DramaWaves

DramaWaves

2017年春ドラマ

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。長谷川博己が香坂真一郎を演じる。

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。長谷川博己が香坂真一郎を演じる。

ドラマ『小さな巨人』のキャスト!長谷川博己が香坂真一郎を演じる。役柄や過去の出演作などを紹介

2017年春ドラマの注目に「小さな巨人」があります。時間帯はTBSの日曜夜9時からの“日曜劇場”です。前クールでは高視聴率をマークしたドラマ「a life ~愛しき人~」と同枠になりますが、今回も高視聴率をマークしたまま迎えることができるのでしょうか。

お話は主人公・警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎が今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍を見せるも、ある日の事件の失態により、警視庁から所轄の刑事に飛ばされてしまった。元々の部下より下になってしまい、窮地に追い込まれる中で、警視庁に返り咲くことができるかというストーリー。

その中の主人公である香坂真一郎を演じるのが長谷川博己さんです。多くのドラマに出演してきて、今回日曜劇場に大抜擢されました。刑事という役柄ですがどのように演じ、返り咲くことができるのでしょうか。

そんな今回はドラマ『小さな巨人』で役を演じる長谷川博己について基本情報や過去の出演ドラマ、ドラマでの役柄について紹介します。

【速報】第10話のあらすじを公開しました↓

小さな巨人(ドラマ)の10話(最終回)のあらすじと感想・真犯人は香坂の父親!?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『小さな巨人』のキャスト・香坂真一郎を演じる長谷川博己とは!?

基本情報は以下のようになっています。

名前:長谷川博己(長谷川博己)
生年月日:1977年3月7日
出身地:東京
職業:俳優
家族:長谷川堯(父親)
所属事務所:ヒラタオフィス

一、二年前だと長谷川博己さんと聞いてもまだ知ってい人が少ないでしたが、今では一役有名俳優になりましたね。そんな長谷川さんは中央大学文学部を卒業後の2001年に入所し、2002年に初舞台でした。普通は早い段階でスカウトなどがきていますが、長谷川さんは地道にきています。

長谷川さんは舞台俳優として活躍していたため、40歳なのに過去に見たこと無いな〜と思った人も多いかと思います。そして、2006年に準座員から座員に昇格するも同年に退座しています。

そして、2007年に芸能事務所に入り、2010年放送のNHKドラマ『セカンドバージン』で注目を集めます。2011年の、テレビ東京『鈴木先生』で民放ドラマに初出演し、同年の『家政夫のミタ』で一気に注目されます。

なんと言っても、2016年7月に公開された映画『シン・ゴジラ』で主演を務めたことで一気に、トップクラスの俳優となりました。シン・ゴジラの影響か、今では高視聴率枠になっている日曜劇場に今回、初主演を務めることになりました。

40歳にして今輝いている俳優さんと言っても過言ではありません。今作が成功することでもっともっと上に行くのかなと思います。

過去に長谷川博己が出演したドラマや映画は?

長谷川博己さんが過去に出演したドラマや映画を紹介したいと思います。

※一部抜粋

□映画

2011年 「セカンドバージン」・・・鈴木行 役
2013年 「映画 鈴木先生」・・・ 主演・鈴木章 役
2015年 「進撃の巨人」・・・シキシマ 役
2015年 「劇場版 MOZU」・・・東和夫 役
2016年 「二重生活」・・・ 石坂史郎 役
2016年 「シン・ゴジラ」・・・主演・矢口蘭堂 役

□ドラマ

2009年 「BOSS」・・・川野昭夫 役
2011年 「鈴木先生」・・・ 主演・鈴木章 役
2011年 「家政婦のミタ」・・・阿須田恵一 役
|
2015年 「デート〜恋とはどんなものかしら〜」・・・谷口巧 役
2017年 「小さな巨人」・・・主演・香坂真一郎 役

ここ最近のドラマや映画では結構な出演しています。その中でも確かにそうだったな〜と思うのが、2011年の『家政婦のミタ』です。

主演が松嶋菜々子さんということで、印象が薄かったですが、たしかに長谷川博己さんがダメダメなお父さんを演じていることが懐かしいですよね。子供達にも信用されずじまいでしたが、ミタのおかげで意識が変わっていましたね。

また、月9ドラマでもあった「デート〜恋とはどんなものかしら〜」では、主演の杏さんのフィアンセとして、恋愛力ゼロ・恋愛感情ゼロの「どこか欠点のある男女」の恋愛ドラマで、印象的でしたね。なかなか見たことないドラマを観た感覚に近いです。

そして、なんといってもシン・ゴジラで内閣官房副長官・矢口蘭堂を務めて一役時の人になりました。今回は刑事を演じるのですが、どのようなドラマになるのでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『小さな巨人』で長谷川博己が演じる香坂真一郎はどんな役?

長谷川博己さんが演じるのは主人公の香坂真一郎です。

香坂は警視庁捜査一課強行班1係長で捜査本部事件を解決する程活躍しており、ノンキャリの中ではトップとも言える捜査一課長の椅子が見えている人物の一人でした。

3度目の捜査本部事件の祝勝会に、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(演:春風亭昇太)現捜査一課長・小野田(演:香川照之)と会食をしていました。

会食が終わった後に、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう…。そして、次の日に“飲酒状態の刑事、車を破損”という記事を報道され、監察官に上司の小野田が(香坂が)お酒を飲んだことを打ち明け、香坂は所轄に飛ばされてしまいます。

今まではエリートコースに行っていたのにもかかわらず、いきなりの所轄異動に戸惑い、がむしゃらに事件に立ち向かうも今までとは違った捜査を命じられる苦しい役どころに。

香坂はもう一度捜査一課に戻ることができるのでしょうか?自分を飛ばした原因でもある、小野田とはどのように接していくのか注目です。

感想

今回はドラマ「小さな巨人」のキャストである長谷川博己さんを紹介しました。

今回の役どころは元々警視庁の人間で、所轄に飛ばされてしまった刑事です。きっと所轄の刑事にも警視庁にも煙たがられる難しい役どころですが、どのように演じるのか注目していきましょう!

ドラマ『小さな巨人』の他キャスト陣の紹介

以下記事にキャスト陣をまとめましたので、気になる方はぜひみてくださいね。

新ドラマ『小さな巨人』のあらすじやキャスト。主題歌や原作も紹介!

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ

新ドラマ『小さな巨人』の1話のあらすじと感想・エリートから所轄へどん底からのスタート

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top