DramaWaves

DramaWaves

2017年夏ドラマ

愛してたって、秘密はある。(愛ある)の10話(最終回)のあらすじと感想・黎が真犯人!?

愛してたって、秘密はある。(愛ある)の10話(最終回)のあらすじと感想・黎が真犯人!?

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(愛ある)10話(最終回)のあらすじと感想を一挙公開

福士蒼汰さん主演の注目ドラマ『愛ある』の9話が終了しました。

ついに黎が爽に真実をつげてしまいました。そして、黎の周りでどんどん人がいなくなってしまいました。

2017年9月17日(日)夜10時30分放送のドラマ『愛してたって、秘密はある。』(愛ある)10話(最終回)のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』10話(最終回)のあらすじ(ネタバレ)

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(演:川口春奈)に告白した黎(演:福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(演:矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。

段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(演:白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(演:鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』10話(最終回)の感想(予想)

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』10話(最終回)の感想を書きます。

黎は爽に初めて言う

黎は爽に全てのことを話しましたが…、爽は受け止められませんでしたね…。

そして、黎が自首しようかと思ったら、朝起きたら家にいましたね。次の日、黎が目覚めると部屋の一回に日記のコピーを破った後がありました。

そして、ビデオを見ると、暴れる黎がいました…。つまり、黎は二重人格ということがわかりました…。

もう一人の黎が爽の前に

爽が黎を訪れると性格が荒れている黎が現れましたね…。これはとても凄い展開ですね。。。

晶子によって、真実が…黎とさく

最終話で明らかなになりましたが、黎にはもうひとりの性格がでてきましたね。晶子に聞くと、晶子は全てを知っていたみたいですね…。

黎が初めて父親の日記をみた時に新たな性格としてさくが生まれたみたいです。そして、さくが晶子に命令して今まで嫌がらせをしていました。

宅急便の監視カメラに晶子が映っていたのも、さくが指示したみたいですね。墓を掘り返したのも、全部さくが晶子に対して「黎の結婚を破談させよう」と言ったことからはじまりました。

晶子は、最初は意味がわかりませんでしたが、爽の父親が弘晃として、どんどん手伝うようになりました。指輪をすり替えたり、盗聴器を仕込んだりと。晶子は自分で階段から落ちていましたね。

つまり、最終的にはこの2人でやったことになりました…。

爽の協力により、黎は逮捕される

黎は自首しようと思いましたが…さくによって阻止されました。そして、爽がさくに直接会い、黎は逮捕されました…。

弁護士・香坂の過去とは

黒幕候補の一人であった、香坂でしたが。実は過去に育児放棄した過去があり、その子供に腕時計を送ったが送り返され、付けていたのですね。黒幕ではないのですね…。

爽は黎を待つことに…。

黎は捕まってしまいましたが、黎と留置所で会った爽ですが、黎といっしょに居ることを伝えました。虎太郎に渡された黎が爽に渡す予定だった指輪に「ずっと、ふたりで」と刻まれていました。

これによって、2人は罪を償った後で一緒にいることを決めました。

ここでお話は一件落着になりましたね…。二人が今後上手く行くかはわかりませんね。

『愛ある」の9話の感想と10話の予想

先に10話の予想を見たい方は2ページ目に進んでください!

『愛ある』9話の感想。晶子が自首をする

晶子がついに警察に出頭してしまいました。そして奥森を殺したのは自分ということを伝えました。そして、刑事達は裏を取りに、奥森家を訪れて、いろいろ調べました。

そして、この時に黎は刑事に晶子が殺したことを知らなかったのか?と聞かれて、また嘘をついてしまいました…。

弘晃と爽に伝える。

黎は弘晃に晶子が捕まったことを伝えました。これに対して、弘晃は爽と別れるようにいいました。

そして、黎は爽にあった晶子がやったことを言って、別れることにしました…。ついに晶子が逮捕されて黎はひとりぼっちになってしまいました…。

虎太郎が黎を訪れる

虎太郎が黎を励ますために、黎のもとに訪れました。そして、虎太郎が一緒に会話をして、検察修習生としてもう一度戻ってこいよと伝えました。

そして、虎太郎は黎に指輪を返せずにいられました…。

かりんと虎太郎が接触する

かりんと虎太郎がいつものカフェで話しているところが見えましたね。そこでかりんは

「わかってるよ。好きになってもらえないなら嫌われたかった」。嫌いな人に忘れられなかったという女心がありました。

そして、戸籍謄本と指輪を贈ってきた人はどんな気持ちなんだろうと伝えました。つまり、戸籍謄本と指輪はかりんと虎太郎が誰かに渡されて、二人は「黎と爽を別れさせるため」にやっていたみたいですね…。

弁護士・香坂いずみが怪しさ急浮上

弁護士でもある香坂いずみがあることを言います。「許してはいけない罪ってあると思うんですよね…。」そして、男ものの腕時計をつけていました。

そして、爽の机の上に「黎の父親の日記のコピー」を置いていました。つまり、香坂いずみが結構怪しい人に再浮上しました。

爽が弘晃に接触・そして黎が日記のコピーをみる

日記を見た爽と黎。その時、検察・弘晃がけいさんメディカルへの金の流れを調べており、この時に取り調べをしていたのが弘晃でした。

そして、弘晃は黎の父親をひたすら恐喝まがいにやっていました。そして黎の父親は嘘の調書にひたすら、無理やりサインをしてしまった。

このことに黎の父親はストレスで晶子を殴ってしまうようになってしまいました。つまり、真実は弘晃のせいで奥森がいなくなったことになっていたのです。

そして、晶子が弘晃と2人最初に会った時に、「貴方がこうすけを恐喝したことも黎は知りません」と話していたんですね。

父親の日記の最後に「晶子、黎、許してくれ」と描いてあり、黎は全ての真実を知りました。父親は追い詰められ、罪に手を染めてしまったということを…。

風見が弘晃に復讐しにきた

風見は真実を聞きに弘晃を訪れましたが、弘晃が「黒でも白でもどっちでもよかった」と言い、風見は弘晃を刺そうとしました‥。これをかばおうとした暁人を弘晃をかばい、弘晃は刺されてしまいました…。

次ページ 『愛ある』9話の予想

【スポンサードリンク】
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top