DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

僕たちがやりました(僕やり)の8話のあらすじと感想・市橋がまさかの??

僕たちがやりました(僕やり)の8話のあらすじと感想・市橋がまさかの??

ドラマ『僕たちがやりました』(僕やり)8話のあらすじと感想を一挙公開

注目ドラマ『僕たちがやりました』(僕やり)7話が終了しましたね。

なんとか助かったトビオは新たな人生をはじめましたが…、どうなってしまうのでしょうか。

2017年9月5日(火)夜9時放送のドラマ『僕たちがやりました』(僕やり)8話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』8話のあらすじ(ネタバレ)

ついに蓮子(演:永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(演:窪田正孝)。

飯室(演:三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、気がかりなのは蓮子に思いを寄せる市橋(演:新田真剣佑)のこと。

2人の仲を打ち明けようと病院を訪ねるが、市橋の唯一の身内だった祖母が亡くなったと知り、言いそびれてしまう。

一方、伊佐美(演:間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(演:川栄李奈)のアパートへ。ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵に、なぜか別れを切り出されあ然としてしまう。

マル(演:葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。

イセン(演:今野浩喜)は飯室から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(演:古田新太)の居所を突き止める。そこに向かうとパイセンの異母弟・原野玲夢(演:山田裕貴)が輪島の指示を受け、無防備な男を暴力で痛めつけていた。

勇気を振り絞って輪島の前に飛び出し、息子だと名乗るパイセン。だが、輪島から告げられた残酷な事実にがく然とする。

同じ頃、トビオは、市橋が足の完治は絶望的だと医者に宣告されたことを知る。そもそも、全ての原因は自分にあると思い悩みながらも、市橋を支えたいと思い、仲を深めるトビオ。

少しの希望を見出すが、蓮子との仲を打ち明けられず、複雑な思いを抱えていた。もんもんとするその様子に気づいた市橋は「言いたいことあんじゃねえのか?」とトビオに声をかけた…。

自分たちの起こした事件に、それぞれの決着をつけようとするトビオたち4人。そんな彼らを待ち受けているのは、希望か、それとも…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』8話の感想(予想)

ドラマ『僕やり』7話の感想と8話の予想を紹介します。

「僕やり」7話の感想。トビオは奇跡的に助かる

トビオはわざと屋上から飛び降りましたね。この時にもし、助かるなら人生をやり直そうと決めていました。そのため、同じ病院にいた市橋に対しても、フランクに話しかけました。

そして、トビオは人生をかえるために、市橋に積極的に話かけたりしていました。この2人が話すのはとても面白いですね笑

パイセンは親の愛を確かめに行く

パイセンは一度も親父でもある輪島とあったことがありませんでした。これによって菜摘を通して輪島を探しにいきました。

そこで菜摘について知ることになりました。菜摘の両親は昔、輪島にお金を借りて、自殺することになってしまいました。そして、輪島を恨んでいたんですね。

ここからパイセンの輪島を探す旅が始まる。

僕たちがやりました(僕やり)のキャスト・パイセンを今野浩喜(元キングオブコメディ)が演じる。

宇佐美は被害者に謝りに行く

宇佐美は今宵とことをしようとしますが、リトル伊佐美がたたないことになりました。そこで、ヤバ高校の爆破被害者を供養参りすることにしました。

終わりと同様にあることがわかりました…。それは今宵が妊娠していたことです…。

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』のキャスト。川栄李奈が今宵(こよい)を演じる

市橋とトビオは仲良くなる

市橋とトビオは合わない二人でありましたが、トビオの猛攻撃で話しかけ、仲良くなりました。市橋もトビオのことをしっかりと認めましたね。

そして、トビオはリハビリの先生と仲良くなり、一緒にデートする中に…。

トビオと蓮子が近づく

トビオが先生とのデートを終えると、蓮子がいました。蓮子と市橋とのことやいろいろなことを会話し、二人のわだかりもなくなり、キスをしました。

そして、蓮子と結ばれることになりました。。。

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』のキャスト・永野芽郁が蓮子を演じる。過去のドラマや映画は?

『僕やり』8話の予想。幸せな人生になるかと思いきや…。

トビオがついに蓮子とつながりましたね。幸せな生活がつかの間まさかの展開になります…。。

市橋がまさかの展開になる

トビオと市橋は怪我をしてからとても仲良くなりましたが、8話でまさかの市橋の唯一の身内である祖母がなくなってしまいます。

そして、ときが経ち、トビオが市橋に蓮子と付き合っていることを報告します。市橋はきっとよろこんでくれるでしょう。

しかし、市橋は自分の足がもう、治らないことを知り、混沌となってしまい、、、。トビオにメッセージを残し、とある展開に…。まさかの結末の第8話です。

 

ドラマ『僕たちがやりました』の過去あらすじ

僕たちがやりました(僕やり)の1話のあらすじと感想・青春逃亡ストーリー

僕たちがやりました(僕やり)の5話のあらすじと感想・真犯人登場!?

僕たちがやりました(僕やり)の6話のあらすじと感想・菜摘が怪しい!?

僕たちがやりました(僕やり)の7話のあらすじと感想・犯人はトビオ達だった!?

ドラマ『僕たちがやりました』の関連記事

ドラマの豪華キャスト陣については以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『僕たちがやりました』(僕やり)のキャストやあらすじ。主演は窪田正孝!

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top