DramaWaves

DramaWaves

2017年春ドラマ

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。三笠洋平を笑点の司会・春風亭昇太が演じる

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。三笠洋平を笑点の司会・春風亭昇太が演じる

ドラマ『小さな巨人』のキャスト!春風亭昇太が三笠洋平を演じる。役柄や過去の出演作などを紹介

2017年春ドラマの注目に「小さな巨人」があります。時間帯はTBSの日曜夜9時からの“日曜劇場”です。前クールでは高視聴率をマークしたドラマ「a life ~愛しき人~」と同枠になりますが、今回も高視聴率をマークしたまま迎えることができるのでしょうか。

お話は主人公・警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎が今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍を見せるも、ある日の事件の失態により、警視庁から所轄の刑事に飛ばされてしまった。元々の部下より下になってしまい、窮地に追い込まれる中で、警視庁に返り咲くことができるかというストーリー。

そんな香坂を可愛がる上司である三笠洋平を演じるのは、春風亭昇太さんです。春風亭昇太さんと言えば、2016年からテレビ番組『笑点』の司会を務めていますがどのような演技をするのでしょうか。

そんな今回はドラマ『小さな巨人』で三笠陽平を演じる春風亭昇太について基本情報や過去の出演ドラマ、ドラマでの役柄について紹介します。

【速報】第10話のあらすじを公開しました↓

小さな巨人(ドラマ)の10話(最終回)のあらすじと感想・真犯人は香坂の父親!?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『小さな巨人』のキャスト・三笠洋平を演じる春風亭昇太とは!?

基本情報は以下のようになっています。

名前:春風亭昇太(田ノ下雄二)
生年月日:1959年12月9日
出身地:静岡県静岡市
職業:落語家
所属:落語芸術協会

春風亭昇太さんは知っている方も多いかと思いますが“落語家”として有名でそのルーツは大学の時でにあります。1978年に東海大学入学後、ラテンアメリカ研究会に入ろうと思ったけど部室がしまっていたため、その隣の落語研究会で待っている時に稽古を見て、楽しくなり入部しました。

そして、徐々に落語の力をついてきたため、学生時代にテレビ東京の『大学対抗落語選手権』に挑戦し優勝。その後、落研の先輩のすすめでテレビ朝日の『ザ・テレビ演芸』に漫才コンビ、ザ・まんだらーずとして出演。初代グランドチャンピオンになったのを期に大学を中退し、1982年(昭和57年)、春風亭柳昇に入門した。

そこから落語界でも確かな力をつけ、2005年(平成17年)には落語を題材にしたテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演し、自ら出演俳優らに落語の演技指導も行っていました。この時から徐々にテレビ向けの番組も入ってきました。

そして、翌年の2006年に『笑点』の回答者として、大喜利メンバーに加入しました。この時は懐かしいですね〜。歌丸さんが司会者になるため、メンバー補充という形で昇太さんが抜擢されましたね。

独特の面白さと“独身”ネタをいじられるのが笑いを誘っていましたね。そして、そんな歌丸師匠が2016年に『笑点』の司会者の後継者として、春風亭昇太さんが選ばれました。今では自分より年上が多い大喜利メンバーを楽しく回しています。

そんな乗りに乗っている春風亭昇太さんは過去にドラマや映画に出演していたのでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

過去に春風亭昇太が出演したドラマや映画は?

春風亭昇太さんが過去に出演したドラマや映画を紹介したいと思います。

※一部抜粋

□映画

1994年 「免許がない!」・・・映画会社に融資している銀行の行員 役
2001年 「忘れられぬ人々」・・・八百屋の店員 役
2008年 「落語娘」・・・画喫茶の男 役
2012年 「映画館落語 かもめ亭 第二弾」・・・本人 役
2014年 「ふしぎな岬の物語」・・・柴本孝夫 役

□ドラマ

1993年 「はぐれ刑事純情派PART VI」・・・落語家 役
2005年 「タイガー&ドラゴン」・・・ 林屋亭どん吉 役
|
2014年 「大河ドラマ 軍師官兵衛」・・・毛屋主水 役
2015年 「大河ドラマ 花燃ゆ」・・・平六 役
2015年 「下町ロケット」・・・柳井哲二 役
2017年 「大河ドラマ おんな城主 直虎」・・・今川義元 役
2017年 「小さな巨人」・・・三笠洋平 役

以上が春風亭昇太さんの過去の出演歴ですが、様々なドラマには出演しているものの、今回のドラマ『小さな巨人』が連続ドラマにしっかりと出演する初めての機会になります。

2015年の日9ドラマ『下町ロケット』では、小さな役柄ながらも柳井哲二役としてドラマに出演していましたよね。落語みたくボケるのかな?と思いながら普通の演技をしていてびっくりしましたね。

お笑い芸人や落語家の人はテレビ慣れや演技慣れしている部分もあるため、春風亭昇太さんも味のある演技をしてドラマを盛り上げてくれるのかなと思います。

そんな春風亭昇太さん演じる三笠洋平はどんな役柄なのでしょうか。

 

ドラマ『小さな巨人』で春風亭昇太が演じる三笠洋平はどんな役?

三笠洋平は元々警視庁の捜査一課長であり、現所轄の署長です。そんな中、主人公でもある香坂真一郎をとても可愛がっており、センスの良さも見抜いていました。

そんなある日、香坂が大きな事件を解決する活躍をしているため、祝勝会をしようとした張本人で、この日に香坂の運命がガラッと変わってしまいました。

そして、香坂が所轄に飛ばされ、再び三笠の下で働くようになりました。警視庁の時と同じ働きをする、香坂に手を焼くしまつ…。

そんな三笠のライバルに香川照之演じる小野田義信があります。お互いの実力は認めていますが、小野田のやり方には納得いかないため、ドラマ内でも様々なぶつかりをみせます。

今後香坂と小野田などこの二人との関係にどう変化が訪れるのでしょうか。

小野田義信を演じる香川照之さんについては以下記事を参照してくださいね。

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。香川照之が課長・小野田義信を演じる

感想

今回はドラマ「小さな巨人」のキャストである春風亭昇太さんを紹介しました。

連続ドラマにしっっかりと演じるのが今回が初めてのため、どのように演技していくのか注目していきましょう。

ドラマ『小さな巨人』の他キャスト陣の紹介

以下記事にキャスト陣をまとめましたので、気になる方はぜひみてくださいね。

新ドラマ『小さな巨人』のあらすじやキャスト。主題歌や原作も紹介!

主人公の香坂を演じる長谷川さんについては以下記事を参照してくださいね。

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。長谷川博己が香坂真一郎を演じる。

香坂の同僚の渡部久志さん演じる安田顕さんについては以下記事を参照してくださいね。

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。安田顕が香坂の同僚・渡部久志を演じる

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ

新ドラマ『小さな巨人』の1話のあらすじと感想・エリートから所轄へどん底からのスタート

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top