DramaWaves

Menu

2017年春ドラマ

ドラマ「CRISIS(クライシス)」7話のあらすじと感想・平成維新軍と全面対決!

ドラマ「CRISIS(クライシス)」7話のあらすじと感想・平成維新軍と全面対決!

注目のドラマ『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』7話のあらすじと感想を一挙公開

『クライシス』第6話の放送が終了しましたね。

まだまだ謎が多い特捜班ですが。。。次なる敵は1話から出ている平成維新軍です!

2017年5月23日(火)夜9時放送のドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」7話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」7話のあらすじ(ネタバレ)

テロリスト集団・平成維新軍がテロを思わせる犯行予告を出し、鍛治(演:長塚京三)は警視総監の乾(演:嶋田久作)から特捜班をフル稼働させて阻止するように命じられる。

しかし、平成維新軍の標的は不明で、手がかりもゼロとあって、稲見(演:小栗 旬)や田丸(演:西島秀俊)ら特捜班メンバーも今回はテロを未然に防ぐ手立てが思い浮かばない。

そんななか、ハッカーだった頃に平成維新軍の前身と思われる組織に所属していた大山(演:新木優子)は、犯行予告に記された一節が、以前、自分が仲間の一人に教えた言葉だと指摘。

“坂本”と名乗るその人物の素性はおろか、性別すら知らないが、当時、偶然手に入れたメールアドレスを元に本人の居場所を特定できると言う。

大山が調べた情報によって、特捜班は坂本(演:今井悠貴)を拘束。一見ごく普通の高校生に見える坂本は、吉永(演:田中哲司)の取り調べに表情一つ変えず、無言を貫くが、大山が“岡田”を名乗っていたかつての相棒だと分かると、徐々に口を開き始める。

そして、権力を持つ大人に深い憎悪を抱いていることが判明するも、平成維新軍によるテロ計画については決して口を割らない。

さらに、大山は自宅から押収した坂本のパソコンから情報を抜き取ろうとするが、パスワード解析が一向に進まない。

このままでは予告通りテロが起きてしまう――。一度は諦めかけそうになるも、稲見が発した“ある言葉”を受け、意を決して再びパソコンに向かった大山は…!?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」6話の感想と7話の(予想)

ドラマ『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』6話の感想と7話の予想を書きます。

6話の感想 爆弾テロ班の里見は元公安の刑事であった

6話でまさかの事実がわかりましたね。カルト教団の爆弾魔事件を起こしていた里見は元々公安の刑事であったということです。当時里見は公安の潜入捜査ということで、「神の光教団」に入っていました。

能力が高い里見はそのまま幹部候補まで上がり、公安に戻ることをずっと待っていました。そして、地下鉄を爆発させるということを教祖に伝えられ、情報を公安に流しました。

しかし、これによって里見は警察に助けられることがなく、もう行くしか無いということで、爆発を実行してしまいました。確かに本当は光と思っていた警察に何も助けられなかったのに絶望してしまったのはわかる気がします。。。

11年ぶりに里見が現れた理由は?

当初、里見が現れた理由は地下鉄の爆発かと思っていましたが、実は“ある男”を殺害するためだったのです。それは当時の里見の上司でもあり今の警視総監の乾です。

数週間前の新聞に乾が警視総監になった記事を呼んだ里見が、怒りを覚えて今回の犯行にいたりました。最終的には間一髪のところで里見を捕まえられましたが、里見は最後にお前らもすぐに見捨てられるぞと忠告しました。

これにより特捜班の全員の表情は少しこわばりましたね。。。今後どうなるのでしょうか?

稲見はどんどん闇の世界に入ろうとするも。。

稲見は5話、6話でどんどん警察組織について疑いを持ってしまいます。これによって闇の方に行くかなと思いきや、携帯の画面に「天使」と書かれた女性から電話がかかってきました。

これは4話くらいでナンパした大学職員の野崎萌香三演じる松永芳ですね。田丸が言っていた、自分が通常の世界に戻るきっかけが芳になるのでしょうか?

野崎萌香さんについては以下記事を参照してくださいね。

CRISIS(クライシス)(ドラマ)のキャスト。大学職員・松永芳(はな)を野崎萌香が演じる

【速報】ドラマ「CRISIS」の第8話のあらすじを紹介します。

ドラマ「CRISIS(クライシス)」8話のあらすじと感想・次なる敵は神の光教団!?

ドラマ「クライシス」7話の予想

平成維新軍の中枢の人物を拘束

特捜班の大山は元々は平成維新軍の元凶の組織に所属していたことが、過去の話ででてきましたね。今回は平成維新軍がテロを起こすことを知った特捜班は、なんとかして防ごうとします。

坂本を名乗る人物はどのような情報をもっているのでしょうか?私の予想ですと坂本龍馬からとられた“坂本”のため、次のテロの実行日などを把握しているのかなと思います。

そのため、何とかしてテロについて情報を聞き出し、特捜班が取り押さえるのかなと思います。

大山が活躍する7話

新木優子さん演じる大山が平成維新軍のできる前の組織に所属していたため、活躍する回ですね。

大山は元々“岡田”を名乗っており、今回拘束した坂本の元相棒でした。そのため、今回のお話で大山はきっと今の社会の腐っていることなどを聞くと思います。

コレに対して、大山は稲見のように感情を変化させるのでしょうか?特捜班の一人の心情はどのように変化するか注目です。

新木優子さんについては以下記事を参照してくださいね。

CRISIS(クライシス)のキャスト。大山玲を演じる新木優子の過去のドラマや映画を公開!

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」の関連記事

新ドラマ『CRISIS(クライシス)』のあらすじやキャスト。主題歌や脚本全て公開

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」の過去のあらすじ

ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話のあらすじと感想・政治家の息子を助ける!

CRISIS(クライシス)ドラマの2話あらすじと1話感想・平成維新軍とは?

ドラマ「CRISIS(クライシス)」5話のあらすじと感想・稲見が暴力団に…

ドラマ「CRISIS(クライシス)」6話のあらすじと感想・VSカルト教団!?

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top