DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

はじめまして、愛していますの6ヶ月と子役は誰?

はじめまして、愛していますの6ヶ月と子役は誰?

毎週木曜夜9時から放送のドラマ「はじめまして、愛しています。」の注目度がとても高くなっております。今回のクールでの数少ないホームドラマとなっており、良い意味でも悪い意味でも第1話の放送で今後の視聴率に関わってくるかと思います。

やはり、今回は「特別養子縁組」制度について触れられており、尾野真千子さん演じる美奈と江口洋介さん演じる信次の夫婦の間に育児放棄により親から捨てられた子を、家族に迎えるというお話しです。”本当の家族”とは何かということをテーマに考えさせられるドラマになっております。

今回はドラマの中でも出てくる、6ヶ月という期間の意味と、男の子の役を演じた子役は誰?ということについて紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

はじめまして、愛していますの6ヶ月という期間の意味は何?

今回のドラマの中で梅田夫婦と男の子が家族になるために使用する制度が「特別養子縁組制度」ですが、制度を使用するのに期間として6ヶ月とありますが、この6ヶ月は何?と思った方も多いかと思います。この6ヶ月は簡単にお話ししてしまうと、梅田夫婦が男の子の親になるための試用期間ということになります。
※詳細な内容まで知りたい場合には別途検索をお勧めします。

民間の養子縁組団体を通すケースもありますが、養子をもらう場合には住んでいる地域の管轄の児童相談所を通さないといけません。児童相談所がこの夫婦にこの子供を預けても大丈夫か適正に判断をしてから、やっと子供を養子として迎えることになります。

このように6ヶ月という期間の間に、児童相談所の職員は様々なことを調べたり、夫婦と複数回面談を行ったりします。一人の命をこの人たちが本当に幸せにすることができるか?ということを何回も何回も会って判断するのと同時に夫婦にも一人の命を背負っていく準備と覚悟をしてもらうことにもつながるからです。

また、子供の多くは前の親の影響で傷ついている子が多く、その子達に同じような悲劇を繰り返さないためにも慎重になっているのです。子供のための養子縁組制度なのです。

そのため、今回の梅田夫婦の場合にも恐らく、一時的に男の子を預かるということになりますが、しっかりと”本当の家族”として男の子を育てることができるかどうかを、余貴美子さん演じる堂本真知が職員として判断することになると思います。夫婦以外にも周りの家族なども見られるため、そこも一つの試練になるのかなと思います。

また、「特別養子縁組」「普通養子縁組」とは違い、家庭裁判所を通して、戸籍上も全て 実親との権利を切り、新たな夫婦の戸籍に長男・長女と入ることになり、実親との関係を完璧に切ってしまうので、すごい慎重な調査が必要になってきます。そのため、今回の「はじめまして、愛しています。」でも男の子を自分たちの家族として向かい入れ、”本当の家族”になれるのか?という観点で6ヶ月の期間が設けられているのです。

そのため、とてもナイーブな内容になるため、難しいとホームドラマになるのかなと個人的には感じています。

 

【スポンサードリンク】

 

はじめまして、愛していますの男の子の子役は?

今回、梅田家に新たに家族となるかもしれない男の子役は誰か?と注目が集まっています。こちらに関してはまだわかっていないため、分かり次第更新していきます。

 

まとめ

今回のドラマ「はじめまして、愛しています。」では「特別養子縁組制度」を使い、男の子を梅田家の家族として迎えいれようとしますが、本当に男の子がこの家族で幸せに過ごすことができるかどうかの試用期間として”6ヶ月”の期間がもたれることがわかりました。子供のための養子縁組制度のため、しっかりと審査される様子が描かれるかな?と思います。

ドラマ中では恐らく、二人に大きな試練が何度も待ち受けているのかな?と思います。信次の弟や妹の行動や言動も壁の1つになったり、美奈の父親もまた壁の1つになったりと・・・

そして、最後にはきっと男の子にも名前がつき、梅田家の長男としてぜひ、”本当の家族”としてなってほしいです。

週木曜日夜9時よりテレビ朝日系で放送のドラマ「はじめまして、愛しています。」をぜひ、観てみてください。

 

関連記事

はじめまして、愛しています。第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

はじめまして、愛しています。のキャストと相関図を紹介!

はじめまして、愛していますの主題歌は槇原敬之の「理由」決定!!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top