子は普通の派遣社員であったが…。

武井咲さん演じる主人公の原口元子は普通の派遣社員でありましたが、親の借金を返すために夜の仕事もしています。

銀行で働いている時にいろいろな不正なお金の流れが、わかりながらも自分とは住む世界が違う人が多くいることを認識していました。

そして、1話の最後にと東林銀行でとある事件がおきます。これによって元子は1億8千万円もの現金を盗みます。これによって元子の人生が大きく変わります。

鍵となるのが元子が持っている“黒革の手帖”

今回のドラマのタイトルにもなっている黒革の手帖が元子の人生を大きく変え、自分を守る盾にもなります。

予想になりますが、元子は銀行で働いていたため“借名口座”の存在を知っていました。これは本当は法律で違法な講座のため、この利用者はこのことについては触れてほしくないはずです。

その“借名口座”の名前の一覧を黒革の手帖に書いており、今後物語で度々使用するからこそ、黒革の手帖が重要になっていくのかなと思います。

黒革の手帖2話については以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『黒革の手帖』の2話のあらすじと感想・元同僚波子がホステスになるも…。

ドラマ『黒革の手帖』の関連記事

ドラマの豪華キャスト陣については以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『黒革の手帖』のキャストやあらすじ。主演は武井咲で江口洋介や仲里依紗も共演!

 

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top