DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

ドラマ『過保護のカホコ』の2話のあらすじと感想・カホコが職を探す!

ドラマ『過保護のカホコ』の2話のあらすじと感想・カホコが職を探す!

ドラマ『過保護のカホコ』2話のあらすじと感想を一挙公開

ドラマ『過保護のカホコ』の1話が終了しましたね。

ここまで過保護だとは思いませんでしたね…。しかし、麦野との出会いでカホコの中で変わろうとしたものがありましたね。2話以降はどのようになっていくのでしょうか。

2017年7月19日(水)夜10時放送のドラマ『過保護のカホコ』2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』2話のあらすじ(ネタバレ)

自分は「人を幸せにするための仕事」がしたいのだと気づいたカホコ(演:高畑充希)に、母・泉(演:黒木瞳)は専業主婦になって家族を幸せにすればいいと勧め、父・正高(演:時任三郎)は娘の成長の兆しを感じていた。

カホコが大学の同級生・初演:竹内涼真)から「社会に出て働くのが怖いのではないか」と指摘されたことを知った泉は、まるで自分が言われたかのように憤るが、父親や親戚の職場見学をして理想の仕事を見つけたいと言うカホコに同行することに。

正高は会社に見学に来たカホコに自分の仕事を説明するが、なぜ今の会社に就職したのかという質問にうまく答えられず、警官の叔父・衛(演:佐藤二朗)と看護師の叔父・厚司(演:夙川アトム)は自分たちの仕事のキツい面やマイナス面がカホコには合わないのではないかと答える。

なかなかピンとくる仕事が見つからず悩むカホコは、初から勧められた色々な職業が紹介してある本を読み漁る。しかし、どの仕事もカホコには向いていない理由が見つかるばかり。泉は結局就職より花嫁修業をするのが一番の得策なのだと主張する。

そんな中、カホコはプロのチェリストを目指す従姉妹のイト(演:久保田紗友)にチェロを始めた理由を尋ねに行くが、ウィーン留学のかかったコンクールを目前にイトが手首の痛みを隠して練習を続けていることを知ってしまう。

周りに心配をかけないために黙っていてほしいと頼まれるカホコだったが、イトの両親を始め親戚一同が寄せるイトへの過剰な期待とプレッシャーの前にカホコはママに初めて秘密をつくる。

コンクール当日。勝手にイトの優勝を確信する親戚たちの中、カホコは自分しか知らないイトの手首の痛みに気が気でない。そして、とうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』2話の感想(予想)

『過保護のカホコ』の1話の感想と2話の予想を書きます。

『過保護のカホコ』の2話の感想。類まれに見る過保護

主人公のカホコは凄い過保護をされていましたね。母親はカホコが大学4年生になるまで、大学までの送り迎えをしており、お金もお弁当も何不自由なく生活していましたね。

しかし、その結果就職活動は上手く行かず、内定も0でした。これはどこを見ても雇いたくないですよね…。

カホコは一人の青年・麦野初に出会う。

麦野初はカホコとは真逆で自分でやりたい美術を最終的な仕事にしたいと日々努力します。しかし、カホコのような少女をみて、

「お前のような過保護が日本をダメにする」と言い放ちましたね‥。正論ですが、あれは厳しいですね…。

しかし、麦野は美術を頑張っているのにもかからわず、才能がないということで、大学の先生に諦めるように言われます。

この怒りもあり、再度カホコに本音をぶつけましたね。そして、カホコは麦野に言われた「何のために働くか」がわからなくなってしまったみたいです。これに麦野は…。

『過保護のカホコ』の相手役のキャスト。竹内涼真が青年・麦野初を演じる!?

カホコが初めてのアルバイトをする。

答えに答えるためにカホコは、麦野によりティッシュ配りのバイトをします。しかし、初めてのバイトであの渡し方は面白かったですね(笑)

アルバイトを初めてやったこともあり、夜遅くまでになってしまいましたね。さらに、その日はカホコの誕生日パーティの日でしたね。これに母親の根本泉がすごい心配しましたね。

それとは裏腹にカホコは初めての仕事にとても一生懸命働きましたね。その後食べるご飯はとても美味しかったので、カホコの中で答えがでましたね

「人を幸せにするために働きたい」

これにより、根本家の中でいろいろな変化がありましたね。麦野もカホコの絵を書いたことにより、少しだけ自信を持ち絵を続けることにしましたね。

『過保護のカホコ』2話の予想。

カホコは自分に向いている職業を探すことに。

1話で麦野と会話をしたとおり、自分の中できっと向いている仕事があると感じたカホコは、職探しをします。

きっとこれを見ていた父親の正高は、きっと今成長しようとしているところと感じて行動します。逆に母親の泉は、またそそのかされたと考えてしまいます。

今までにないカホコに両親はいい意味でも悪い意味でも気にするのかなと思います。

従姉妹のイトは手に怪我をしていた‥

プロのチェニストを目指していた従姉妹のイトが2話で、どうやら手を本格的に痛めてしまうみたいですね。

親からの期待で痛みを隠していた結果、これからずっとチェロができないかもしれないとなってしまい、きっとショックをうけるのかなと思います。

ここでカホコはイトに「あんたみたいな過保護に私の気持ちがわかるかよ」と言われてしまいます。

ここで過保護は麦野に抱きついて泣きます‥いろいろな意味で展開が気になる2話に注目していきましょう!

2話の感想と3話のあらすじは以下記事を参照してください

ドラマ『過保護のカホコ』の3話のあらすじと感想・カホコが麦野に恋をする!?

ドラマ『過保護のカホコ』の関連記事

ドラマ『過保護のカホコ』のキャスト(相関図)やあらすじ。主演は高畑充希!

過保護のカホコ(ドラマ)のキャスト。加穂子の母・根本泉を黒木瞳が演じる

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top