DramaWaves

DramaWaves

2017年春ドラマ

ドラマ「CRISIS(クライシス)」5話のあらすじと感想・稲見が暴力団に…

ドラマ「CRISIS(クライシス)」5話のあらすじと感想・稲見が暴力団に…

注目のドラマ『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』5話のあらすじと感想を一挙公開

『クライシス』第4話の放送が終了しましたね。

野間口徹さん演じる樫井が活躍した回でしたね。しかし、助けられるはずの命を助けられなかったのはとても複雑な気持ちですよね…。

2017年5月9日(火)夜9時放送のドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」5話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」5話のあらすじ(ネタバレ)

暴行罪を装って警察の留置場に潜入した稲見(演:小栗 旬)は、暴力団員の沢田(演:杉本哲太)に接近し、興味を引くことに成功する。

実は、沢田が所属する仁愛工業は、政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いがあり、今回、その証拠集めを命じられた特捜班。稲見は、初めてとなる潜入捜査を任されていた。

しかし、沢田に気に入られ、仁愛工業の幹部らとも顔を合わせた稲見は、彼らがそんな狡猾な連中とはどうしても思えない。

さらに、次第に人を騙すことに罪悪感を抱くようになってしまう稲見。田丸(演:西島秀俊)は、そんな稲見にかつて自分が潜入捜査をした時の経験を話して聞かせる。

その頃、鍛治(演:長塚京三)は官房長官の神谷(演:石黒賢)に呼び出され、今回の特捜班の任務について、ある指示を受けていた――。

晴れて仁愛工業の一員として認められた稲見は、沢田から薬物の取引があると教えられる。会長の護衛として稲見も同行することになるが、取引の報告を受けた警察上層部は、チャンスにも関わらず、なぜか直前で摘発を見送るという。

危険な取引に身を置く稲見を案じて、吉永(演:田中哲司)、田丸、樫井(演:野間口徹)、大山(演:新木優子)ら特捜班のメンバーは、稲見を追尾して取引現場へと向かうが…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」5話の感想(予想)

ドラマ『CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜』5話の予想を書きます。

小市慢太郎を演じる有馬丈博教授は公安に脅されていた

有馬はミサイルの専門家であった有馬教授は昔、ハニートラップにひっかかり相手国にミサイルの設計図を要求されていたみたいですね。

有馬教授は怖くなり、公安に相談をしたことで偽の設計図を相手国に渡すように言われ、その設計と図を書いている内に自分は何をやっているんだろうと思ったみたいですね。

公安にもう辞めたいと言っても、スパイ容疑で捕まると脅され、有馬教授は自暴自棄になり、相手国にも公安にも見捨てられる形で今回の事件が起きました。

そして、国の意向により有馬教授をたすけれませんでしたね。。。最後に有馬が「国家を信用するな」と言った言葉が今後の、ドラマの大きな敵を生み出したのかなと思います。

またしても救えなかった特捜部

3話では平成維新軍の犯人二人を。4話では有馬教授を助けることができませんでしたね。このまま特捜部達の黒い気持ちはなくなるのでしょうか?

5話のあらすじ。稲見が暴力団に潜入するも・・。

稲見は暴力団の仁愛工業に潜入します。これは政治家を恐喝している疑惑があったため、この事実を確認するために潜入しました。しかし、稲見は仁愛工業がそんなことをするのかな・・?と疑問を思っていました。

これに対してアドバイスするものの。。。

国は麻薬の取引を事前に知ったのにも関わらず、見送ったとあったため、また国が何かしらの理由で裏から手を引いたのかなと思います。。事件を解決できるのでしょうか?

第6話のあらすじは以下記事を参照してくださいね。

ドラマ「CRISIS(クライシス)」6話のあらすじと感想・VSカルト教団!?

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」の関連記事

新ドラマ『CRISIS(クライシス)』のあらすじやキャスト。主題歌や脚本全て公開

ドラマ「CRISIS〜公安機動捜査隊特捜班〜」の過去のあらすじ

ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話のあらすじと感想・政治家の息子を助ける!

CRISIS(クライシス)ドラマの2話あらすじと1話感想・平成維新軍とは?

ドラマ「CRISIS(クライシス)」3話のあらすじと感想・VS平成維新軍

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top