DramaWaves

Menu

2017年冬ドラマ(1月〜3月)

ドラマ「嫌われる勇気」2話のあらすじと感想・次はアドラーの目的論!

ドラマ「嫌われる勇気」2話のあらすじと感想・次はアドラーの目的論!

ドラマ『嫌われる勇気』2話を一挙公開!

ドラマ『嫌われる勇気』の1話が終了しました。

香里奈演じる蘭子の特徴的なキャラクターがとてもおもしろかったですね。相手に嫌われるのを恐れないで本音で生きていくということを学べた1話でした。

2話ではどのような事件が起き、アドラー心理学を学べるのでしょうか?注目です。

2017年1月19日(木)夜10時スタートの新ドラマ「嫌われる勇気」2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『嫌われる勇気』2話のあらすじ(ネタバレ)

「絶対に消えないペン」などのヒット商品があるメーカーの執行役員の市川が、深夜に会社の窓から転落死した。

現場の状況や第一発見者の証言から、浦部(演:丸山智己)は自殺だと断定するが、青山(演:加藤シゲアキ)とともに現場に駆け付けた蘭子(演:香里奈)は、それを否定。

自殺に見せかけた殺人で、犯人は被害者と同じ会社にいると推理した。遺体を司法解剖しためい子(演:相楽樹)も、蘭子の見立てを支持する。

市川が率いていた商品開発部には、絵実華(演:大後寿々花)や竹内(演:笠原秀幸)ら10名ほどの社員がいた。聞き込みに来た蘭子は、社員たちのデスクに目覚ましドリンクやグッズが置かれていることに気づく。

さらに、1年前に市川が転落した窓がある小部屋で、同じ部の成美という若い女性が自殺していたことが判明。

1年の間に同じ部屋から2人の死者が出たことを怪しんだ半田(演:升毅)は、小宮山(演:戸次重幸)と浦部に人間関係の洗い出しを、三宅(演:桜田通)には事件当日の市川の足取りを追うよう指示。

自分は何をすればいいのか、と聞く青山には、蘭子に従えと言う。

社内を歩き回り事情を聴く蘭子を、追うように付いていく青山。何か分かったことがあるか、と聞くと、蘭子は社員たちが“変わらない”という決断をしている、と返した。

まるで意味が分からない青山は、大文字(演:椎名桔平)を訪ね、そのことを報告。すると、大文字は、蘭子が意図するのは「目的論だろう」と言うと、話し始めた。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『嫌われる勇気』2話の感想(予想)

ドラマ『嫌われる勇気』2話の予想を書きます。

ブラック企業で蘭子が唱える。アドラーの目的論とは?

2話では商品開発に追い込まれているブラック企業の社員達に、ついてのお話。ここで起きた事件について蘭子はこの社員たちが怪しいといっております。そして、社員たちの不満などを聞いていくうちにあるアドラーの心理学に気づきましたね。

それは椎名桔平さん演じる教授が『不満はあれど変わろうとしない人たち。アドラーが唱える目的論です。』

ブラック企業で働きたくないと思いつつも自分で辞めないことを決めている。だから変われないし、辞めることもできないといっているのかなと思います。

最後に刑事の青山も「あなたたちは変わらないための言い訳を探して、逃げていたんですよ」といってますね。

2話もどんどんアドラー心理学を勉強していきましょう。

蘭子が過去に誘拐されている?

あらすじ動画の最後に私は過去に誘拐されていると言っていますが、どういうことでしょうか?蘭子の今の調子をみると少し変わった少女かと思います。

どんなふうに誘拐を乗り越えて今があるのでしょうか?注目です!

 

ドラマ『嫌われる勇気』の1話のあらすじは

新ドラマ「嫌われる勇気」1話のあらすじと感想・心理学を用いた刑事を香里奈が演じる

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top