DramaWaves

DramaWaves

2017年春ドラマ

小さな巨人(ドラマ)の6話のあらすじと感想・2章早明学園編!

小さな巨人(ドラマ)の6話のあらすじと感想・2章早明学園編!

ドラマ『小さな巨人』6話のあらすじと5話の感想を一挙公開

ドラマ「小さな巨人」の5話が終了しましたね。

ついに芝署編の一番の黒幕である、三笠署長を倒しましたね。香坂の師匠でもり、飛ばされる原因となった一人です。

これにて1章が終わりましたが、小さな巨人は6話から2章が始まります。

2017年5月21日(日)夜9時放送のドラマ「小さな巨人」6話のあらすじ(ネタバレ)と5話の感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「小さな巨人」6話のあらすじ(ネタバレ)

捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂(演:長谷川博己)は、「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一(演:井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(演:中村アン)に相談される。

その学園の専務・富永(演:梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。

また、小野田(演:香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(演:木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。

香坂は、山田(演:岡田将生)や祐里(演:芳根京子)と早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(演:和田アキ子)を紹介される。

金崎と富永から失踪事件の聴取をすると「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」と言われるのだった。

しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する——。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「小さな巨人」6話の予想と5話の感想

三笠署長が黒だった・・。

4話の最後に三笠署長が黒だったということで、香坂達は証拠集めに入ります。風見京子が屋上から落ちた時のUSBの破片を証拠品として三笠署長がもっていると確信。ここから香坂含めた所轄が動きます。

署長室へ入り込んだ所轄でしたが、ダメでしたね。そして、タイムリミットの午前5時までに証拠品を探します。

証拠品は証拠室の中に

三笠署長は証拠品を証拠室へ隠しました。5000個ある証拠品の中から香坂達所轄は探し始めます。その行動に小野田の命令により、捜査一課も協力。中田隆一の逮捕状を発行する午前5時まで香坂達は探し続けます。

そして、ついに午前5時に山田が見つけました。そして、中田隆一の海外逃亡を阻止しました・・。見事に捕まりましたね。

三笠署長については、逮捕されずに他の署へ異動になりましたね。三笠署長がゴーンバンク社長を通じて、天下りを斡旋していたため、上により三笠署長が厳重処分されない経緯でしたね。今後香坂達はどうなるのでしょうか?

香坂は豊洲署へ異動になる。

香坂は新聞社へのリークにより、豊洲署への異動がでました。新たな戦いに香坂は挑む。

6話の予想。第2章は「早明学園編」

第1章の芝署編が終了しましたね。

第2章では新たな戦いが待っています。それは早明学園でのある失踪事件です。今回の敵は和田アキ子を演じる学校法人早明学園の理事長・金崎玲子です。どのような強敵でしょうか。

2章の物語では、梅沢富美男さん演じる学園の専務である富永がでてきます。富永は元捜査一課長でもあり、小野田を一課長の座に引き上げた人間です。そして、香坂の父親とも深い関係がある人間です。香坂の過去とはどのようなものでしょうか?

6話のあらすじと7話の感想は以下記事を参照してくださいね

小さな巨人(ドラマ)の7話のあらすじと感想・山田が緊急逮捕される!?

ドラマ『小さな巨人』の豪華キャスト陣紹介

ドラマ『小さな巨人』のあらすじやキャスト。主題歌や脚本、原作も公開!

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ

新ドラマ『小さな巨人』の1話のあらすじと感想・エリートから所轄へどん底からのスタート

小さな巨人(ドラマ)の4話のあらすじと感想・香坂が懲戒免職!?

小さな巨人(ドラマ)の5話のあらすじと感想・芝署編が完結する。

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top