DramaWaves

DramaWaves

2016年秋ドラマ(10〜12月)

キャリア〜掟破りの警察署長〜(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・運命共同体

キャリア〜掟破りの警察署長〜(ドラマ)第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想・運命共同体

2016年秋クールの日曜9時放送のフジテレビ系ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の第1話が終了しました。

遠山金志郎の初出勤でしたが、大活躍しました。ちょっといつもと違うテイストの刑事ものドラマでしたが、面白かったですね。キャリアが自ら動くことで解決するのはなかなかありません。ここから叩き上げの南とどのように関わっていくのか楽しみですね。

2016年10月16日夜9時放送の注目ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

新ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想

署長の遠山金志郎(演:玉木宏)の考案により、北町署では子供たちを集めた署内見学会が行われていた。その案内係に命じられたのが実里(演:瀧本美織)だ。美里は言うことを聞かない子供たちにたいして、手を焼いていた。

その中の一人の男の子友樹(演:松浦理仁)が、「これでオオカミ男を捕まえられる?」といって手錠を持ち出し、金志郎と南(演:髙嶋政宏)を手錠でつないでしまう。さらに手錠の鍵を飲み込んでしまったのだ。幸い友樹にケガはなかったが、鍵は自然に出てくるのを待つしかなく、金志郎と南はしばらく手錠で繋がったままに・・・。

そんな騒動の中、金志郎は、女性の悲鳴が聞こえたという通報に目を止める。金志郎は、通報者の女性を北町署に呼んで話を聞く。女性によると、悲鳴は友樹の家。大鳥家から聞こえてきたのだと証言をする。友樹の母である真理恵(演:霧島れいか)に会い、彼女が夫からDVを受けているのではないかと疑う実里であった。

実はそのころ、南たちはである駅前のマンションで会社社長の愛人が殺害された別の事件を追っていた。社長の弁護士を務める友樹の父親である敦彦(演:飯田基祐)から証言を得ようとしていた。

敦彦にDV疑惑があることを知った南は、この時期に彼と揉め事を起こすわけにはいかない、と言う。被害届も出ていない以上何もできないと主張する。「どうしてあげたいですか?」と金志郎から問いかけられた実里は、真理恵の元を訪れるが・・。

 

【スポンサードリンク】

 

新ドラマ『キャリア〜掟破りの警察署長〜』の第2話の感想(予想)

キャリア〜掟破りの警察署長〜の第2話の予想を書きます。

第2話では金志郎と南が手錠でつながれてしまう。

署見学に訪れていた少年の友樹によって、金志郎と南は手錠で繋がれてしまいます。南は金志郎のことが嫌いなため、これは苦痛の日々ですが、どうなってしまうのでしょうか。徐々に南が金志郎に心を開くきっかけになるのかなと思います。

そして、友樹は手錠をかける時に「これでオオカミ男を捕まえられる?」と発言しており、ここで言うオオカミ男=父親の敦彦ということを暗にしめしております。母親が暴力されているのが、子供ながらにSOSを出しているのかと思います。

金志郎はDV夫の敦彦を成敗することができるのか

DV夫である敦彦は南の別の事件の重要な参考人となっています。しかし、曲がったことを見過ごせない金志郎はきっと、ここで敦彦を成敗するのかなと思います。

最初は妻の真理恵は、何も言わないですが、実里のおかげで徐々に自分の被害を話事件解決につながると思います。

「キャリア」第2話も楽しんでいきましょう。

第1話のあらすじを紹介

キャリア〜掟破りの警察署長〜(新ドラマ)第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想・金志郎初出勤

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top