DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

IQ246(日9ドラマ)の第4話あらすじ(ネタバレ)と感想・汚れたピアニストVS沙羅駆

IQ246(日9ドラマ)の第4話あらすじ(ネタバレ)と感想・汚れたピアニストVS沙羅駆

2016年注目の秋ドラマ『IQ246』の第3話が終了しました。

賢正と沙羅駆の対決が面白かったですね。最終的にはやはり賢正はいい奴で終わりましたね。ふたりの活躍で第4話も事件を解決していきます。

2016年11月6日夜9時より放送するTBS系列のドラマ「IQ246」の第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想を公開します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「IQ246」第4話のあらすじ(ネタバレ)

とあるひ、大学病院勤務で外科系統括部長を務める医師の土門賢治(金田明夫)の他殺体が発見される。殺害場所は都内にある地上50階建てタワーマンションの最上階の一室であった。

凶器は土門の部屋にあった置物と果物ナイフの二つであった。現場の想定では土門は読書の最中、不意に背後から置物で頭部を殴られ、その後に果物ナイフで背中を二度刺されていたと完璧な殺人であった。

そんな被害者の土門は半年前に妻と死別し、子供もいないため一人暮らしであった。警察は、金品などが盗られている状況や、顔見知りの犯行だと思われるものがないため、強盗殺人だと判断する。

だが、犯行時刻とされる時間帯にマンションの十数台ある防犯カメラには不審人物は映っておらず、土門の部屋につながるエレベーターはコンピューター制御で50階に行くには暗証コードが必要なため、マスコミは事件を「天空の密室殺人」だと騒ぎ立てる。

面白そうな匂いがする事件の情報を嗅ぎ付け賢正(演:ディーン・フジオカ)奏子(演:土屋太鳳)と共に現場に乗り込んできた沙羅駆(演:織田裕二)

現場を検分し遺体に掛けられていたメガネと果物皿にあったグレープフルーツ、そしてジャズのCDばかりが並べられている棚の中に1枚だけある未開封のクラシックのCDに着目。

これだけのの物証から沙羅駆は土門の殺人はある仮説をたてる。強盗に見せかけた犯行ではないかと・・。怨恨の線で犯人を追うべきだと判断する。

そして沙羅駆はいくつかの手掛かりを頼りに、土門の部屋に残されていた唯一のクラシックCDの演奏者である女性ピアニスト・二本松由里(演:国仲涼子)に事情を聞きにいく

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「IQ246」第4話の感想(予想)

ドラマ「IQ246」第4話の予想を書きます。

次なる殺人事件はタワーマンション50階の天空の殺人?

次なる沙羅駆達の事件現場はタワーマンション50階での殺人事件。しかし、強盗殺人となっているも、犯行時刻付近の監視カメラには何も写っていません。ここで仮説をたてるとすると、犯人である何者かが、監視カメラをハッキングしたのかなと思います。

ハッキングすることでエレベーターの記録をその時間だけ消したりすることで今回の事件は成り立ちます。しかし、普通の人だとハッキングするのは不可能。そのため、今回も裏で引き金を引いているのは『M』ということになります。

『M』はネットのカメラから犯人を監視しているので、これくらいお手の物ではないかと思います。

犯人はピアニストの二本松

今回の犯人は二本松ということになりますが、被害者の土門とどのような関係だったのでしょうか?第4話の予告動画の中で、沙羅駆がある発言をします。

「怨恨と愛情は表裏一体だ」

これにより土門と二本松はできていたことになります。愛情のもつれから殺人をしてしまったのかと思います。そして、二本松は沙羅駆に

「もっと一緒に弾きたかった」

と発言しており、沙羅駆もまんざらでもなさそうです。おそらく、少し沙羅駆に恋愛?のような感情がついたのかと思います。

第4話も楽しんでいきましょう!

豪華キャストと相関図

ドラマ「IQ246」の豪華キャスト陣を以下記事にまとめましたので、ぜひ、見てみてください。

IQ246(新日9ドラマ)のあらすじとキャスト(相関図)を一挙紹介!

ドラマ「IQ246」の第1話から第3話のあらすじを公開

IQ246(新日9ドラマ)の第1話あらすじ(ネタバレ)と感想・法門寺家当主の沙羅駆現る

IQ246(日9ドラマ)の第2話あらすじ(ネタバレ)と感想・キルリストの黒幕は「M」

IQ246(日9ドラマ)の第3話あらすじ(ネタバレ)と感想・賢正の元恋人が犯人!?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top