DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

HOPE(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想〜運命のプレゼン!

HOPE(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想〜運命のプレゼン!

毎週日曜日夜9時よりフジテレビ系列で放送されるドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第1話が終了しました。いや〜社会経験がある方なら一度は体験したことがあるようなことが第1話で放送されました。

プリンターはできないのはまずいでしょと思う方もいますが、囲碁しかやってなかったら確かに使うことはないですもんね笑

そんな社会の荒波に揉まれている主人公の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)が演じる歩がインターンの合否を決める最後のプレゼン試験に挑む第2話を注目してみていきましょう!

毎週日曜日夜9時から放送の「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の第2話(7月24日放送)のあらすじと感想を紹介したいと思います。(第2話の放送は7月24日夜9時30分からです)

※以後ネタバレ注意

 

【スポンサードリンク】

 

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

与一物産のインターンの最終日にプレゼン発表会がある。そのプレゼン発表でインターンの合否が決定する。一ノ瀬歩(いちのせあゆむ)(演:中島裕翔)はそのプレゼンパートナーに同期である人見将吾(ひとみしょうご)(演:桐山照史)とパートナーを組んだ。人見はプレゼンのテーマを「文化と貿易」と決めると、資料作りを歩に一任する。

その頃、歩のインターン配属先の営業3課長の織田勇仁(おだいさひと)(演:遠藤憲一)は、大手スーパーチェーンの社長・宮脇和久(みやわきかずひさ)(演:温水洋一)との商談に歩を同席させる。宮脇の会社は、自社ブランドのインスタントラーメンを作りたいと考えており、その際にタイに工場を建設するため、共同出資してくれる商社を探していた。

宮脇は、与一物産が今回のケースと似た案件に共同出資した際の参考資料を織田から受け取ると、前の打ち合わせが長引いているから待ってほしい、と言って一旦退席する。しかし、1時間ほど経ってから戻ってくると、次の約束があるからまた、連絡すると言い、織田の話を聞かずに帰してしまう。

安芸さんに今回のことを話すと「商談相手が同級生ほどやりにくものはない。ビジネスだからどんな関係でも上下関係はある。」と言う。歩は織田に「今回はいけそうですね」と軽はずみで言ったことを後悔した。

一方、歩のインターンの同期である桐明真司(きりあけしんじ)(演:瀬戸康史)と香月あかね(演;山本美月)達は、着々とプレゼンに向けて準備を進めていた。あかねは自分が歩を誘ったのは自分が目立つわけで声をかけたわけでないと言い、あかねは行ってしまう。歩も人見とともに、プレゼンの練習を続けた。

その 夜、再度宮脇と商談をしたが、全く相手にされなかった。他の商社の会社との価格調整に使ったのだ。そして、結局、織田は宮脇にバカにされ、商談は上手くいかなかったのだ・・・。

そして、プレゼン前日までひたすら練習を続けたのであった。資料作りは歩、スピーカーは人見であった。前日に歩と人見は明日の気合いを入れていた。そこで人見は歩に新しいスーツをもってきていたのだ。歩は母親がせっかく買ってくれたスーツでのぞみたいため、いらないと言った。

そこで2人は険悪なムードになってしまい、歩は「どうせ、君も、僕もコネだから、使いやすいって声かけてきたんだろ。僕だって本気で受かるなんて思ってないよ。」と言う。これに対して、本気で勝ちに行こうって思っていた人見は怒ってしまった。そのまま2人は仲直りできないまま最終プレゼン当日を迎えるのであった。

プレゼン当日、専務を含めた会社の偉い人たちがいる、異様な雰囲気の中で最終プレゼンテーションが始まる。インターンの同期は上手くいったり、失敗したりする人が出てきた。そして、ついに歩と人見の出番がやってきた。

人見が話始めると、明らかに人見の表情がおかしい。人見が話すと全くダメダメだ。緊張で頭が真っ白になってしまっていたのだ・・・。これを見ていてスライドを担当して歩が「僕が代わりに発表します」と言う。歩が話始めると、プレゼンの資料を丸暗記の棒読みな状態であった・・。これを見ていたインターン生、織田もこれは不合格だと思った。

これを見ていた人見は冷静さを取り戻し、自分に気合いを入れなおす。そして、歩の肩を叩き、再び人見がプレゼンスピーカーとなり、再開したのだ。その後の人見は全く別人のように完璧なプレゼンをした。これを見ていた歩は「岡目八目」と思った。

プレゼンが終わり、最終質問の際に、専務が歩に「パートナーに物を売るとしたら、何を売る?」と質問する。歩は考える・・。そして、歩は「スーツを売ります」と答える。

スーツは商社マンが毎日着るもので、そのスーツには様々な苦労が染み込んでいるなど、織田のことを思い浮かべながら語り、「誰もがここで必死に戦ってるんです」と言い、最後に

「スーツは個性を殺すものではなく、仲間の証なのです。一緒に戦う仲間としてこのスーツを売ります。」

これに対して、人見は買います。と答えプレゼンは終わったのだ。そして、織田課長にお礼を言い、歩の1ヶ月のインターン生活が終了するのであった。

普段の生活のある日、歩がバイト帰りに与一物産から電話があった。

2016年4月

人見と桐明とあかねは本社勤務だった。そして、あと1人。歩であった。この4人が合格したのだ。そして、歩は再び営業3課として、働き始めるのであった。

 

【スポンサードリンク】

 

感想

歩がついにやりましたね!新規配属が決定しました!

最後のプレゼント感動しましたね。「自分を成長させるために、誰もが必死に戦っているんです」という素晴らしい名言が生まれましたね。人見のフリーズの中のいピンチを救った歩は本当にすごく、感動しました。

また、最終的なインターン生同期の中で本社勤務は歩、人見、桐明、あかねの4人に決定しましたね。東大生の人が・・・・。歩はまた3課に配属になったので織田と安芸はすごい喜んでいたに違いありません。

この4人なら必ず、新人社員としての壁を乗り越えて、もっともっと上で働くことが期待できるような作品でした。第3話では新たな新メンバーが出てくるので楽しみです!

今回の名言「岡目八目」について記事をまとめましたので、ぜひ、観てください。

HOPE(ドラマ)で話題の「岡目八目(おかめはちもく)」とは?運命のプレゼン

 

関連記事

HOPE(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・新規配属!

HOPE(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想〜中島裕翔主演!

HOPE(ドラマ)の主題歌はスピッツの「コメット」で決定!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top