DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

IQ246(新日9ドラマ)の第1話あらすじ(ネタバレ)と感想・法門寺家当主の沙羅駆現る

IQ246(新日9ドラマ)の第1話あらすじ(ネタバレ)と感想・法門寺家当主の沙羅駆現る

2016年秋ドラマの注目の日曜劇場は「IQ246」です。秋の毎週日曜夜9時を飾るのは織田裕二さん主演の探偵物のドラマ。

今回の役柄は天才の探偵。今まで踊る大捜査線シリーズでは熱血刑事役のイメージが強いため、どのような演技になるか注目度が高いです。特に世の中に出る機会が全くないという天才のため、周りの人たちにどんどん失礼なことを言うのも楽しみのひとつでもあります。

さらに豪華キャスト陣にはディーンフジオカさん、土屋太鳳さん、中谷美紀さんと揃えています。面白いドラマになること間違いありません。

2016年10月16日夜9時より放送するTBS系列のドラマ「IQ246」の第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を公開します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

IQ246第1話のあらすじ(ネタバレ)

北鎌倉に法門寺家という名家がある。やんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されてきた。その存在を知るのは今でもごく一部の人間のみ知っている。法門寺家は研究に力を入れており、ありとあらゆる学問を研究していた。その中でも犯罪研究に最も力を入れてきた家系。加えて、代々長男には“IQ246”の頭脳が遺伝する。

そんあ法門寺家の89代目当主である沙羅駆(しゃらく)(演:織田裕二)もIQ246を遺伝した天才だ。凡人が治めている世の中は沙羅駆にとって刺激が少なく、常に暇であった。

「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」

と言うのが沙羅駆の口癖であった。
そんなある日、警視庁の刑事である和藤奏子(わとうそうこ)(演:土屋太鳳)は突然捜査一課に配属された。捜査一課と言うと前線で凶悪の犯罪を取り扱い、捜査をするメインの課。しかし、彼女に与えられた任務は凶悪事件の捜査ではなく法門寺家当主の護衛。

東京の治安を守る警視庁の刑事がなぜ北鎌倉なのか・・。さらに法門寺家に配属された者は皆、一ヶ月以内に辞職するという噂がある・・。様々な謎を抱えたまま奏子は法門寺家を訪れる。お手伝いさんに案内された奏子は出迎えた男性に着任のあいさつをする。

しかしその男は沙羅駆ではなく、代々法門寺家に使える執事の89代目である賢正(けんせい)(演:ディーン・フジオカ)だったのだ。普通の生活を送っている奏子は執事がいること自体に驚く。

時を同じくして、暇に耐えることができずタクシーでこっそり、家を抜け出していた沙羅駆は偶然にも事件現場に出くわす。事件現場には女性の遺体があった。女性の他殺体を一目見た沙羅駆は被害者の人となりや、犯行の手口などを鮮やかに言い当てる・・。しかし、・・タクシーの代金を払えず、無銭乗車の罪で連行されてしまう。

しかし、法門寺家自体が国家的な機密事項のため、警視総監命令ですぐに自由の身となる。一方、沙羅駆逮捕の話をを聞いた賢正は奏子と共に警視庁を訪れる。何食わぬ顔で現れた沙羅駆は初対面の奏子の生活レベルや心情などをズバリ言い当てた。

その頃、変わり者の法医学専門医 監察医・森本朋美(もりもとともみ)(演:中谷美紀)は運び込まれた女性遺体を検分し、加害者をある程度絞り込む。これを聞いていた刑事が、沙羅駆という男が全く同じ見立てをしたと言う。これに対し、朋美はまだ見ぬ沙羅駆に心躍らせていた。

豪邸に戻った沙羅駆の所に、大金持ちである桜庭家の奥様がやってきた。奥様曰く、住み込みで働いていた寿司職人である宮島がいなくなったので探して欲しいとのことだ。

沙羅駆はイヤイヤながら聞き込みを始める。しかし、厨房で宮島が愛用していた包丁と砥石を見つけた沙羅駆は急に目を輝かせる。そして先ほどまでとは違い嬉々として聞き込みを続ける。

そのまま桜庭家のディナーに同席することになった沙羅駆は主賓のCMプランナー早乙女と知り合う。和気あいあいと食事会続く中、早乙女の携帯電話が鳴った。会社に強盗が入り部下が殺されたというのだ。失意の早乙女は会社に戻ると出て行くが、沙羅駆はなぜかその後を追いかける・・・。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「IQ246」第1話の感想(予想)

注目ドラマ「IQ246」の第1話の感想を書きます。

CMプランナーの早乙女が事件の主犯格であった

CMプランナーの早乙女は部下の一人を殺してしまいます。いつも部下が作っているCMを早乙女の名で発表し、数々の作品を受賞していた。しかし、部下の不安が募りゴーストライターであることを公表すると宣言。これに怒った早乙女が殺害を決行。

しかし、早乙女は桜庭家のディナー中にある刺客を会社に来ることを命令し、自らのアリバイを証明。しかし、沙羅駆は早乙女のそぶりや、早乙女の発表したCMに部下のメッセージに気がつきます。さすがにそこまで気づかないだろというところも推理してしまいます・・。

結論としては、寿司屋を殺した犯人の花屋の女性が、早乙女と組み今回の事件を誘発しました。複雑な二つの事件を見事に解決しました。面白かったのが、早乙女が証拠隠滅に花屋を殺そうとしましたが、それが奏子であり、大丈夫であったことです笑

今回の事件の主犯格で黒幕の「13」こと「M」

早乙女と花屋が出会うきっかけはある一通のメール。「13」と名乗る者からの「完全犯罪の方法」教えますというメールです。これにより、今回の事件は発生しました。

このことを聞いた沙羅駆は13はアルファベットの13番目で「M」と言いました。沙羅駆の顔はしかめっ面になっていたので、法門 寺家と何か関係があるのでしょうか?注目していきましょう!

ドラマ「IQ246」の第2話のあらすじ

ドラマ「IQ246」の第2話のあらすじは以下記事で紹介しています。

IQ246(日9ドラマ)の第2話あらすじ(ネタバレ)と感想・キルリストの黒幕は「M」

感想(予想)

注目ドラマ「IQ246」の第1話あらすじの予想を書きます。

物語は奏子が法門寺家に配属になるところからスタートします。沙羅駆と賢正と関わり、奏子にどのような変化が訪れるのか楽しみです。

法門寺家の謎。IQ246の沙羅駆

法門寺家は代々長男にIQ246が遺伝します。この頭の良さによって様々な事件を解決するのですが、なぜか隔離されています。これは頭が良すぎるが上に普通の生活では出てこれないということでしょうか。

警察の護衛もありますが、捜査協力 and 能力の高さより見張られている気がします。そのため、ずっと見張られ続けついに沙羅駆のような外に出る人物がいくつもの事件を解決していくという話になるのかなと思います。

後々に警察の権力者の事件に首を突っ込んだりとやっかいなことに巻込まれていくのかなと思います。第1話から楽しんでいきましょう。

豪華キャストと相関図

ドラマ「IQ246」の豪華キャスト陣を以下記事にまとめましたので、ぜひ、見てみてください。

IQ246(新日9ドラマ)のあらすじとキャスト(相関図)を一挙紹介!

ドラマ「IQ246」第3話の予告

IQ246(日9ドラマ)の第2話あらすじ(ネタバレ)と感想・キルリストの黒幕は「M」

 

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top