DramaWaves

Menu

コウノドリ

コウノドリ2(ドラマ)の2話のあらすじと感想・子宮頸がんの患者さん

ドラマ『コウノドリ2』2話のあらすじと感想を一挙公開

注目の綾野剛さん主演のドラマ『コウノドリ2』の1話が終了しましたね。

新たな生命のドラマ。第2話もあらたな妊婦さんの戦いです。

2017年10月20日(水)夜10時放送のドラマ『コウノドリ2』2話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます。

※以後ネタバレ注意

※感想については、ドラマが終了後更新します。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ『コウノドリ2』2話のあらすじ(ネタバレ)

ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(演:土村芳)は、サクラ(演:綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。

がんの進行が早く、まだ完全に佐和子のお腹の中で育っていない赤ちゃんをどの段階まで成長させるか、佐和子の治療をどこまで遅らせるのか、非常にシビアな決断が久保夫婦に迫る。

今回のがん手術で子宮が全摘出されると聞いた佐和子は、最初で最後のチャンスと知りどうしてもお腹の赤ちゃんを産みたい気持ちが高まる。

けれど、がんの進行は待ってくれない。産科医のサクラ、四宮(演:星野源)、下屋(演:松岡茉優)、新生児科の今橋(演:大森南朋)、白川(演:坂口健太郎)、それぞれの意見は対立し、緊張が走る。

果たして久保夫婦2人が出す決断とは──

 

 

ドラマ『コウノドリ2』2話の感想(予想)

ドラマ『コウノドリ2』の1話の感想・2話の予想を書きます。

『コウノドリ2』1話の感想。コウノドリが帰ってくる

命の大切さを感じさせるドラマ『コウノドリ』がついに帰ってきましたね。今回の話では2人の患者さんが舞台になりました。

両親共々耳が不自由なお母さん・早見マナ。生まれてきた子が耳が聞こえた時にしっかりと育てられるのかという不安に陥っていました。

早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦である佐野彩加は、エコーを見てみると、“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっていることを心配し、不安の中に落ちていました。

佐野彩加の子供が生まれる。

佐野彩加の子供が生まれましたが、ごくわずかですが、心臓に小さな穴が空いていました。これにより、大きくなったら手術しないといけない状況。早く仕事復帰したいあやかとの間にギャップがありました。

早見マナの出産

早見マナは破水をし、そろそろ出産を迎える。出産当日、みんな初めてのごとずくしの出産当日を迎えます。吸引が必要な状況でも、みんなで力を合わせて出産が成功しました。

そしてマナさんの子供は一回目の聴覚検査に合格しました。ここからどのように育てていくのでしょうか?

ドラマ『コウノドリ2』2話の予想。

佐野彩加さんは子供が生まれて、家に2人で待つことに決めました。恐らく2話では実際に手術まで時間があるため、不安な気持ちがどっとくる気がしますね。

そして、1話できた研修医の赤西吾郎が、どのように心境が変わっていくのか注目していきたいですね。

子宮頸がんの患者さん。

次なる患者さんは子宮頸がんの患者さんです。産後は子宮を全て出さないといけないため、最初で最後の出産になります。負けずに出産が耐えられるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top