DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

石川五右衛門(ドラマ)の第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・小雀が権八に恋

石川五右衛門(ドラマ)の第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想・小雀が権八に恋

2016年注目の秋ドラマの毎週金曜放送の「石川五右衛門」の第3話が終了しました。

第3話では石田三成の策略により、五右衛門一家ははめられてしまいましたが、なんとか抜け出しました。しかし、明かに五右衛門を成敗しようとする黒幕がいます。第4話はどのようになるでしょうか。

2016年11月4日(金)夜8時に放送するドラマ「石川五右衛門」の第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「石川五右衛門」第4話のあらすじ(ネタバレ)

ある夜更け、五右衛門(演:市川海老蔵)百助(演:山田純大)小雀(演:高月彩良)は、両替商・大黒屋に盗みに入っていた。しかし、小雀が歯痛を耐えられす、金銀銭が大量に入った麻袋を落としてしまい盗みが発覚。五右衛門らは何も盗らずにその場を去らざるをえなかった。

翌日、小雀は茶店でひょんなことから若侍・山中権八(演:山本裕典)と出会い、歯痛に効くという草の練り薬を渡される。半信半疑で使ってみると瞬く間に歯の痛みが消えた・・・。

その後、白波夜左衛門一座が身を寄せる奥山公継(演:益岡徹)の屋敷に招かれ、草の道を極めるために国を出たと語る権八。ところが夜左衛門は、権八がぞんざいに扱う刀が備前の名刀だと見抜き、素性に不審を抱く。そんな夜左衛門の思いとは裏腹に小雀は権八に心を惹かれていく。

一方、豊臣屋敷で茶々(演:比嘉愛未)は、五右衛門に「いつかアンタを盗む」と言われたことを思い出すが、豊臣秀吉(演:國村隼)に訝しがられ、思わず秀吉から天目茶碗を賜るも病に伏せている大名である深田頼近(演:片岡愛之助)の名を出す。

快復の兆しのない頼近の病に気を揉む中、奈々(演:AnJu)が権八の存在を明かし薬草をつかってみることに。数日後、公継と権八と共に深田屋敷へ赴いた夜左衛門は、天目茶碗の在り処を秘かに探している中、なんと頼近に素性を見抜かれてしまう。

機転で乗り切った五右衛門は、家老・大木辰馬(演:本田博太郎)から剣術指南役・本庄茂平次(演:池内万作)を紹介された折、権八と茂平次の間に緊張が走ったことに気づく。その晩、権八が闇討ちに遭い、間一髪のところを夜左衛門が助けるが…。
権八の正体、そして小雀の恋の行方は?石田三成(演:丸山智己)と大木がそれぞれある陰謀を企てる中、五右衛門は驚天動地な計画を立て・・・。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「石川五右衛門」第4話の予想(感想)

ドラマ石川五右衛門の第4話の予想を書きます。

小雀が権八に恋をしてしまい、やりにくい事態に

小雀は歯痛に悩まされたところに、権八の薬草のおかげで、すっかりとよくなります。女性は弱っている時に優しくされると弱い生き物ですので、この優しさに恋をしてしまいます。

その頃、五右衛門は権八の剣術の扱いに、ただの草の道を極めるとの発言を疑いますが、小雀が恋をしているので、とてもやりにくい状態に。

しかし、剣術指南役・本庄茂平次と権八が会った時に緊張が走り、闇討ちに会ったため、この二人には何か関係があることは間違いありません。ここで五右衛門が助かるので、二人で協力して何かするのではないかと思います。

深田頼近を演じる片岡愛之助に注目

第4話のゲストキャストとして片岡愛之助さんが登場します。深田頼近の役を演じますが、病に悩まされているので、どのような役を演じるか楽しみです。

石川五右衛門のキャストを紹介

今回、天下の大泥棒石川五右衛門を支える仲間達は以下キャスト陣で構成されています。

金曜8時の新ドラマ石川五右衛門のあらすじとキャストを紹介!主演は市川海老蔵!

ドラマ「石川五右衛門」第1話から第3話のあらすじと感想

第1話のあらすじは以下記事で紹介しています。

石川五右衛門(新ドラマ)の第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・天下の大泥棒石川五右衛門

石川五右衛門(ドラマ)の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・百助の過去とは

石川五右衛門(ドラマ)の第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top