DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

グ・ラ・メ!(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・10万人が失業?

グ・ラ・メ!(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・10万人が失業?

金曜ナイトドラマに観るとご飯が食べたくなるドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」の第1話が終了しました。

今シーズンのドラマの特徴でしょうか、できる女性が多いですよね。くるみが元総理大臣と現総理大臣の会食も一人で担当するなんて、普通であったら考えられませんよね。料理も美味しそうで、お腹が空くドラマですが、第2話も美味しい料理を楽しみです。

 

 

2016年7月29日放送のドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」」の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

【スポンサードリンク】

 

グ・ラ・メ!(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

梶原前総理の会食で見事に現総理の阿藤一郎(あとういちろう)(演:小日向文世)のピンチを救った女性シェフ・一木くるみ(演:剛力彩芽)。そんなくるみに早速次なる仕事が入ってきた。フランス駐日大使を招き、官邸で昼食会が開かれることになった。総理の料理番になったくるみは大使の出身地や来日歴を調べ、料理の準備をする。

一方、今まで官邸食堂総料理長として、来賓をもてなす際に全てを取り仕切っていた清沢晴樹(きよさわはるき)(演:高橋一生)は、自分が海外出張中で日本にいない間にくるみを招きいれた総理の政務秘書官・古賀征二(こがせいじ)(演:滝藤賢一)に怒りを覚えていた。

古賀にくるみについて言うも、古賀の有無を言わせぬ態度に清沢は”皇帝の微笑み”と呼ばれる、余裕の笑みを浮かべるのであった。

昼食会当日、くるみは思いがけないがけない出来事に直面する。大使の口にくるみの鮎の魚料理が合わなかったのだ。しかし、その窮地を清沢の肉料理が救い、大使は機嫌よく帰っていったのだ。

清沢はくるみのソースを舐め、入っているものを全て当てて、くるみは鮎の味を殺したと言い、「料理にメッセージを込めるなどとはこざかしい!」とくるみのポリシーを真っ向から否定。くるみは清沢の言葉を聞き、ただ立ち尽くす・・。清沢は料理人は裏方に徹する職人でならないと言うのであった。

その頃、古賀は総理の阿藤一郎(小日向文世)に、「一木くるみを使い続けるには、清沢をうまく使うことも必要かと・・」とアドバイスしていた。

そんな中、次なるくるみの仕事となるのは、シンガポールの一流企業『ネプチューン・コーポレーション』の女性CEOであるオリビア・リー(演:ジュディ・オング)を官邸の昼食会だ。

日本の電子メーカーに出資をしていた『ネプチューン・コーポレーション』は現在資本撤退を考えている。もしもその話が現実になれば日本は巨額の損失を出し、国内で10万人の失業者が発生する。日本経済にも大きな影響を与えることになると危惧した阿藤はなんとかリー会長の撤退を阻止したいと考える。

阿藤はくるみと清沢の二人に、10万人の失業者を阻止する為に、それぞれが最高の料理を作り会長をもてなすよう命じる。昼食会を翌日に控え、時間のない中準備を始めた途端、リー会長からとんでもない要求が申し渡される!それはアレルギーの問題であったのだ。

牛、豚、鳥、全ての肉、内臓などの肉類がアレルギーのため、使用することができないとなった。急遽メニュー変更をしないといけなくなったくるみと清沢は肉類を使わない料理に変更した。

再度、リー会長から連絡があり、魚介類も全てNGとの連絡がきたのだ、再度くるみと清沢はメニューを野菜中心に変更した。料理を作っている最中にくるみはあることに気づいた。そして、厨房を出ると阿藤総理と再び階段で出くわしたのだ。そして、「危急存亡のとき」のときは”秋”と書くと言われ、三国志はよくわからないことが書いてあるから読んだ方が良いと進められる。最後に「こっちが困っている時は相手も困っている時」と言われるのであった。

当日になり、清沢は料理を完成ささえていたが、くるみはひたすら本を読んでいた。

清沢がリー会長に野菜を中心とした料理を出した。リー会長は「日本人に騙されてばかりと言い、日本人はズル賢い」と言う。その後に清沢はメインに野菜を中心としたパヌケを出した。リー会長は美味しいが、この料理は「普通の料理ねどこにでもある。」と言い、「この料理は日本の産業そのものといえそうですわね。よくできたモノマネというか、独創性を感じないというか、普通に美味しいけど心を少しも動かされない。」と言い放つのであった。

その頃、くるみはまだ、三国志を読んでいて、リー会長の発言を思い出した。そして、「Cnfection(料理開始)」と言い、料理を始めるのであった。

くるみが出した料理は「鶏の肋骨と里芋のガレット〜レンコンのチップ添え 京にんじんソース〜」

鳥の骨を粉々に潰して作った料理であったのだ。これにリー会長は阿藤へ「鳥の骨を食べさせる。私への当てつけですか。」と聞く。

阿藤は頭を下げ、昔、リー会長が研究員時代に発見した技術を会社に奪われたことを話す。リー会長は今度は日本から奪う番だと言う。ここで阿藤は

「それで本当にいいのでしょうか?それで、終わりですか?わたしはこのガレットを大変美味しくいただきました。せいぜいスープをとったら捨ててしまう鶏の骨がこんなに美味しくいただけるとは思いませんでした。いかがですかリー会長。料理に鶏の骨がいかされたように、我々も互いに捨てるには惜しい仲だとは思いませんか?この料理のように1つになれることができるはずです。」

そして、再度阿藤は頭を下げる。一国の総理が一企業のトップにすぎないリーに頭を下げたことにより、リーは日本撤退を辞めると言うのであった。無事に10万人の失業者が出なくて済んだのだ。

【スポンサードリンク】

古賀征二は頭を下げたのがまずかったのでは?と阿藤に問うとある資料を渡される。「ネプチューン・コーポレーション」の売り上げの多くは日本で出しているので当分撤退はないとのことだった。そのため、相手が拳を下ろす機会をさぐるために阿藤は頭を下げたのだ。

無事に終わったが清沢のプライドはズタズタのままであった・・・。

 

 

感想(予想)

ドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」」の第2話の予想を書きます。

第1話では海外出張中で不在であった料理長の清沢がついに帰ってきて、くるみの前に現れますね。予想になりますが、おそらく清沢も総理のもとで料理を作ってきたため相当な腕があると思います。

さいしょは二人は対立しますが、どんどん二人の仲は良くなり、最終的には最高のパートナーになったらいいなと思います。くるみは今まで孤独との戦いだったので、おそらくすごい嬉しいと思います。

また、ドラマを観ていると美味しい料理がたくさん出てくるため、観るときには空腹には気をつけることをお勧めします笑

第2話もどんな美味しい料理が出てくるか楽しみです!

感想

ドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」」の第2話の感想を書きます。

ついに清沢を演じる高橋一生さんが出てきましたね。お昼の会食の時は大活躍でしたが、リー会長との料理ではボロボロにされてしまいましたね。しかし、くるみのソースを舐めた時に何が含まれているが、一瞬でわかってしまいました。そのため、能力はすごい高いので今後も活躍してもらいたいです。

個人的にはあのオラオラしているようなしてるような感じが好きです笑

また、くるみの料理にメッセージを込めるのが見事に総理を助けているので、第3話もすごい楽しみにしていきましょう!次回はデザートです!

関連記事

グ・ラ・メ!(ドラマ)第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想・2つの事件?

グ・ラ・メ!(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・ご飯食べたい

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top