DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

石川五右衛門(ドラマ)の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・百助の過去とは

2016年注目の秋ドラマの毎週金曜放送の「石川五右衛門」の第1話が終了しました。

五右衛門を演じた市川海老蔵さんが格好良かったですよね。秀吉の傲慢に唯一手出しをできるのが五右衛門だからこそ、ヒーロになりました。

第2話では五右衛門一同の百助の話です。楽しんでいきましょう!

2016年10月21日(金)夜8時に放送するドラマ「石川五右衛門」の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「石川五右衛門」第2話のあらすじ(ネタバレ)

夜左衛門(演:市川海老蔵)一座が身を寄せる奥山公継(演:益岡徹)の屋敷に、馴染みの人気力士・岩川次郎吉(いわかわじろうきち)(演:渡辺裕之)が息子の礼三郎を連れて訪ねて来る。

宴の席で百助(演:山田純大)は、息子のように可愛がる礼三郎から岩川の想い人を捜して欲しいと頼まれる。だが、その相手は何と秀吉が愛する茶々(演:比嘉愛未)であった。豊臣屋敷での相撲で見初めたという。

百助がとある提案を夜左衛門、金蔵(演:前野朋哉)小雀(演:高月彩良)にする。なんと石川に茶々を合わせるために、茶々をさらうというのだ。3人は呆気にとられるが、奈々(演:AnJu)から茶々が豊臣秀吉(演:國村隼)の許しをえて、お忍びで都見物を行う情報を得る。桃介はこの話にすっかりその気になってしまった。

実は百助が岩川親子に肩入れする背景には、死んだ息子と女房への思いがあった・・。 そんな折、花街で飲んでいた百助は、羽振りの良い市原九太夫(演:金山一彦)に目をとめる。

勧進相撲の勝ちクジの元締めで、役人が見ないことをいいことに、からくり屋敷内で違法の勝ちクジを売り、金儲けしているという情報を得る。

翌日、勧進相撲の会場で岩川と鉄ヶ嶽(演:脇知弘)が真剣に戦いを繰り広げる中、支度部屋に戻った岩川のもとに「息子を返して欲しければ結びの一番で鉄ヶ嶽に負けろ」と文が届き、困惑する。

その頃、会場を抜け出していた礼三郎は浪人に捕まってしまった・・。
一方その頃、町娘に扮した茶々は、前田玄以(演:榎木孝明)や奈々ら護衛の者に守られ、街を散策していた際、路地裏を浪人たちがささっと走っているのを目撃

彼らが抱える麻袋に礼三郎が入れられているのを見た茶々は、護衛が目を離した隙に急いで後を追うが・・。岩川親子の運命は?そして、五右衛門と茶々の禁断の恋が動き出す!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「石川五右衛門」第2話の予想(感想)

ドラマ石川五右衛門の第2話の予想を書きます。

岩川の恋に肩入れする百助の過去とは

第2話では、力士である岩川の恋に百助が肩入れします。その相手が茶々ということで、五右衛門一同は呆れますが、は百助はやる気満々です。

おそらく、百助は死んだ女房と息子に関して思い入れが、岩川を本当の息子のように思ったのかなと思います。第1話でも餓死しそうになった親子を助けました。ここにつながっているのかなと思います。

茶々と次朗吉の恋は?

茶々がお忍びでで都を歩いていると捕まった礼三郎を見つけます。おそらく、ここから茶々がついていき、物語が進展していきます。もしかしたら、茶々が捕まってしまい、五右衛門が助けるのかな?と思います。

ドラマ「石川五右衛門」第2話も楽しんでいきましょう。

石川五右衛門のキャストを紹介

今回、天下の大泥棒石川五右衛門を支える仲間達は以下キャスト陣で構成されています。

金曜8時の新ドラマ石川五右衛門のあらすじとキャストを紹介!主演は市川海老蔵!

ドラマ「石川五右衛門」第1話のあらすじと感想

第1話のあらすじは以下記事で紹介しています。

石川五右衛門(新ドラマ)の第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・天下の大泥棒石川五右衛門

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top