DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(新ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(新ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

2016年秋ドラマ注目は「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」です。石原さとみさん主演のお仕事物のドラマ。

連続ドラマでは初の石原さとみさんの役柄は、ド派手なファッションの校閲部員。小説などで間違いがある場合、誤字脱字を修正したり、意味が通るのか確認を行ったりする少し地味な仕事。

しかし、石原さとみさん演じる河野悦子は意味が本当に合っているのか確認するために、作者に会いにいったりなど、ド派手な行動をする仕事人。どのようなドラマになっていくか注目です。今秋で注目のドラマの1つになること間違いありません。

2016年10月5日(水)夜10時より放送する日テレ系列のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を公開します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話のあらすじ

河野悦子(演:石原さとみ)はオシャレが大好きでファッション誌の編集者を夢見ていた。今年も出版社「景凡社」の中途採用試験の面接に行き、ファッション誌の魅力と編集部で働く熱意を訴えた。

その夜、人事担当より採用決定の連絡があり、悦子は大喜びするも・・・。悦子が配属されたのは念願のファッション編集部ではなく、「校閲部」であった。校閲部は上がってくる原稿の誤字脱字や内容の間違いや、矛盾がないかを確認する超地味な仕事。さらに第一志望で憧れのファッション部には、高校時代の後輩である森尾(演:本田翼)の姿が・・・。

入社早々に悦子は、配属された校閲部の部長である茸原(演:岸谷五朗)に猛抗議。茸原は「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」と悦子にさとすように言う。その気になった悦子はファッション編集部への異動を目標に、校閲の仕事を頑張ろうと決意!

悦子の初仕事として、ミステリー小説の校閲を任せられる。しかし、悦子の破天荒な校閲方法に担当編集者・貝塚(演:青木崇高)は大激怒。担当した小説の大御所作家である本郷大作(演:鹿賀丈史)から「この校閲をしたものを連れて来い」と呼び出しがかかったのだ。悦子の初仕事一体どうなる?

一方、森尾は上司から命じられたイケメンモデル探しに奮闘中。そこで出会ったちょっと変わった大学生である折原幸人(演:菅田将暉)を発掘。同じ頃、悦子もまた、偶然出会った幸人に一目惚れ!ド派手なファッションの校閲ガール・河野悦子が仕事に恋に大暴れする!?

 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

注目ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話あらすじの予想を書きます。

石原さとみさんが2015年月9ドラマ「5時から9時まで」ぶりに帰ってきましたね。今回はお仕事物のドラマということで、どのように演じるのか楽しみです。

河野悦子はどんなキャラクター?

今回石原さとみさんが演じる河野悦子はファッションが大好きピカピカ系女子。夢見る編集者に入るも地味な校閲部に入ります。しかし、ここで、めげることなく校閲という仕事を本当に楽しくやろうとするのがポイント。

最初とは思っていたのと違う部署でも、ここで成果を出せば次に必ず繋がる。というポジティブ思考で仕事に取り組んでいます。これだけでどんな壁がきても諦めない女性ということがわかります。このポジティブ思考の女性がどのように、物語を作っていくか期待です。

お仕事系のドラマだけど恋愛もがっつりする?

仕事系だから恋愛をしないと思いながらがっつりします!菅田将暉さん演じる折原幸人さんに第1話から恋をします。一目惚れをするとは派手系女子にピッタリですね。おそらくここでスカウトをしてきた森尾との三角関係になるのかな?と思っています。

そして、折原は実は小説家ですので、校閲の仕事として悦子と絡んでいくのかなと思います。仕事に恋に折原との絡みに期待していきましょう!

豪華キャスト陣が出演?

石原さとみさん以外にも菅田将暉さんや本田翼さんも出演する河野悦子は、他のキャスト陣も豪華ですので、以下記事でぜひ、抑えておいてください。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(新ドラマ)のあらすじとキャスト(相関図)を紹介!

2016年10月からスタートするのでぜひ、観てください。

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top