DramaWaves

DramaWaves

2016年夏ドラマ(7月〜9月)

グ・ラ・メ!(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・ご飯食べたい

グ・ラ・メ!(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・ご飯食べたい

金曜ナイトドラマに観るとご飯が食べたくなるドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」が始まります。時間は毎週金曜日の夜11:15からスタートとなります。

今回の主演はドラマは当分休止すると発表した剛力彩芽さんがなんと、復活しました!そして演じるのは主人公の一木くるみで総理の料理番いわゆる総理のシェフ役です。剛力さんがどんな料理を作るのかが楽しみです。

そして共演者陣にはとても豪華な俳優さんを揃えており、小日向文世さん、滝藤賢一さん、高橋一生さん、新川優愛さん、内藤理沙さんという深夜なのにも関わらず豪華なメンバーになっています。

どんなドラマになっていくのかとても楽しみです。

2016年7月22日放送のドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」」の第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想紹介していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

グ・ラ・メ!(ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想

とある高級料亭の奥座敷で向かい合う内閣総理大臣の阿藤一郎(あとういちろう)(演:小日向文世)と”政界のご意見番”こと大口潤三(おおぐちじゅんぞう)(演:団時朗)。最高級の旬の食材を使った料理で大口をもてなすはずが、大口はなぜかいっこうに料理に手をつけない。

会合の雰囲気が悪くなる一方の中、料亭の中居(演:剛力彩芽)が大口にある料理を出す。その料理をきっかけにこの重苦しい会合の雰囲気は一変する。

その会合に同席していた総理の政務秘書官・古賀征二(こがせいじ)(演:滝藤賢一)は、料理の板長に何を出したか尋ねるも、その料理には覚えがないと言う。ふと、板場での中居の動きを思い出した古賀は、すぐさま中居の行方を探させる。その中居こそ、25歳にしてパリのグラン・メゾンで腕をふるっていた女性シェフ・一木くるみであったのだ!

翌朝、いつものように古書店で料理レシピを読み漁っていた。くるみは一度読むとレシピを暗記することができるのだ。そんなくるみのところに「総理大臣官邸に来るように」と電話が入った。総理官邸の入り口などの厳重な警備の中、官邸を訪れたくるみは、そこで昨日の料亭での出来事について古賀に尋ねられる。大口に出したあの料理についてだ。香辛料のクローブを入れた夏野菜の煮付けを出したのだ。

くるみは大口が歯痛であったため、夏野菜にクローブを入れることにより、鎮痛作用をがあり歯痛を収めたのだ。これはくるみのファインプレーであったのだ。

さらに、官邸を開かれた場にするための政策の一環として70年ぶりに総理任命の“官邸料理人”を復活させるという案も聞かされ、その職に就くようお願いされる。古賀はくるみがどこの店にいっても人間関係で苦労し、ホールか仲居しかできないことを指摘する。くるみは怒る。

しかし、くるみは他のお店から誘いがあるので一度は断ったのがたが、次々誘いがあったお店に断られる。古賀が根回しをし、すべてのお店のくるみの採用を断るように仕向けたのだ。よって、くるみは官邸料理人のオファーを受けざるを得ない事態に発展しまう、古賀はくるみの才能はあるが、男社会の人間関係に揉めていたから活躍できなかった、だったら、お前が働くのはここでしかない、ここで働けと言うのであった。

くるみは「私は逃げません。やります。」と言う。

しかし、突然のくるみの抜擢に、それまで官邸で料理人として働いていた副料理長の中田龍二らは猛反発する。料理長は出張でいないのでそんな勝手なことができないと。しかし、古賀は上の命令だから従えと言う。しかし、くるみの指摘に料理人たちは圧巻し、しぶしぶ料理を手伝おうと思う中、くるみは1人でやると言う。そのため、くるみ田村友和(たむらともかず)(演:三宅弘城)と2人というピンチの状態の中、翌日に控えた阿藤総理と梶原前総理(演:中尾彬)の会食の料理を作ることになる。

配膳室を新たに総理官邸調理室として、新たなスタートをきり、くるみは一式の鍋や調理の準備をするのであった。そして、総理の会食相手の梶原前総理の経歴や、なぜ、会食を行うのかなどの細かいところまで調べる。そして、その時に一番あった料理を作ることになる。今回、アメリカの新聞社に阿藤総理を”冷めたスープ”という風に酷評した社説があった通り、反対勢力は阿藤総理を辞任させようとしており、それを梶原前総理が引導を渡しにくるのでは?と言われている。

そのため、くるみは「総理を辞めさせない料理」を作ることが今回の使命と考える。

一度リハーサルとして、フルコースの料理を作るもくるみは納得がいかない表情であった。その日の帰り、総理官邸の階段でくるみが疲れて座っていると。声をかけてくる男性がいた。なんと、阿藤総理であった。阿藤総理も座っていたのだ。少し会話をして、くるみが「総理はやる気はありますか?」と聞く。阿藤は「ないように見えるだろう」と笑顔で答る。

ついに会食の当日が来る。

梶原元総理は阿藤総理に「今日知りたいのは君がやる気があるのか知りたい」と言い、スタートした。その頃、くるみは昨日の総理の会話を思い出し、昨日つくったフルコースを辞め、メニューを一品にするといった。メニューを思いついたくるみは「Cnfection(料理開始)」と言い、料理を始める。

そして、くるみは料理を会食の場に振る舞う。くるみが振る舞った料理はなんと冷めたスープに入ったリゾットであった。これを飲んだ梶原前総理は「ぬるい」と言い、「冷めたスープと呼ばれた男が、ゲストに冷めたスープを出してくるとは、何のつもりだね」と言い怒りをあらわにする。そこに、くるみが鍋をもってやってくる。

その鍋の中には熱々の石が入っており、冷めたスープの中に入れる。すると料理の水分が抜けリゾットが完成する。

料理名は〜海のリゾット 情熱の石仕立て〜

熱々の料理が完成し梶原前総理は大喜び。そして、阿藤総理は「冷めたスープが今の日本なら、この石は首相阿藤一郎。改革はまだまだこれからです。しかし、必ず変えてみせます。先生、何卒ご指導ご鞭撻を」と言い、自分は冷めてみせていると伝え梶原前総理は笑い、会食は無事にいった。阿藤総理は辞めなくて済んだのだ。

会食終了後阿藤はくるみにグランメゾン、総理官邸に最高のレストラン(グラメ)を作りたいと言う。くるみはそれに協力すると言う。

その頃、官邸大食堂の総料理長である清沢晴樹(きよさわはるき)(演:高橋一生)が海外出張から帰ってきて、くるみの存在を知って、ライバル視するのであった。
 

【スポンサードリンク】

 

感想(予想)

その会食を上手くいくにはその時のお店の雰囲気や料理によって変わってくると言います。人は美味しいものをお腹いっぱい食べると幸福度があがり、商談などもどんどん進むみたいです。今回のくるみの料理を出したことによって、大口さんの満足度があがり、総理との会合が上手くいったのではないかと思います。

そのような重要な役割が剛力彩芽さん演じる天才シェフくるみです。予想ですが、これからも総理がどんどん偉い人と会合する時に、どのような相手が好みかをくるみが把握し、腕をふるっていくのだと思います。

どんどん美味しい料理がでるので、お腹を空かせないようにきをつけてみていきたいと思います。

 

感想

ドラマ「グ・ラ・メ〜総理の料理番〜」の第1話の感想を書きます。

最初観た時はこのドラマはどんなドラマか?ということがなかなかわからず、料理番組ということでしかわかりませんでした。しかし、剛力彩芽さん演じるくるみがここから、総理の料理番になってからは、ここから総理と一緒に料理で政治を動かしていくということがわかりました。

人は幸福度の高い、満腹の状態で買い物をすると商品を買いやすいという心理があります。それと同じように、政治で何かを決定するような時にその雰囲気に合わせて美味しい料理を食べることにより、最高のおもてなしをされたと思い、こちらの意図していた意思決定にいきやすいのかなと思いました。

今回の冷めているスープからのリゾットは美味しそうでした・・・

そんな風に総理と会食する人の特徴やこれから話をする内容によって、くるみが全く違う料理を作っていきます!ご飯が食べたくなる番組ですので、料理にも注目していきましょう!

関連記事

グ・ラ・メ!(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・10万人が失業?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top