DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

愛してたって、秘密はある。(愛ある)の1話のあらすじと感想・11年前の秘密が暴かれる

愛してたって、秘密はある。(愛ある)の1話のあらすじと感想・11年前の秘密が暴かれる

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(愛ある)1話のあらすじと感想を一挙公開

前クール『フランケンシュタインの恋』が放送されていた日テレ枠に今回は福士蒼汰さん主演の『愛してたって、秘密はある。』がスタートします。

福士蒼汰さん×川口春菜さんのコンビはどのような物語を演じるのでしょうか?

2017年7月16日(日)夜9時放送のドラマ『愛してたって、秘密はある。』(愛ある)1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』1話のあらすじ(ネタバレ)

弁護士を目指す司法修習生の黎(演:福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(演:川口春奈)と交際中。

黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎。しかし、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、中学生だった黎は、父の皓介(演:堀部圭亮)が母の晶子(演:鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを目撃。

晶子の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を殴り殺してしまう。黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。以来、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(演:白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習中。自分が人を殺してしまったことから、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。

爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(演:遠藤憲一)だったのだ。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判のコワモテ検事。

「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」と、取調べのように立花に詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

そんな中、黎のもとに不気味なメールが届く。

差出人は不明だが、黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているようで…。

誰かが自分の秘密を知っている…その事実におびえる黎。しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず、次々と黎の身に降りかかってきて…。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』1話の感想(予想)

ドラマ『ごめん、愛している』の1話の予想を書きます。

娘と結婚する相手の調査をする弘晃

今回のドラマのキーマンになるのは、主人公の福士蒼汰さん演じる黎はもちろんのこと、その婚約者の父親でもある、遠藤憲一さん演じる弘晃です。

弘晃は自分の娘の婚約者の相手はしっかりとしている人なのか、大丈夫な人間なのかのチェックをしたいと考えます。そのため、黎の過去を暴きます。

黎は過去に父親を殺した過去があるため、結婚にはとても危ない相手になります。どうやってこの事実を隠すのでしょうか?注目していきましょう!

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の関連記事

ドラマの豪華キャスト陣については以下記事を参照してくださいね。

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストやあらすじ。脚本や主題歌を公開!

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャスト。福士蒼汰が奥森黎(おくもりれい)を演じる。

愛してたって、秘密はある。(愛ある)のキャスト。川口春奈が立花爽(さわ)を演じる

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top