DramaWaves

DramaWaves

2017年春ドラマ

小さな巨人(ドラマ)の5話のあらすじと感想・芝署編が完結する。

小さな巨人(ドラマ)の5話のあらすじと感想・芝署編が完結する。

ドラマ『小さな巨人』5話のあらすじと5話の感想を一挙公開

ドラマ「小さな巨人」の4話が終了しましたね。

まさかまさかの展開になりましたね。香坂たちは犯人は小野田と思っていましたが、違いましたね・・・。

2017年5月14日(日)夜9時放送のドラマ「小さな巨人」5話のあらすじ(ネタバレ)と5話の感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「小さな巨人」5話のあらすじ(ネタバレ)

香坂(演:長谷川博己)は、山田(演:岡田将生)とともに内通者を暴き出すために罠を張る。そこに現れたのは、三笠署長(演:春風亭昇太)だった!
だが、100%となる確証がないため逮捕までには至らない。

すべての真相を暴こうとするが、小野田捜査一課長(演:香川照之)から「内通者が所轄のトップにいるのであれば、捜査情報が漏れる恐れもある。所轄は指示があるまで待機」と言い渡されてしまう。

そんな中、芝署では待機の間でもできることはあると渡部(演:安田顕)ら署員と資料に目を通す。すると、自首してきたアリサ(演:佐々木希)が、隆一(演:加藤晴彦)から預かったUSBを警察に提出していたことを知る。

それは京子(演:富永沙織)のものであり、少し曲がっていて端も欠けていた。京子が飛び降りたときに、衝撃でUSBが欠けたのではないかと仮説を立て現場に向かうが、破片は見つからない。さらに、鑑識の報告にもなかった。

だが長年、三笠の下で働いていた香坂は、鑑識が入る前に三笠が証拠を持ち去っている可能性がある、と捜査を始める。

ドラマ「小さな巨人」5話の予想と4話の感想

小野田一課長と中田和正との現場を抑えられなかった

新聞記者へのリークをした香坂が、小野田一課長とゴーンバンク社社長の中田和正が会う現場を突き止めようとしましたが、小野田の勘で会えませんでした・・・。

しかし、小野田は香坂と実際二人で会いましたが、確証を得られませんでしたね。そして、なんとか山本アリサを落とした香坂であったが。。。

犯人は三笠署長だった

小野田一課長が犯人だと思われていましたが、山本アリサの家に行ったところにいたのは三笠署長でした。これまでの犯人は小野田一課長に見えて、内通者は三笠署長でした。

今までの香坂の行動を実は三笠が全てバラしていましたね。

そして、その証拠が5話であきらかに。。

小さな巨人(ドラマ)のキャスト。三笠洋平を笑点の司会・春風亭昇太が演じる

 

【スポンサードリンク】

 

【速報】第6話のあらすじを公開しました↓

小さな巨人(ドラマ)の6話のあらすじと感想・2章早明学園編!

ドラマ『小さな巨人』の豪華キャスト陣紹介

ドラマ『小さな巨人』のあらすじやキャスト。主題歌や脚本、原作も公開!

ドラマ『小さな巨人』のあらすじ

新ドラマ『小さな巨人』の1話のあらすじと感想・エリートから所轄へどん底からのスタート

小さな巨人(ドラマ)の2話のあらすじと1話の感想・香坂の新たな戦いがスタート

小さな巨人(ドラマ)の3話のあらすじと感想・ついに佐々木希が事件の参考人に

小さな巨人(ドラマ)の4話のあらすじと感想・香坂が懲戒免職!?

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top